2018年9月18日 更新

スズキ ワゴンRの魅力を御紹介します!!

スズキのワゴンRと言えば、スズキの低燃費軽自動車で、HONDAのNBOXに引けを取らないデザインや機能性が備わっています。そして、先進技術の進んだ現代では殆どの車が走行性能や燃費の効率が上がっていて、軽自動車では燃費の良くない車を見つける方が大変と言えるほど技術が進んでいます。そこで今回は、そんな先進技術が進んで便利になっていく車の中で、スズキのワゴンRの魅力を御紹介していきます。是非、少しでもワゴンRに興味を抱いていたり、気になっておられるようでしたらこの記事を参考にしていただけたらと思います。

スズキ ワゴンRの魅力を御紹介します!!

ワゴンRの歴史を少し御紹介!

Spotlight Auto Oldtimer Black And · Free photo on Pixabay (43242)

ワゴンRはスズキが生産、販売をしている軽トールワゴンです。誕生当時は軽自動車の弱点でもあった室内の狭さを高さで克服し、軽の革命的モデルとも言える車となっています。

男性に受ける軽自動車を開発するとのことで、「クルマより楽しいクルマ」というキャッチコピーで登場しています。

昔の軽自動車は停車高の常用型、常用型のワンボックスしかなかったが、ワゴンRの場合はフロアパネルを二重構造として座面を高く取り、足を窮屈に曲げずに座る必要が無くなったというメリットが増えたのです。

視点が高くなることによって視認性、開放感を向上させています。また、バブル景気の後遺症とも言える時期に、厳しいコスト管理によりフォルクス・ワーゲンとの部品を共用していた記録も残っています。

そして、ワゴンRは2006年〜2011年まで5年間に渡って年間軽自動車販売台数1位を維持していたのです。2009年〜2010年に実施されたエコカー減税によるエコカーブームによりシェアは低下してしまいましたが、年間軽自動車販売台数1位を譲った2012年から4年間も、10万台以上の販売台数を記録しています。
初代モデル

初代モデル

初代モデルは全グレードがノンターボ(NA)でしたが、男女共に人気があったことから好調の波に乗り、ターボ付きモデルや4速ATモデルも登場されています。
4代目モデル

4代目モデル

4代目から、外見に変化が見られるようになります。そして、スペース重視の箱型からスタイリッシュなデザインとなっています。リアドアの開口扉が拡大され、乗降性を向上させています。

また、4代目からはスペアタイヤが積まれていない代わりに全車パンク修理キットが付いています。
5代目モデル

5代目モデル

5代目が登場してからは、「ENE-CHARGE(エネチャージ)」や「ECO-COOL(エコクール)」など、低燃費化技術や軽量化技術などが盛り込まれた、次世代環境技術「SUZUKI GREEN Technology(スズキグリーンテクノロジー)」が搭載されるようになっています。

最近のワゴンRの魅力を御紹介します!

スズキ ワゴンR (43251)

ワゴン R HYBRID FX
全方位モニター用カメラパッケージ装着車です。安全性、機能性、スタイリングなデザインで、多くの方をワクワクさせる魅力を引き出しています。

走行性能 燃費

スズキの次世代環境技術「SUZUKI GREEN Technology」が搭載されています。

電気の力を利用したマイルドハイブリッドは、減速時のエネルギーを利用して発電して、高効率によって低燃費の走行を実現しています。
33.4km/L

便利なインテリアと安全性能

スズキ ワゴンR (43257)

減速時にブレーキを踏んで13km/h以下になるとエンジンを自動停止し、アイドリングストップを頻度を増やし、更なる低燃費を実現しています。

また、アイドリングストップなどでエンジンが止まっている時やモーター走行時、歩行者に車があることを知らせるための通報音を自動で鳴らす機能が付いています。
スズキ ワゴンR (43261)

使い勝手の良いワゴンRでは、その期待を裏切らない更なる便利な機能が沢山付いてきています。後席ドアの内側にアンブレラホルダーを設置したことにより、雨天候時の不便さを回避することができます。

また、助席シートアンダーボックスにより、ドライバーが買い物をした時に、椅子の上に載せて、荷物を落とすいう心配が無くなっています。
スズキ ワゴンR (43259)

Suzuki Safety Support(スズキ セーフティ サポート)により、事故を未然に防ぐ予防安全技術により、安全性を確保しています。前方の車に衝突しそうな時に警報音が鳴る機能が搭載されています。

まとめ

今の軽自動車では、先進技術の搭載によって様々な安全性能が搭載され、事故率の軽減やケガ人の減少を実現し、幅広い方が安心して車に乗れるようになっています。

そして、軽自動車の中でも男女共に人気があるのは、女性らしいデザインや男性らしい格好良いカスタムのデザインが存在するからであると思います。

また、グレードのHYBRID FXはステアリングが格好良いデザインとなっているので、男性の方にとってはオススメのグレードであると思います。
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan