2018年10月1日 更新

20周年記念モデルとして、パリモーターショーでSmartがforease Conceptを発表!!!

明るいメタリックホワイトカラーにストリームグリーンが華やかさを追加するコンセプトモデルではないでしょうか?EVモデルともなっており、欧州のゼロエミッションにも貢献し、街乗りで目立つ存在にもなるようにデザインされているのでしょう!!!このモデルを検証してみます。

20周年記念モデルとして、パリモーターショーでSmartがforease Conceptを発表!!!

Smart forease Conceptのコンセプト等

2018年のパリモーターショーで20周年を記念してスマートに、都市の運転の楽しみ、キリッと爽やかにするショーカーを披露するために開発との事。

スマートとして前向きで外向的であり、都市のモビリティのための簡単なソリューションを提供し、空の下に座っているドライバーは、EVのおかげで自由に走り回れる街の中心的な存在になれるようにがポイント。オープンさとミニマルスタイルの両立に、EVのゼロエミッションをミックス!

スマートでしか出来なくて、スマートであることを明確に表現し、街乗りの楽しさと車を更に進化させた記念モデルコンセプトとなっているのではないでしょうか?!

Smart forease Conceptのエクステリア等

一言で言うと、どのような車デザインと成っても、スマート=Smartでひと目でわかるデザインとなっており、そしてサイズ感も全長2.7mと最小のサイズ感であるとわかる寸法であると言えますね。

スマート社では、このサイズ感とデザイン性をきちんと維持してメーカーとしてのベクトルを保持しているのではないでしょうか???
 (45467)

スマートブランドとスマートデザインの両方が、感情、生活習慣、態度を表現しているとの事。モデルは、その環境へのインテリア開放、ルーフの不要、より短いフロントガラスにその独創的な美しさを設計。輝く劇的なメタリックホワイトカラーのアクセントを「ストリームグリーン」で味付けしているスマートとアップデート!!!
 (45468)

スマートブランドの美しさを活き活きとさせ、スマートな(日常的ではない)という典型的なデザインアプローチから生まれた軽やかな心地よさを表現していませんでしょうか?日常的でない美しさ、軽さ、エネルギー(明るく活力)は、本質的なものを小さいモデルで表現!

都市の運転の楽しみのために不可欠であるものは必須アイテム。その操縦性と開放感は、乗客に対して解放的で爽快な効果を!安全性は、座席の背後にある2つのドーム型バックレストが一役になう構造との事。
 (45469)

Smartとは???

ここでスマート社ってどんなだったかを少しおさらいしておきます!!!

メルセデスベンツ傘下で、街乗りのみを前提にしたミニマムコンパクトカーのみを開発販売している会社であります。1998年販売開始から全世界に向けて200万台以上の販売実績も有り、街中では有名な存在にもなるメーカー。

同社としては
①イノベーション
②ファンクショナリー
③ジョイオブライフ
という三本柱を掲げているのが特徴的。

そんなSmartも今年で20周年を迎えることとなりました。こういった周年記念として今回のSmart forease Concept を発表したともいえるのではないでしょうか???
 (45470)

ヘッドライトやテールライトは、現行モデルデザインを踏襲しながらも新しい内部モジュールとなっている様です。細かい部分のディテールを変更することで、スマートのデザイン性をアピールしているともいえますね!!!
 (45471)

Smart forease Conceptの内装等

太陽光線と風にドライバーを開放させるため、このモデルを開発していることで解放された純粋な運転体験を楽しむことが出来るような内装に設計されているようです。短いフロントガラスは、逆風にもほとんど影響しない仕様に。
 (45472)

ドアの中に窪んだドアハンドルが、エレガントなタッチと造形を作っていますね。スマートなダッシュでは、メタリックホワイトの豊かなペイント仕上げが施されて、これはマットシルバーのTridionセルと内側と外側の鮮やかな ストリームグリーンのアクセントとの微妙なコントラストを生み出してますね。

インテリア装飾の緑色の特徴的な縫い目、メディアインターフェイス周りの緑色の境界線、座席の側面の「流れの緑色」によるコントラストを形成。外側では、ダクトの中の緑色のハニカムの外観と、ヘッドランプやホイールのカラーリングなど、特定の角度から二次的に緑色を表現し、内装とエクステリアを更にシンクロするデザインへ。

インストルメントパネルの中央の通気口に代わり、2つの円形のディスプレイがポイント。ディスプレイは、例えば、「準備ができている」アプリからのコンテンツを表示したり、ドライバーは、友人とスマートを共有、その機能を管理することができる模様。

オーディオシステムのスピーカーは、音楽を聴いたり電話をかけたりするのに最適なサウンドを奏で、コックピットの後部壁に目立つように統合されており、クールで愉快な印象を強調していますね。
 (45473)

まとめ

ミニマムなメルセデスベンツとしての地位をも確立させたスマート社のモデル。今年で20周年を迎えて世界でも多くのミニマムモデルを投入してきてもいますね!!!

20周年記念車として更に、街乗り専用を楽しく、目立つ存在に、そして何より扱いやすくしたと言うことを表現したコンセプトモデルではないでしょうか!!!
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me