2019年9月3日 更新

今年10月に、ホンダの「フリード」がマイナーチェンジ!SUVモデルも登場!

「フリード」は、ホンダのコンパクトミニバンとして、幅広い層に人気があるモデルです。今年10月に「フリード」がマイナーチェンジを行う予定で、デザインを改良して、機能を充実させた上に、さらにSUVモデルのグレードも新たに追加されるということで、その詳細を紹介していきます。

今年10月に、ホンダの「フリード」がマイナーチェンジ!SUVモデルも登場!

「フリード」の概要

フリード|Honda (65700)

「フリード」は、2008年にコンパクトなボディーサイズと広い室内空間を備えたクルマとして誕生し、2016年のフルモデルチェンジでは、さらに広い室内空間と多彩なシートアレンジを実現しています。5ナンバー車ながら、居住性や使い勝手の良さを兼ね備えた「ちょうどいい」クルマとして幅広い層に人気があるモデルです。
現行モデルでは、3列シート仕様の「フリード」と、2列シート仕様の「フリード+」の2モデルがラインナップされています。そして今年10月に予定されているマイナーチェンジで、この2モデルのデザイン・機能はさらに充実し、さらにSUVモデルのグレードが追加されるということです。以下に詳細を紹介していきます。

マイナーチェンジ後の変更点

エクステリア

Honda | 「FREED/FREED+」の改良モデルをホームページで先行公開 (65702)

「フリード」のエクステリアの変更点は、フロントグリルのデザインを磨き上げ、より凛とした印象になっています。さらにワイド感を強調したバンパーで、安定感を表現しています。またボディーカラーは、凜とした表情を引き立てる、優しい輝きの新色「シーグラスブルー・パール」を追加し、全8色から選択が可能になります。以上の変更点は、「フリード+」も同じ内容になります。

「後方誤発進抑制機能」を追加

「後方誤発進抑制機能」

「後方誤発進抑制機能」

今回のマイナーチェンジにより、ミリ波レーダーとカメラで状況を認識し、安心・快適な運転をサポートする Honda SENSING を全タイプに標準装備されます。さらに、不注意による急な後退を防止し、注意を喚起する「後方誤発進抑制機能」を新たに搭載されます。

新グレード「クロスター」

エクステリア

Honda | 「FREED/FREED+」の改良モデルをホームページで先行公開 (65710)

「クロスター」のエクステリアは、フロントグリルはメッキ仕様になっています。バンパー下部にもSUV的な力強さを感じさせるメッキが施されており、LEDフォグライトも付き、都会を離れた場所でのドライブでも安心感は高いです。ルーフレールやドアミラー、ドアハンドルなど、各部を専用にデザインされています。さらに、足元はスポーティーなデザインの専用ホイールで引き締めています。またフロント同様、リアバンパー下部もメッキが施されています。
「クロスター」は5人乗りと6人乗りの2タイプ用意されており、ボディーカラーは全7色から選べぶことができます。
かっこいいアウトドア・パパになろう!|フリード|Honda (65713)

ラゲッジスペース

かっこいいアウトドア・パパになろう!|フリード|Honda (65717)

「クロスター」のラゲッジスペースは、デイキャンプで必要な荷物をどっさり・すっきり収納できます。楽しみにしていたキャンプなのにラゲッジに積みきれず、持っていきたい荷物の一部を諦めるのは辛いものですが、「クロスター」なら心配無用で、積載量に加えて分別収納もしやすいのも特徴です。またロングテールゲートを備えた開口部の広いラゲッジは、ホンダ独自の低床フロア設計による積み降ろしのしやすさを実感できます。まさにアウトドアにうってつけのSUVモデルになっています。

ハンズフリースライドドア

かっこいいアウトドア・パパになろう!|フリード|Honda (65719)

スライドドアを備える「クロスター」は、横からの積み降ろしも簡単です。さらにオプションの「ハンズフリースライドドア」を装着すれば、より楽に、スマートに行動できます。足先をクルマの下にかざすと、すっとスライドドアが自動で開いてくれ、両手が荷物でふさがっていても、積み降ろしが楽です。

走行性能

フリード|Honda (65723)

「クロスター」も、通常の「フリード」同様に、ハイブリッド車とガソリン車から選ぶことができます。ハイブリッド車はホンダのハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」を搭載しており、ハイブリッド車として優れた燃費性能を実現しています。ガソリン車は「1.5L 直噴 DOHC i-VTECエンジン」を搭載しており、ガソリン車も高出力、低燃費を実現しています。

まとめ

今回は今年10月にマイナーチェンジ予定のホンダの「フリード」の詳細を紹介してきました。
デザイン・機能も向上し、さらにSUVモデルも追加され、今まで以上に幅広いユーザーに愛されるモデルに進化することになりそうです。先行予約は現時点でも可能なので、気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi