2019年1月9日 更新

東京オートサロン2019 日産自動車の出展モデルをご紹介

日産が、東京オートサロン2019の出展概要を発表しました。技術の日産の進化を同会場で表現していくことと、今回プロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手とのコラボ企画が注目点です。多数のモデルが展示される予定になっています。日産出展予定モデルをご紹介していきます。

東京オートサロン2019 日産自動車の出展モデルをご紹介

日産の東京オートサロン2019出展概要等

日産自動車株式会社、及び関連会社となる株式会社オーテックジャパン、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(略称 ニスモ)が、東京オートサロン2019の出展概要を発表しました。

今回の出展コンセプトは、電動化、知能化の技術革新を目指しています。いわばニッサン インテリジェント モビリティの進化ということです。この進化を具現化し、来場者がわくわくするように企画して登場するでしょう。

加えて、日産のアンバサダーに就任したプロテニスプレイヤーである、大坂なおみ選手とのコラボモデルやRCモデルの展示も行われます。

①X-TRAIL+Naomi Osaka(大坂なおみ) Conceptについて

日産ブランドのアンバサダーとなっている大坂なおみプロテニスプレイヤーとコラボレーションして誕生したエクストレイルです。

エクステリアカラーには、大坂なおみ選手の好きなマッドブラックとゴールドを散りばめたデザインとして、特別感を全面に押し出していますね。内装では、ブラック基調に上質なタンレザーを採用することで、高級感とスタイリッシュさを表現して、プライベートカーらしく仕上がっています。

参考出品での展示ですが、東京オートサロン2019の会場での反響次第では、今度、限定50台とかで販売されることに期待です。
 (52856)

②JUKE Personalization Adventure Conceptについて

ジュークは、市販車の中でも多彩なカスタムカラーバリエーションや、独特な世界観のエクステリアを特徴としているモデルです。このコンセプトカーは、ジュークの特徴でもあるエクステリアや俊敏性能を、さらに進化させダイナミックに表現しています。

レスキューの走破性をモチーフにしたクローラー仕様は、インテリジェント4×4(トルクベクトル付)となっています。さらに大型オーバーフェンダーを装着することで、ワイルド感を醸し出しています。

エクステリアカラーは、新しいパーソナライゼーションを採用して登場です。マットホワイト&マットブラックの2トーンカラーにフローセントグリーンのアクセントをあしらっていますね。
 (52857)

③大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデルについて

 (52858)

来年1月発売予定のGT-Rの特別仕様車です。50台限定の販売となっていて、12/20から予約の受付を開始しました。このモデルは、プロテニスプレイヤーである大坂なおみ選手が、日産のアンバサダーに就任した記念に作られたモデルです。

大坂なおみ選手が、以前「GT-Rが好き」と発言したことから企画されています。GT-R Premium editionをベースモデルに、特別専用エクステリアカラーとなるミッドナイトオパールに、ブリリアントホワイトパール、メテオフレークブラックパールの全3色を用意しています。

内装では、大坂選手の協力の下、新たに3カラーの内装を企画、これをエクステリアカラーと自由に組み合わせられるようにしています。

Grand Slam champion Naomi Osaka joins Nissan as brand ambassador

④ELGRAND The Sports Premium Conceptについて

エルグランドは、低重心と圧倒的な走行性能を特徴に、さらに12/13に安全装備を充実・標準装備しモデルチェンジしています。このコンセプトカーは、モデルチェンジをベースモデルにして、エルグランドの走りと存在感を究極に表現した車両です。

エクステリアでは、ピアノブラックで施されたフロントグリルに、GT-Rからインスパイアされたボディカラーを採用しています。さらに足元は、20インチのブラックアルミホイールが装着され、スポーティさと引き締め効果も表現されています。

もともとエルグランドの内装は、日産のフラッグシップミニバンとして、豪華な仕様で上質な空間です。コンセプトモデルの内装には、本皮(豪華なレッドカラー)シートが、特別採用されています。
 (52859)

⑤その他の出展予定モデル

AUTECHシリーズに、新たにPremium Personalization Programが登場。
セレナ、ノートに続くオーテックモデルとして、2019年1月にエクストレイルオーテックが発表されます。東京オートサロン2019では、オーテック仕様のセレナ、ノート、1月発売のエクストレイルに、さらに参考出品としてリーフオーテックも出品されます。エクステリアカラーは、オーテックブルーに統一して登場です。

①X-TRAIL AUTECH(Premium Personalization仕様)
②SERENA e-POWER AUTECH(Premium Personalization仕様)
③NOTE e-POWER AUTECH SPORTS SPEC(Premium Personalization仕様)
④NISSAN LEAF AUTECH Concept(参考出品車)
 (52862)

ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(略称 ニスモ)からも出品車両が展示されます。

①NISSAN LEAF NISMO
リーフは、技術の日産が開発したゼロエミッションモデルです。このモデルをニスモが専用チューニングしています。専用サスペンション、18インチホイール、コンピューターの再セッティング等が施され、走行性能を格段に向上させています。

②NOTE e-POWER NISMO S
専用ボディー補強やインバーターの専用チューニングを施し、発電能力を高めたモデルです。発電能力だけでなくニスモならではの走行性能アップも図られています。

ニスモのその他の出品モデル(参考)
SERENA NISMO
NISSAN FORMULA E
NISSAN LEAF NISMO RC
MOTUL AUTECH GT-R
 (52861)

まとめ

東京オートサロンは、日本の自動車メーカーにとって、自社のモデルを紹介していくのに非常に重要なショーとなっていますね。日産では、14台程の出品予定です。コンセプトカーから市販モデルまで幅広く展示していく予定でしょう。当日の日産ブースが非常に楽しみです。

22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me