2018年5月23日 更新

ボルボ「S60」次期型は次世代テールライトだ!今秋にも登場の可能性。

「S60」次期型について、最新情報を記述していきます。

ボルボ「S60」次期型は次世代テールライトだ!今秋にも登場の可能性。
 (31154)

「S60」次期型の最新情報

ボルボのミドルクラス・4ドアセダン、「S60」次期型に関する最新情報、及びレンダリングCGを入手することができました。製作元は実車を見ているので、ほぼこのデザインが採用されると想定されます。

テールライトは、丸みを帯びた現行デザインから一転、シャープでスピード感のあるデザインとなります。

クワッドエキゾーストパイプを装備し、リアクォーターウィンドゥはキックアップデザインになります。
リアウィンドウは傾斜が強くなり、リアドアからテールライトへ向かうシャープなキャラクターラインにより、かなりスタイリッシュなボディスタイルとなるでしょう。

プラットフォームには、新世代「SPA」(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)が採用されます。
フロントマスクは、ジュネーブモーターショーで初公開された「V60」からデザインを継承すると思われます。

新世代パワートレイン「ドライブE」を搭載、「T5」と「T6」ガソリンエンジン、「D3」と「D4」ディーゼルエンジンが設定されます。また2リットル直列4気筒ツインエンジン+モーターのプラグインハイブリッド「T6」と「T8」も用意し、最高出力は「T6」が340ps、「T8」が390ps、を発揮します。

今後情報

「S60」次期型のワールドプレミアの場となるのは、今秋から年内に行われるモーターショーが有力とされています。
 (31156)

 (31157)

ボルボ「S60」

ボルボカーズが販売するセダンであり、初代はV70の姉妹車として2001年に日本で発売されました。ダイナミズムと美しいスタイリングし、快適性を追求して特別な時間を過ごすことのできる車を目指して、創られました。
S60の特徴はドライビングの素晴らしさで、幅広いラインナップの高効率なDrive-Eパワートレーンは、ガソリンエンジンもクリーンディーゼルエンジンも、効率性の高い、軽量設計の4気筒エンジンとトランスミッションです。
・S60 D4 Track
・S60 T3 Classic
・S60 D4 Classic
・S60 T5 Classic
・S60 D4 R-Design
・S60 T6 AWD R-Design
・S60 Polester
9 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部