ガソリン代を節約したい方必見!燃費向上の方法を紹介します!

車を所有していると維持費にかかるお金はそれなりに負担になります。この維持費を節約できる大きな点は燃料代です。今回は燃費向上の方法を紹介していきます。

燃費を考えた運転

ガソリン ノズルを持っている手

ガソリン ノズルを持っている手

①急加速・急減速をできる限り避ける

アクセル・ブレーキの操作の仕方で車の燃費性能は大きく変わります。
停止から発進する際にアクセルを深く踏むとエンジンに高い負荷がかかるため、燃費性能も落ちて車の寿命も縮めてしまいます。徐々にアクセルを踏むようにして、滑らかに加速を心がけると燃費性能の向上につながります。 また減速する際も、ブレーキを多用すると燃費性能が落ちるので、可能な範囲でアクセルを離した時のエンジンブレーキを活用していけば、ブレーキは停止直前にやんわりと踏むだけでしっかり停止まで行えます。

②停止時のアイドリングストップを心がける

最近では信号の停止時などにエンジンを一時的に止めて、無駄なガソリンの消費を節約するアイドリングストップ機能搭載の車が増えてきました。これはこの機能がない車では実践できませんが、停止時のアイドリングでの燃料消費は以外と大きいので、この機能がある車では是非活用してほしい機能です。

③クーラーの使用を控え目にする

ガソリン車のクーラーはコンプレッサーを動作させることにより、冷気を作り出しています。このコンプレッサーを動作させるのにもガソリンを消費するので、夏場は特に燃費性能が悪いのも特徴です。逆に暖房はエンジンの余熱を利用して暖気を作り出しているので、燃費性能に影響がありません。なので燃費性能向上のためには、可能な範囲で、冷房の温度や風量を控えるなどの対策が必要になってきます。サンシェイドを利用して運転前から太陽光を防ぎ、車内の温度を上げないのも賢い対策です。 しかしハイブリッド車や電気自動車は、電動コンプレッサーで暖気を作り出しているため、ガソリンの余熱を利用出来ません。なのでガソリン車と違い、暖房でも燃費性能の悪化に繋がってしまうので気を付けて下さい。

④タイヤの空気圧はこまめにチェック

タイヤの空気圧が適正でなければ走行時の燃費性能に悪影響を及ぼします。ガソリンスタンドで給油してもらう時に、タイヤの空気圧は無料でチェックしてもらえるので、定期的にチェックしてもらうことが大切です。 またタイヤ自体の性能の悪化も燃費性能に悪影響を及ぼすので、老朽化したタイヤを新品のタイヤにすることで、乗り心地も良くなりますし、燃費性能も向上します。

燃費の良い車に買い替える

トヨタ アクア | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (52267)

今所有している車が燃費性能が悪い車であれば、燃費性能の良い車に買い替えることで燃料代を節約できます。
一般的に燃費の良い車といえばハイブリッド車であり、代表的な車種ではトヨタのプリウス・アクア、日産のノートe-power、ホンダのフィットハイブリッドなどでしょうか。基本的にJC08モードで30.0km/Lを超えていれば、実燃費は20.0km/Lを超えるので、ガソリンの消費は通常のガソリン車より良くなります。 思い切って電気自動車にするとガソリンを一切使用しません。もちろん航続距離などの不安はありますが、今なら充電代もさほどかからずに乗ることができます。 しかしガソリン車でも、スズキのアルト、ダイハツのミライースのように、30.0km/Lを超えているモデルも多く存在し、軽自動車のため税金も安いので、街乗りメインの方にはこの選択がベストな選択になると思います。

まとめ

今回は燃費向上の方法をいくつか紹介してきました。
燃費向上の一番の方法はエコカーの選択ですが、それ以外でも運転方法や日々のメンテナンスでも燃費性能は変わってきます。特にエコを考えた運転は必然と安全運転にもなりますし、事故を未然に防いでくれるメリットでもあります。もし自分の車で少しでも燃費向上を実現したい方は、これらの方法を是非試してみて下さい。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。