2019年3月2日 更新

プジョーが、508 Sport Engineered Conceptを公開予定

2019年ジュネーブ国際モーターショーで、プジョーは508 Sport Engineered Conceptを初公開することを発表しました。昨年新型になった508をベースに、エクステリアやパワートレインを作り込んでいそうです。同モデルの詳細をご紹介していきます。

プジョーが、508 Sport Engineered Conceptを公開予定

プジョー508 Sport Engineered Conceptの概要等

プジョーは、2019年のジュネーブ国際モーターショーで508 Sport Engineered Conceptを世界初展示する予定です。コンセプトは、未来を保証するモデルの提案となっている点でしょう。プジョーとしての未来の保証は、EV自動車であっても、退屈しないプジョーらしい車作りを行うことです。

Peugeot 508 HYBRIDセダンの派生となるモデルとして、508 Sport Engineered Conceptを開発し、これまでにないプジョーの新しい環境性能に、ポテンシャルを提供していくと言う思いが込められています。このモデルをご紹介します。
https://www.netcarshow.com/ (56442)

via https://www.netcarshow.com/

プジョー508 Sport Engineered Conceptのエクステリア等

フロントビューでは、よりエッジの効いたシャープなデザインとなっています。冷却性能をアップさせるために、大きくエアスクープが設けられています。3Dプリント技術によって生み出されたサイドインテークは、エコをイメージするライムグリーンカラーです。

サイドミラーカバーは、カーボンファイバー製となっていて、スポーティさと上品さの両方を表現していますね。エクステリアカラーは、全体的に落ち着きのある色合いに仕上げて、ポイントなるライムグリーンやカーボン素材などで、レーシーな存在感に仕上げています。


https://www.netcarshow.com/ (56269)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューでは、空気効率を高めるために新設計されたバンパーディフェーザーが特徴的です。通常だとリアウィングも採用されるような雰囲気ですが、クリーンイメージとボディバランスの関係で搭載されていません。

エクステリアカラーは、セレニウムグレーが採用されています。これは、塗料に含まれる微細な乳白色粒子で光に応じて変化する特別カラーです。
https://www.netcarshow.com/ (56270)

via https://www.netcarshow.com/
新開発20インチアロイホイールが採用されています。リムデザイン等をアップデートし、ブレーキ冷却を可能にしています。オニキスブラックとセレングレーの落ち付きのあるミックスカラーとなっています。タイヤは、ミシュラン製245/35R20パイロットスポーツ4Sを搭載です。

ブレーキャリパーが、ライムグリーンに塗られていて、フロントバンパーとシンクロしたカラーリングになっています。落ち着いたエクステリアカラーの中で際立つ配色ですね。

https://www.netcarshow.com/ (56272)

via https://www.netcarshow.com/

プジョー508 Sport Engineered Conceptの内装等

コックピットでは、プジョーの第一に掲げている、本能的なパフォーマンス性を明確に採用しています。i-CockpitRは、パフォーマンスと直感的な運転を基本とし、コンパクトなステアリングホイールは、車両の敏捷性を可能にしています。

スポーティーな非対称ステアリングホイールは、カーボン素材化合物とアルカンターラで構成されています。ヘッドアップインストルメントパネルは、ドライバーに道路の明瞭な視界を提供してくれます。

新開発コンフォートフィットシートは、クリプトナイトとオニキスブラックのオーバーステッチを施したレザーとAlcantaraRの仕様です。室内も同様の仕様で仕上げられています。

クリプトナイト10インチ容量HDタッチスクリーンと12.3インチヘッドアップデジタルパッドが組み込まれていて、豪華装備も惜しみなく採用されていますね。
https://www.netcarshow.com/ (56271)

via https://www.netcarshow.com/

プジョー508 Sport Engineered Conceptのパワートレイン等

パワーユニットは、プラグインハイブリッドとなっている様です。バッテリーで最大50㎞の航続を可能にし、スポーツモードでは、190㎞/hの最高速度も可能にしたユニットが実現しているようです。

このパワーユニットの開発には、プジョーが現在採用しているハイブリッドとエンジンを最大限活用し、進化させて搭載しています。実際に市販するのに、現実的な仕様に仕上げていることが伺えますね。

超高効率208 HYbrid FEと308 R HYBRIDGEからの技術とPureTech 200、110エンジンからの新開発パワーユニットになっています。

プジョー508ってどんなモデル?

プジョー508は、フラッグシップセダンです。このモデルは、平成30年11月に新型モデルになりました。ダイナミックで挑戦的なフロントフェイスに、ファストバックスタイルでエレガントなルーフラインが特徴的です。軽量化も行われ、流麗なロー&ワイドボディが綺麗なシルエットを醸し出しています。

パワートレインは、2000ccBlueHDiクリーンディーゼル&1600ccPureTech ガソリンターボエンジンが搭載されています。組み合わされるミッションは、8速オートマチックです。

安全装備では、6エアバッグやABS、ESPなどの乗員保護に、12個の超音波センサーや赤外線カメラにレーダーなどを搭載して、安心してドライブを楽しむためのテクノロジーを装備しています。最新のドライビングアシスタンスが、ドライバーを手厚くサポートするモデルですね。
 (56453)

まとめ

プジョー508 Sport Engineered Conceptは、2019年ジュネーブ国際モーターショーで初お披露目となりそうです。プジョーの現在技術を進化させ搭載したパワーユニット等で登場しそうです。

現時点では、コンセプトモデルとなっていますが、近い将来に市販車両にフィードバックできる技術となっていそうです。このモデルの市販化が楽しみですね。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me