2019年6月9日 更新

レクサス 改良新型RXが、8月下旬に登場!

2019年5月30日にレクサスRXの改良新型が発表されました。同モデルは、20年以上前に登場してから、ラグジュアリーSUVの先駆者でも有りますね。このモデルの改良点やエクステリアをご紹介していきます。

レクサス 改良新型RXが、8月下旬に登場!

レクサス 改良新型RXの概要等

レクサスは、マイナーチェンジした「RX」を2019年5月30日に世界初公開しました。RXは、グローバル展開する同ブランドの中核モデルとなっていますね。1998年の販売以来、ラグジュアリーSUV市場のリーダーとして、全世界で販売され続けています。

今回発表の新型RXは、今後もリーダーとしてラグジュアリーSUV市場を先導していくモデルとして、レクサス独自の価値をアップさせていく為に、大幅なアップデートを施したのではないでしょうか。

レクサスRXは、キャラクターラインとフロント・リヤの繋がりを一体化する事で、勢いのあるサイドビューとなっています。
F SPORTでは、L字モチーフのメッシュパターン、ベースグレードやversion Lではブロックパターンのスピンドルグリルが採用され、レクサスデザインのシンボルを強調し、エレガントかつダイナミックなデザインに仕上げています。



走行の質に関しては、新世代レクサスの「すっきりと奥深い」乗り味を完成させるために、ベースとなるボディと足回りの剛性をアップデートし、新構造ショックアブソーバーや新しいブレーキ制御を搭載しています。

徹底的なアップデートによって、リニアなステアリングフィールに思い描いたラインを正確に捉えることができる高い操縦安定性を可能にしています。

世界初のブレードスキャン®式AHSや新世代のLexus Safety System+の採用で、安全に運転を楽しめるモデルに仕上げていますね。新型RXの日本発売は、2019年8月下旬を予定していると発表されました。
https://www.netcarshow.com/ (61822)

via https://www.netcarshow.com/

レクサス 改良新型RXのエクステリア等

フロントビューでは、バンパーからドアサイドまで、キャラクターラインに一体化の連続性を持たせたことで、活き活きとしたサイドビューに進化していますね。

サイドドア下のロッカー形状からフロントグリル下端までが、一本の線で描かれて、バンパー下端部でグリルを支えるようなディテールとなっています、これは、力強さと安定感を表現しています。

スピンドルグリルでは、L字モチーフのブロックメッシュパターンを新採用しています。レクサス SUV独自のシンボルを持たせるだけでなく、メッシュグリルに抑揚をつけたことで、中心部に向けて押し出しのある立体ディテールです。

グリルフレームは、バンパーサイドからの流れに呼応するデザインとし、サイドから見ても一体感のあるディテールに仕上がっています。

ヘッドランプは、ユニット自体を従来型より小型化することでシャープな印象を醸し出しています。リヤコンビネーションランプは、上部にL字を4つ重ねたモチーフにし、下部は、そのモチーフを反転させたディテールとすることで、レクサスモデルとしてのアイデンティティをさらに際立たせていますね。
https://www.netcarshow.com/ (61823)

via https://www.netcarshow.com/
リヤビューは、リヤバンパーサイドからバンパー下部に繋がるラインと、リヤピラー下端のウィンドウグラフィックを、総合的に車両後方へ抜けるディテールとしたことで、エレガントさを表現していますね。

バンパー下端のマフラー、アンダーガードなどのパーツを水平基調の配置にし、このモデルにワイド感を追加しています。
https://www.netcarshow.com/ (61824)

via https://www.netcarshow.com/

レクサス 改良新型RXの内装等

インテリアは、元々の質感を維持しながら、ナビゲーション画面のタッチディスプレイ化、USBソケットの増設、スマートフォン収納箇所の増設を行い、利用頻度の多いものへのユーザーの要望に応える仕様にしています。さらにタッチパッド式のリモートタッチを搭載するなど、より高い利便性も確立しています。

3列シート車の3列目シートは、改良を加えたことで2種類のシートポジション設定が行える仕様です。足元の空間を広げたポジションと、ラゲージスペースを重視したポジションを用途に合わせて選択可能となりました。

3列シート車の2列目シートでは、キャプテンシートの設定を追加することが可能で、ゆったりとした快適な室内空間と3列目へのアクセスを両立しています。

マルチメディアシステムでは、新たにタッチディスプレイを採用し、スマートフォン連動機能にも対応したシステムです。Apple CarPlay、Android Auto、Baidu CarLifeなどのアプリケーションを音声で操作することが可能になり、ユーザーの利便性を大きく向上させていますね。

予防安全パッケージとなる「Lexus Safety System+」の機能をさらに進化させ搭載しています。従来の「Lexus Safety System+」に搭載している単眼カメラ+ミリ波レーダーの構成を維持しながら、交通事故や事故死傷者の低減をドライバーの負担を軽減しながら改良進化させています。運転支援時には、ドライバーにとって自然で、安心感のある車両挙動になるように改良も加えています。
https://www.netcarshow.com/ (61826)

via https://www.netcarshow.com/

レクサス 改良新型RXの改良されたサスペンション等

快適な乗心地は維持しながら、高い操縦安定性とリニアなステアリングフィールにアップデートされています。スポット溶接を増やし、構造用接着剤の接着長も広範囲にすることで、ボディ剛性を向上させた仕様です。優れた操縦安定性・乗り心地をボディから考えていますね。

サスペンション周辺の剛性では、ハブベアリングの精度を高めることで車両の応答性を向上させて、スタビライザーバーの剛性も高めることで、アンダーステアの軽減とロールの低減を図っています。

コーナリング中に、アクセルを踏み込だ際に発生しやすいアンダーステアを抑制するアクティブコーナリングアシストの搭載や、EPSのチューニングなどに徹底的な改良を行うことで、リニアなステアリングフィールと思い描いたラインを正確に走行できる操縦安定性を身に付けています。

ショックアブソーバーにフリクション・コントロール・デバイスを追加したことで、路面からの微小入力による高周波振動を低減させています。フラットな乗り味と操舵時の応答性向上に一役買う装備ですね。
https://www.netcarshow.com/ (61827)

via https://www.netcarshow.com/

レクサス 改良新型RXの進化した安全装備等

改良新型では、ブレードスキャン®式AHSや進化したLexus Safety System+などの先進技術による安全・快適の追求が図られています。同モデルは、世界初のLEDヘッドランプや先行車や対向車を眩惑しないように、ハイビームの照射を制御するアダプティブハイビームシステムなどを装備しています。

夜間での視界確保を支援する先進技術は、レクサスモデルとして積極的に採用されていますね。新型RXでは、さらなる安全性を追求し、世界初のブレードスキャン®式AHSを搭載してます。

光源であるLEDからの光を高速で回転するブレードミラーに照射することで、ブレードミラーに反射した光が、レンズを介して高速移動しながら前方を照らす新機構のAHSです。残像効果で光は動いているように見えませんが、ブレードミラーの回転に同期しながら、LEDの光を適切なタイミングで点灯・消灯することで、配光を細かく制御することが可能です。

これにより、従来のAHSより細かい遮光が行えます。ハイビームの照射範囲を広げることも可能で、対向車や先行車を眩惑することなく早く歩行者や標識を認識できるシステムです。
https://www.netcarshow.com/ (61828)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

レクサス 改良新型RXは、日本導入が8月下旬となっています。走行安定性や安全装備がアップデートされ、さらにエクステリアも多くを刷新して登場しそうですね。8月が待ちきれないです!
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me