2019年4月19日 更新

新型BMW 7シリーズ発表 販売開始は2019年秋頃?

新型BMW 7シリーズの本国販売がスタートしました。現行型販売から4年程が経過して、マイナーチェンジをしたと言えます。このモデルのエクステリアや内装、そして新採用プラグインハイブリッドユニットのご紹介をして行きます。

新型BMW 7シリーズ発表 販売開始は2019年秋頃?

新型BMW 7シリーズのエクステリア等

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (58434)

via https://www.netcarshow.com/
フロントビューでの最大のポイントは、大きくなったキドニーグリルデザインです。このキドニーグリルは、冷却の必要な時にだけフラップが開き、アクティブに制御できるシステムも搭載されています。

フロントバンパーデザインもグリルデザインに併せて変更されています。フロント両サイドの意匠変更が行われています。

ヘッドライトの内部モジュールも大きくなったキドニーグリルにシンクロするようにデザイン変更が行われています。新型7シリーズの標準装備ヘッドライトは、コーナリング機能を備えたアダプティブLEDヘッドライトです。

このヘッドライトは、オプションでBMW レーザーライトにアップデートすることが出来ます。このオプションは、ハイビーム機能を最適化でき、最大560メートルの照射範囲になります。

国内現行型画像

 (58558)

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (58435)

via https://www.netcarshow.com/
サイドビューでは、基本的なディテールは変更されていないのではないでしょうか?ホイールデザインが、刷新されていることと、フェンダーサイドのエアダクトデザインが変更されていますね。

現行型同様に、ロングホイールベースと短い前後のオーバーハングに、クッキリと膨らみを表現した力強いサイドディテールが特徴的です。フェンダーサイドのエアダクトは、綿密に再設計されたとの事で、大きく直角なディテールへとアップデートしています。

国内現行型画像

 (58559)

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (58436)

via https://www.netcarshow.com/
リアビュー最大のポイントは、テールライトデザインの刷新です。LEDテールライトは、3次元構造になっています。全ての光源をLEDにすることでL字型の輪郭をクッキリと表現しています。さらに現行型同様に左右のライトが、クロームバーで接続されています。

エクステリアカラーは、13カラーとなっています。
・Dravite Grey Metallic ・Tanzanite Blue Metallicが新カラーとなっています。

国内現行型画像

 (58560)

新型7シリーズに採用されているホイールは、モデルグレード毎に17インチまたは、18インチの軽合金ホイールを標準装備しています。オプションにて、さらに17インチから21インチまでチョイスすることも可能です。

追加されたホイールラインアップは、
・マルチスポークまたは、スタースポークデザインの20インチ
・Wスポークデザインの21インチ
・ダブルスポークデザインのM軽合金19インチ

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (58437)

via https://www.netcarshow.com/

新型BMW 7シリーズの内装等

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (58438)

via https://www.netcarshow.com/
内装デザインは、エクステリアデザインにシンクロするように、より押し出し感を強く表現させています。全体的に強化された内装デザインと、見直されてアップデートされた豊富な装備やスイッチ類によって構成されています。

ゆったりとしたスペースに、材料の再選択、調和のとれたデザインの細部の煮詰めなどを組み合わせて、あらゆる点で洗練された豪華な雰囲気を醸し出していますね。

メータークラスターは、新世代にあわせて大きく刷新されています。センターのコンソール上のコントロールディスプレイとグループ化され、最新のシステムに仕上げています。

国内現行型画像

 (58561)

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (58440)

via https://www.netcarshow.com/
新型7シリーズのシートは、5カラーのダゴダ革張りシートが標準装備になっています。

オプションでは、エクスクルーシブナッパレザーとBMW インディインディビジュアルメリノ製フルレザートリム(エクステンションキルティング付き)で構成されています。新採用のインテリアトリムとミックスされ、高級感と落ち着いた空間を演出していますね。

オプションのアンビエント照明は、インストルメントパネル、ドアの肩、フロントシートバックのマップポケット、およびフットウェルの付近に設置され、全てLEDとなっています。

国内現行型画像

 (58562)

新型BMW 7シリーズのパワートレイン等

新型7シリーズの採用されるパワートレインは、
・3000㏄直列6気筒DOHCターボガソリンエンジン
・4400㏄V型8気筒DOHCツインターボガソリンエンジン
・6600㏄V型12気筒DOHCツインターボガソリンエンジン
・3000㏄直列6気筒DOHCターボディーゼルエンジン
に新設計のプラグインハイブリッドエンジンがラインアップされます。このパワートレインは、3000㏄6気筒インラインエンジンとプラグインを融合させています。

組み合わされるミッションは、改良された8速Steptronicオートマです。X-DRIVE(4WD)モデルは、日本導入の現行型同様に740d・Ldディーゼル及び760Liガソリンに設定されています。欧州では、730d・750dのディーゼルモデルにもX-DRIVEの設定が有ります。

安全装備について
ドライビングアシスタントパッケージが標準装備です。
・アクティブクルーズコントロールシステム(ステアリング&レーンコントロール付き)
・車線逸脱警告システム
・車線変更警告システム
・Cross Traffic Alertシステム
・Priority warning
・Wrong way warningシステム
・パーキングアシスタント
・リアビューカメラ
・ブレーキ機能付きクルーズコントロール

その他オプション設定
・ストップ&ゴー付きアクティブクルーズコントロール
・歩行者と動物検知とマーカーライトからなるBMWナイトビジョンシステム
・遠隔制御駐車場
 (58563)

まとめ

現行型7シリーズが、平成27年から販売されて、4年程が経過しました。今回は、マイナーチェンジをしたと言えますね。既に本国ドイツでは、新型7シリーズの販売がスタートしています。

本国で本年春から販売開始になっていますので、日本にも随時導入されてくるでしょう。新型販売のアナウンスが楽しみですね。
35 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me