2019年1月24日 更新

新シグネイーチャーデザイン採用!新型キャデラックXT6を発表

キャデラックは、新モデルとして3列シートのXT6を開発しました。乗客全てが、ラグジュアリー(家の中に居る様)な空間として仕上げていそうです。エクステリアに内装デザインをご紹介していきます。

新シグネイーチャーデザイン採用!新型キャデラックXT6を発表

キャデラックXT6の概要等

キャデラックは、2020年までにクロスオーバーSUVの新しいラインアップとしてXT6を登場させます。全く新しい3列シートに、贅沢な内装が特徴です。

このモデルコンセプトは、「全ての座席が、家の中と同じ最高の席」とすることです。このため、内装では、全てにおいて洗練され、厳選されて、開発されています。

キャデラックXT6のエクステリア等

XT6が、間違いなくキャデラックモデルであることを主張するデザインに仕上げています。このXT6には、プレミアムラグジュアリーとスポーツの2種類のキャラクターが用意されています。

新しく設計されたシグネイチャーデザインが、フロントマスクを飾っています。LEDデッドライトは、スッキリシャープに仕上げ、キャデラックの特徴である縦ラインのライトは、ヘッドライトと離れた位置で装備されました。

よりスッキリした印象のフロントグリルですが、ザ・アメリカンと思えるような大きなディテールがポイントです。エッジの効いたバンパー下部は、スポーティな印象を与えていますね。

ヘッドランプは、2種類が用意されています。標準的な2機能のLEDプロジェクター設計と、3要素のプロジェクターアレイを備えた高性能LEDヘッドランプシステムです。
https://www.netcarshow.com/ (54322)

via https://www.netcarshow.com/
XT6のサイドビューは、3列シートを漂わせるロングホイールベースのモデルですね。日本では、XT5クロスオーバーがラインアップし、欧米では、XT4とXT5のラインアップが有りますが、XT6がその上のモデルとなる存在になるでしょう。

XT6のスポーツタイプでは、21インチのホイールを装着しています。また、スポーツモデルに相応しくなるように、よりアグレッシブなパーツを付属しています。

https://www.netcarshow.com/ (54323)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューでは、テールランプが特徴的です。キャデラックのアイコンとなるテールランプデザインは、継承されていますね。バンパー一体となっているマフラーテールエンドも高級感あふれる仕様です。
https://www.netcarshow.com/ (54324)

via https://www.netcarshow.com/

キャデラックXT6の内装等

XT6の内装は、ドライバーが運転環境をより多く認知できることを第一に設計しています。それは、包括的なドライバー支援と安全技術のセットから始まっています。

キャデラックの最新エクスペリアランス装備は、タッチ電話ペアリング機能に、直感操作可能なジョグ機能、さらに新設計のロータリコントローラーなどです。

BOSEシステムを搭載したサラウンドシステムもポイントの一つです。14個のスピーカーで乗客全てが、上質なサラウンドに包まれるようにしています。シートは、乗客全てがくつろげるようにセミアニリンプレミアムレザー仕様です。
https://www.netcarshow.com/ (54325)

via https://www.netcarshow.com/
2列目シートに採用されている標準の折りたたみ式3列目シートと、リモート折りたたみ機能のオプションが用意されています。2列目シートのチップ/ピッチ&スライド機能により、3列目へのアクセスが簡単になるのもポイントです。

車体構造は、7つの標準エアバッグを含む最先端のシステムなど、優れたボディ素材と機能によって、乗員の安全を確保するように設計されています。
https://www.netcarshow.com/ (54326)

via https://www.netcarshow.com/

キャデラックXT6のパワートレイン等

採用されるパワートレインは、3600CCのV6気筒エンジンです。最高出力は、310psを発生させます。組み合わされるミッションは、次世代型プレシジョンシフトノブを採用した9速オートマです。V6エンジンの特徴としては、V6が不必要な時に、V4として作動する点です(燃費向上目的)。

プレミアムラグジュアリーとスポーツの両方で、AWDが標準装備となっています。とくにスポーツモデルでは、アクティブヨーコントロールでドライビングを向上させるのを助ける、スポーツコントロールアクティブツインクラッチAWDです。

現行のXT5 CROSSOVERとCT6

 (54327)

日本国内では、XT5クロスオーバーとして、2017年に登場しました。パワートレインは、3600ccを採用し、8速オートマを搭載しています。ヘッドライトから伸びる縦のライティングが、現在のキャデラックシグネイチャーデザインです。

XT5よりもワンサイズ小さいモデルとして、XT4が欧米、中国市場では販売されています。パワートレインは、2000㏄4気筒エンジンで、9速オートマを搭載しています。XT4、XT5ともに、フロントシグネイチャーデザインが特徴的です。

今回、シグネイチャーデザインをさらに進化させて、XT6が販売開始される準備になっています。現時点では、XT SUVシリーズで初の3列シートとともなる予定です。
 (54570)

まとめ

キャデラックは、2020年までに販売する予定でXT6を新開発しました。特徴的なのは、3列シートのクロスオーバーSUVである点です。新シグネイチャーデザインも採用されています。このXT6から、新シグネイチャーデザインンに順次更新されることが予想できます。

現在日本では、3列シートのSUVに注目が集っています。ミニバンではなく、5ドアSUVでの3列シートの人気が上がっております。キャデラックとしても日本にこのXT6を導入するのではないでしょうか!今後、日本に導入されることに期待です。
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me