2018年10月3日 更新

Brabusから700 Widestarが登場!チューニングアップされたエクステリアや内装等を紹介!

ドイツのチューニングメーカーとなるブラバスから、本格クロカンタイプのG63を更にチューニングアップしたモデルが発表されました!ブラバスが追い求めている仕様感等を調査してみます!

Brabusから700 Widestarが登場!チューニングアップされたエクステリアや内装等を紹介!

Brabus 700 Widestarの概略等

ドイツに本拠を置くブラバスは9月25日、モナコで開幕したモナコヨットショー2018会場にて、新型メルセデスAMG G63(Mercedes-AMG G63)をベースに高性能化したブラバス700ワイドスター(Brabus 700 Widestar)を発表しました。

ブラバスは、メルセデスベンツのトップチューナーとして知られた存在ですね。そのブラバスが、新型GクラスのAMGバージョン、メルセデスAMG G63を、さらなる高性能化を目的にチューニングしているのが、このモデルでないでしょうか?

メルセデスAMG G63の最大ポイントは、ダウンサイズエンジンの搭載。4000ccV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力585hp/6000rpm、最大トルク86.7kgm/2500~3500rpmを発生。トランスミッションは9速のAMGスピードシフトTCT 9Gを搭載。

駆動方式はAMGパフォーマンス仕様の4MATIC。前後の駆動トルク配分は、40対60を基本構成。メルセデスAMG G63の動力性能は、0~100km/h加速が4.5秒、最高速が220km/h。ドライバーズパッケージでは、敢えて最高速240km/hを上限に。

ベースモデルMercedes-AMG G63

https://www.mercedes-benz.co.jp (45599)

via https://www.mercedes-benz.co.jp

Brabus 700 Widestarのエクステリア等

フロントビュー

フロントパーツでのBRABUSコンポーネントは、標準バンパーからブラバス専用バンパーに換装されてますね。新しいフロントディテールは、ホイールアーチに自然に流れるように設計されているので、シームレスにフレアを形成し、オフロードカーのフロントがさらに目立つ存在に!

サイドエアインテークの下に統合されたLED位置マーカーが、視覚的なハイライトを醸し出し、さらにアクティブな安全性を最適化。ラジエーターグリルには、BRABUSロゴが組み込まれた特別仕様となり、装備されていますね。
 (45661)

サイドビュー

ボディに連動されたホイールアーチのフレアは、車体の幅を更に10センチメートル追加し、綿密に配置されたことで、新しい視覚的なハイライトを追加。

フロントとリアのアクスルに装備された印象的なスタイルのBRABUSフェンダーアタッチメントは、サイドから見ても、オフロード性能を紛れもない形に見えることでしょう。
https://www.netcarshow.com (45444)

via https://www.netcarshow.com

リアビュー

スタイライズなアンダーライドガードを装備したBRABUS Widestarバージョンの強力なデザインでは、リアフェイシアに続いていくデザインに。

さらにフェンダーアタッチメントへの滑らかなな移行を作成もしてますね。フェンダーのアタッチメントは、フロントのフレアのように、リアにもスポーティな外観を確保するためにスタイル付きエアーアウトレットを装備。
https://www.netcarshow.com (45445)

via https://www.netcarshow.com
ブラバスは、新しいGクラスのモデルとして20から23インチの直径を持つ幅広いオーダーメイドのタイヤ/ホイールの組み合わせが可能なワイドボディバージョンを設定しているようです。
 (45662)

リアサイド出しのテールパイプは、このモデルを豪華に、そしてマッドスタイルに魅せる存在になっているでしょう。
 (45663)

Brabus 700 Widestarの内装等

インテリアは、車両オーナーの個人的な好みに合わせて個別に素材等を選択できることも可能に。この個々仕様のために、同社の室内装飾部門では、最高レベルの職人を揃えているとの事。

独占的なBRABUSファイン・レザーのインテリアを作り出す事に惜しみ無くブラバスの技術をつぎ込んでいく思いが伝わりますね。

特に柔らかく通気性の高いBRABUS MastikレザーとAlcantaraには、無限のカラーがあるようです。

室内装飾デザインや上質な木材やカーボンのインレーでは、さまざまな選択肢があり、無数の色やデザインで製作することもでき、オーナーの心を満たしてくれることでしょう!
 (45664)

リアシートを見ても、上質感と洗練さがヒシヒシと伝わって来るのではないでしょうか?!
 (45665)

シートやその他のパーツ部分で、随所にブラバスのロゴがあしらわれており、このクルマが、ブラバスであることを主張していますね。
 (45666)

ドアハンドルを引いたり、ドアを開けたりすると、フロントとリアのWidestarフェンダーに統合されたLEDがボードを照らして、足元も明るく。

これはまた、フロントフレアの後ろのフェンダーアタッチメントに組み込まれたBRABUSロゴのライトを連動作動させるとの事。
 (45667)

Brabus 700 Widestarのパワートレイン等

エンジンチューニングの理想的な完成形として、ブラバスは、G63AMGのために積極的に制御された排気フラップを備えたスポーツ排気システムを採用。

フラップは微妙な Coming Homeモードから、エア吸気からスポーティーなV8サウンドに至るまで様々な排気音を奏でる存在に。 2つの銀色または黒色の排気管がいずれかの側の後部車輪の前に出ているので、ステンレス排気はまた印象的な視覚的なハイライトを追加する。

超強力な4000ccのV8とBRABUS B40-700パフォーマンスアップグレード、9スピードSPEEDSHIFT TCTトランスミッション、パーマネント全輪駆動の組み合わせにより、通常はオフロードよりもスポーツカーにとって現実的に見える運転性能に昇華。安静時から、新しいG63ベースの4x4はわずか4.3秒で100 km/hに到達。最高速度はタイヤを保護するために電子的に240km/hに制限。
 (45668)

まとめ

メルセデスベンツを更に高級化し、パワートレインもアップグレード。そして、ブラバスが作り上げている雰囲気満載な仕上がりになっているのではないでしょうか!

ブラバスジャパンでもモデル公開されて来ていますので、販売も間近ではないでしょうか!
32 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me