2019年10月20日 更新

オシャレに乗りこなせ!日産フィガロ

クルマが好きな方にとっては、クルマはただの移動手段ではなくひとつのステートメントであるかと思います。ある種、自分の分身としてクルマを捉えている方もいる事でしょう。クルマにも個性が必要だと考えている方に、ぜひともオススメしたい一台があります。

オシャレに乗りこなせ!日産フィガロ

レトロな個性派オープンカー

日産・フィガロ - Wikipedia (68266)

日産フィガロは、1991年から1992年まで、限定2万台で発売されました。

K10型の初代マーチをベースとしたパイクカーで、1987年のBe-1、1989年のパオに続く第3弾として企画されました。

見ての通り、レトロ調なデザインを与えられたオープンカーで、手動で開閉できるルーフや本革シート、専用デザインのオーディオ等を備えていました。

当初は8,000台限定の予定でしたが、人気がかなり高かったため販売台数を拡大し、3回に分けて抽選する販売方式がとられました。

国内のみの販売でしたが同じ右ハンドルのイギリスでも大いに人気を博したようで、多くの中古車が輸出されたようです。

スペック

フィガロ(日産)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (68267)

全長×全幅×全高:1,450mm×1,310mm×1,130mm
ホイールベース:2,300mm
最小回転半径:4.7m
車両重量:810kg
エンジン:MA10ET 直列4気筒SOHCターボ
出力:76ps/6,000rpm 10.8kg-m/4,700rpm
総排気量:987cc
燃料タンク容量:40L
トランスミッション:3速AT
駆動形式:FF
サスペンション:前独立懸架ストラット、後4リンクコイル
ブレーキ:前ベンチレーテッドディスク、後ドラム
タイヤサイズ:165/70R12

20年以上前のコンパクトカーがベースなため、このサイズの小ささ・軽さは目を瞠るものがあります。810kgという車重は、今時の背の高い軽自動車よりも軽量です。

この軽量なボディに組み合わされるのは1,000cc4気筒シングルカムのターボと3速ATのみですが、街乗りには不足のないものです。
タイヤが165サイズと細めですが、コーナーを攻めるクルマではないのでこれで十分でしょう。

ただ、3速ATなので長距離ドライブは少々厳しいかもしれません。

エクステリア

日産・フィガロ - Wikipedia (68268)

このクルマの一番の特徴はレトロで可愛らしいエクステリアでしょう。

クロームで縁取られたヘッドライト、楕円形で内側にウインカーを配したラジエーターグリル、フロントエンド下端にさりげなく装備されるクロームのバンパーからは、どことなくイギリスのクラシックカーの雰囲気が漂います。

レトロな雰囲気が好きな方はおそらくここだけで一目惚れする事でしょう。

ボディーカラーにかかわらずピラーとルーフはホワイトになっており、ルーフは手動で開閉することができます。

テールエンドも丸みを帯びたデザインで、ウインカーとブレーキランプが上下2連で配されています。

リアバンパーもフロントと同様に、クロームのバンパーがボディ下端に装着されています。

女性が乗るのも素敵ですが、スーツをきっちり着た渋めの男性が乗っても様になりそうな雰囲気がありますね。

インテリア

フィガロ(日産)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (68269)

インテリアはベースとなったマーチの面影が全くありません。

細身のレトロなステアリングはエアバッグが義務化となる前だからこそ実現できたものですね。

ここで目に入るのはエアコンとオーディオのパネルでしょう。どちらも専用デザインとなっており、しっかりとコストが掛けられたというのがよく分かります。

どちらも車内の雰囲気を壊さないよう、レトロなデザインで統一されていますね。

シートは本革が奢られています。ホワイトレザーですが、黒いパイピングが良いアクセントになっています。

いちおう4シーターですが、リアシートは実質バッグかジャケットを置くだけのスペースになりそうです。

まとめ

フィガロ(日産)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (68270)

日産フィガロは、とても個性的なコンパクトカーでした。

このようなクルマは後にも先にもないため、中古市場は常に高めです。程度の良さそうなものは当たり前のように100万円以上の値段が付いています。

程度のよいものを選ぶのもいいのですが、なにぶん20年以上前のクルマであるため、レストア前提で購入した方がよいかと思います。

衰えない人気のためフィガロ専門の中古車店があり、ホームページにはレストアの様子の写真がアップされていたりするので、欲しいという方はぜひ覗いてみて下さい!
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲