2018年11月9日 更新

ルノーから KANGOO PRATIQUEが限定数量で販売開始!マニュアル6速40台、EDC(オートマ)120台!

ルノーカングーから特別で実用性を高めたモデルが登場しました。このモデルのコンセプトは、プラティーク=実用的な。特別装備モデル名のようにさらに実用性がアップしているのではないでしょうか?このモデルを考察してみます。

ルノーから KANGOO PRATIQUEが限定数量で販売開始!マニュアル6速40台、EDC(オートマ)120台!

特別限定ルノーKANGOO PRATIQUEのエクステリアや特徴等

 (49945)

コンセプト等は???

暮らしをデザインする、フレンチスタイルがコンセプトワードに。
フランスで暮らす人を例にすると、自分の生活をデザインするチカラがあるそうです。壁の塗り替えはもちろん、ちょっとした家具の修理くらい自身で簡単に修理しちゃう。

自分が気に入ったものがあれば、自由に生活の中に自然に組み込んでしまう。そんなスタイルが暮らしと融合しているフランスから、毎日をデザインすることのできるルノー カングーを日本にも!

PRATIQUEはフランス語で「実用的な」という意味との事。カングーの持つ「実用的な」魅力をさらに高めたエクステリアデザインと内装装備に仕上がっているでしょう!

ボディカラーは、Gris Methane(グリ メタン)


 (49946)

ルノーカングーは、元々実用性が売り!のモデル。

1998年にフランスで誕生して、それ以来ルノー カングーは、オリジナルの恵まれたディテールと思想を損なうことなく、つねに実用性アップしているようです。

いつも新しくなることを心がけ、色あせないデザイン、ルノーの名にふさわしいクルマづくり、装備類のさらなる完成度をルノーとして追求しているということでしょう。ルノー カングーは、ひとりひとりの毎日の暮らしも快適にしてくれる存在になるのがモチーフ!

光沢のあるブラックグリルバーの中央にエンブレム「ロザンジュ」が際立ち、ルノーブランドのアイデンティティを主張していますね。ブラックのアクセントが際立つデザインのアーモンド型ヘッドランプは、先進性と高い品質感となっている様です。

 (49947)

専用装備
①ブラックセンターキャップ & ホイールボルトカバー
②シルバー & ブラックフロントバンパー/ブラックリアバンパー

③最大の特別装備は、フランスが生んだ世界を代表するオーディオメーカーのハイクオリティサウンドを提供。
ルノー カングー プラティークは、一音一音のわずかな変化、質感豊かに表現するフォーカルのサウンドシステム「Focal Music Live」を搭載。最大の特別装備と言えるでしょう。

 (49948)

特別限定ルノーKANGOO PRATIQUEの内装等

 (49949)

第一に快適に移動できること。そのために設計された空間や使い勝手、そして多彩な収納力。さらには機能性が凝縮されたインテリアがポイント。3Dマテリアル ファブリックシートでは、長時間のドライブでも疲労の少ない優れたデザインを採用しています。広大な室内空間と、快適でゆとりに満ちた移動が出来る存在に!

ルノー カングーは、ひとりひとりの暮らしにしっかりと向き合い、実用性の高い車作りとなっていますね。使う人のセンスや気持ちに合わせ、人も荷物にも優しく、快適に運ぶことが出来るモデル。

高い評価をユーザーからいただいてきた装備は、引き続き採用している模様。十分に用意された収納、乗り降りの滑らかさ、分割可倒式リアシートなど、それぞれの使い勝手のよさが内装のポイント。
 (49950)

ルノーKANGOOってどんなクルマ???

 (49951)

古くは1960年代に開発された「4F(キャトル・フルゴネット)」が起源で、荷室拡大型小型貨物車であるエクスプレス(Express)の後継車として開発されたのがカングー。

当初は乗用モデルの「カングー」と商用モデルの「カングー・エクスプレス」が販売されていたが、次第にその使い勝手が評価されるようになり、乗用カングーの売り上げが増え、あっという間にヨーロッパで大きなセールスとなったようです。

1997年に登場した「カングー1」では、背の高い荷室や荷室上、運転席のスページング、貨物車とは次元の異なる直進安定性、路面設置感、ハンドリング、乗り心地などが高い評価を受け、人気モデルになったと言えるでしょう。

本国登場から遅れること約4年後に、人も荷物も余裕を持って搭載することのできる小型ミニバンとしてルノー・ジャポン株式会社より発売開始に。 当初は1400ccガソリンエンジンに4速ATを組み合わせ、跳ね上げ式の「ハッチバックドア」を採用したモデルのみが導入されました。

2007年に新型である「カングーII」が発表スタート。パーキングブレーキレバーのグリップは車軸方向となっており、まるでスバル・アルシオーネのような特徴的なデザイン。これは1日数百回も操作するフランスの郵便局員たちの意見を得て開発したそうです。

カングー1において、4から5人乗車の場合は空間のゆとりが少なくなるため、室内空間の拡大がユーザーから要望された模様。

さらには後発のライバル車種が満たしていた欧州規格1200×800mmのパレット積載ができないという欠点を改善するため、居住性・積載性・衝突安全性などの向上を目的として、横幅を中心に大型化し、各種装備の内容を向上しておいました。

一方日本では、2009年9月1日にカングーフルモデルチェンジが行われました。 ボディサイズは全長4,215x全幅1,830x全高1,830mmと大型化。日本におけるナンバー登録は全幅が1,700mmを超えたことで従来の5ナンバーから3ナンバーに変更に。

このことから愛好家の一部からはデカングーの愛称にもなっているようです。エンジンは105PSを発生する1600ccDOHCエンジン搭載車のみが採用され、トランスミッションは4速ATと5速MTの2つを当初は設定。

日本では、平成25年にマイナーチェンジが行われ現在に至っているカングー2です。このモデルには、いろいろな特別装備モデル「ラ・ポスト」・「20ans(ヴァンタン)」などが販売もされていますね。
 (49952)

特別限定ルノーKANGOO PRATIQUEのパワートレイン等

ハンドル:右
全長×全幅×全高 (mm):4,280 × 1,830 × 1,810
エンジンタイプ:ターボチャージャー付 筒内直接噴射
直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量:1.197L
最高出力(EEC):84kW(115ps*1) / 4,500rpm

ルノー カングーには、1.2Lターボ直噴エンジンに6速EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)または6速MTを組み合わせたスポーティな走りを楽しめるパワートレーンをラインナップ。

H5F型 1200ccターボ直噴エンジンと6速EDC/6速MT
H5F型エンジンは、ターボチャージャー付筒内直接噴射・直列4気筒DOHC16バルブエンジン。1200ccの小排気量ながら2000ccクラスのトルクを発揮。最高出力は115ps(4,500rpm)、最大トルクは190N・m(6速EDC:1,750rpm、6MT:2,000rpm)。爽快で、驚くほど静かなパワートレインとの事。
 (49956)

まとめ

ルノーカングーは、発売当初から積載能力や広い空間、そして自身で快適にすることが出来るように作られていたモデルでもあります。今回このモデルの実用性を更にアップする装備を付加して登場しているということでしょう!

EDCオートマ2,619,000円
6速マニュアル2,519,000円
ベースモデルのゼンと比較すると2万円アップですが、装備内容等を考えると大変お買い得ではないでしょうか!
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me