ルノー キャプチャーから50台限定のS-EDITIONが発売に!Sは、スポーツのSとの事です。

2014年から日本で発売開始されたルノーキャプチャーは、2018年3月にマイナーチェンジが行われました。マイナーチェンジ後、初の特別限定モデルとなっているでしょう。S-EDITIONの詳細を検証していきます。

ルノーキャプチャーってどんなクルマ???

 (49086)

2013に発表されたルノーの小型クロスオーバーSUVが、キャプチャーであります。日本へは2014年から導入され販売されております。2018年3月にマイナーチェンジが行われ、マイナーチェンジモデルが日本でも販売スタートしておりますね。 このマイナーチェンジまでの5年間でもキャプチャーは、多数の特別仕様モデルがラインアップしております。今回マイナーチェンジ後初めての特別仕様車と言うことに成りそうですね!!! 現行型ルノーキャプチャーって???
フランスの香りがするエモーショナルなデザイン、そして17インチアロイホイールが、新型ルノー キャプチャーを更に街中で目立つ存在となっているのでは?! マッスル感がありダイナミックな曲線を描くディテールと、存在感有るSUV としてのスタイリッシュフォルムがポイントですね。その中にフランス特有の研ぎ澄まされた美しさと高められたアイデンティティが魅力的。 スタイリッシュかつエレガントなエクステリアのハイライトは、フロントとリアのLED ランプ。そしてユーザーの個性を表現する新しい2トーンのボディカラーがポイント。 マイナーチェンジにて刷新されたボディカラーとシャープなクロームラインのフロントグリルに、フルLEDヘッドライトと C型LEDランプは、鮮明なオリジナリティを表していますね。 ルノー キャプチャーは、高いアイポイントから良好な視界が得られるドライバーズシートと、人間工学に基づいて、自然に手を伸ばしたところや、視線を移した先に、必要なスイッチやメーターがある完成度の高いインストゥルメントパネルが内装面の特徴。 ダッシュボード上部のソフトタッチ素材、落ち着いたサテンクロームのアクセントが上質感をかもし出すように配置され、ユーザーの優越感をももたらしてくれるとの事。 このモデルに特別限定仕様のS-EDITIONが登場したとの事です。更には、50台限定との事ですので、この特別仕様に等に迫ってみたいと思います。 明るく広々とした室内の心地よさ。そして、ルノーならではのサポート性が高く、疲れにくいシート。新型ルノー キャプチャーに設定されたシートは、レザーとファブリックの2タイプ。いずれも、光沢のある素材感が品質の高さと柔らかな手触りを感じさせる。フロントシートの間には、肘をやさしくサポートする運転席センターアームレスト(小物入れ付)を装備。また、後席空間は、前後に160mm移動するロングスライド式リアシートでゆとりをもたらす。日常から離脱する高揚感にふさわしい、この空間に全身を委ねるだけだ。

特別限定車ルノー キャプチャーS-EDITIONのエクステリア等

 (48560)

ルノー キャプチャーS-EDITIONのコンセプト等
都市をスポーティに駆けるモデルとして、ルノー キャプチャーS-EDITIONを登場させたとの事。エモーショナルなディテールと、躍動感あるSUVスタイルに、洗練されたコンパクトSUVルノーキャプチャーに、スポーティ(Sporty)のSの名を限定車に刻印。 ブルーアイロンMカラーのボディにグリプラティヌMのルーフというスポーティなカラーリングに、専用17インチアロイホイールがスタイリッシュに足元を引き締めているでしょう。インテリアはブルーステッチのアルカンタラ×ファブリックコンビシートがエクステリアとシンクロするように。 これ以外にも随所にブルーがあしらわれたことで、上質かつアーバンな空間をも演出していると言えますね。今回ルノーは、フランス・パリに本拠地を置くフットボールクラブ、パリ・サンジェルマンFCと今シーズンから3シーズンにわたり公式パートナーシップを締結。これが、S-EDITION発売の発端であったともいえますね。
 (48561)

特別限定車ルノー キャプチャーS-EDITIONの特別装備等

エクステリア装備
①1専用ボディカラーは、ブルー アイロン M+グリ プラティヌ M (ルーフ)、サイドプロテクションモール ブルー アイロンM フィニッシャー
②専用17インチアロイホイール+ブルー アイロンM ホイールセンターキャップ
③‘S-EDITION’ 専用バッジ フットボールクラブ、パリ・サンジェルマンFCのユニフォームカラーは、ブルー(2018)。今回のS-EDITIONのSは、スポーツのSであり、Saint-Germain Football ClubのSでもあるのではないでしょうか???(個人予想)。
 (48562)

内装装備
①S-EDITION専用ブラックインテリア
②S-EDITION専用アルカンタラ×ファブリックコンビシート+前席シートヒーター
③エアコンパネル ブルーイルミネーション
④S-EDITIONロゴ入りキッキングプレートアルミペダル エクステリアカラーとシンクロするように内装カラーもシックにブラックカラーとし、ブルーステッチが配され、そしてエアコンパネルまでブルーイルミネーションにして雰囲気をアップさせていますね。
 (48563)

特別限定車ルノー キャプチャーS-EDITIONの装備や諸元等

主要装備
・フルLEDヘッドランプ
・フロントLEDランプ(Cシェイプ)・デイタイムランプ
・ホイールアーチプロテクター・スキッドプレート(前後)
・プライバシーガラス(リアサイドガラス、リアガラス)
・ロングスライド式リアシート
・防塵フィルター付オートエアコン
・ストップ&スタート機能
・バックソナー
・ヒルスタートアシスト
・スピードリミッター&クルーズコントロール 主要諸元
・ ハンドル→右
・全長×全幅×全高mm=4,135×1,780×1,585mm
・エンジンタイプ→ターボチャージャー付 直接噴射 直列4気筒DOHC16バルブ
・総排気量→1.197L
・最高出力118ps/5,000rpm
・最大トルク20.9kgm/2,000rpm
・トランスミッション→6速EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)
・使用燃料→無鉛プレミアムガソリン 主要装備の中では、やはり走行に関する装備を中心にアピールされているのが伺えますね。または、走りの高揚感がアップするような装備が全面に打ち出されているのではないでしょうか? 諸元では、1200ccのエンジンが120ps近くを普通に発生させることができると言うことが、進歩したエンジンの特徴であるのではないでしょうか?そして、ただ出力があるのではなく、走りやすいというのもポイントと得いえますね。
 (48567)

まとめ

ルノーキャプチャーインテンスの販売価格が、2,699,000円。インテンスレザーが、2,799,000円となっております。今回の限定モデルが、2,829,000円となっております。特別に施されたエクステリアカラーに特別装飾の内装等が散りばめられた特別限定50台のお車を店頭で実際に目にしてみてください!!!
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。