2019年4月20日 更新

早くもトヨタ新型RAV4にTRDパーツやモデリスタパーツが設定!

4月10日のトヨタRAV4販売開始に併せて、早くもTRDやモデリスタからカスタムパーツの設定が行われました。これは、トヨタが同モデルの日本再上陸にかなり力を入れている結果ともいえますね。このカスタムパーツをご紹介していきます。

早くもトヨタ新型RAV4にTRDパーツやモデリスタパーツが設定!

TRDからトヨタRAV4のパーツ設定

TRDは、2019年4月10日のトヨタ 新型「RAV4」発売に併せて、新たにTRDパーツの設定を行い、発売開始しました。主なスタイリングは2モデルです。

もともと欧米では、トヨタRAV4が販売され続けていました。そして、この新型も米国では、昨年の段階でモデルチェンジして登場していましたので、TRD(モデリスタ含む)では、日本発売に向けて、開発するためのデータ等は早めに入手できていたのではないでしょうか。

RAV4

TRD フィールドモンスター

RAV4 field monster

第一アイテムは、「Adventure」グレードに最適なスタイルになるように仕上げたフィールド・モンスターです。ベースモデルの持つタフな雰囲気を、さらに強調するスタイリングにしています。無骨とも言えるパンパーオーバーフェンダーに、サイドデカールが、本格アウトドアを連想させられるデザインに仕上げています。

高い地上高を確保するディテールに仕上げることで、アウトドアフィールドに幅広く対応したパーツです。日ごろのオンロード走行だけでなく、海辺・川原などの悪路でもオールマイティーに活躍できるアイテムです。

パーツ設定種類
・フロントロアガーニッシュ
・フロントバンパーガーニッシュ(LED付)
・バックドアガーニッシュ
・バックドアロアガーニッシュ
・オーバーフェンダー(Adventure用)
・マッドフラップ
・サイドデカール
・IRカットフィルム
・17インチアルミホイール “CRIMSON MG MONSTER”
など。

どんな道でも、アグレッシブに好奇心を駆り立てるモデルに仕上げていますね。山、川、海など、全フィールドに対応した、駆け抜ける本格アウトドアスタイルを提案していますね。
 (58945)

TRD ストリートモンスター

RAV4 Street

第二アイテムのコンセプトは、都市という名の荒野を越えろです。

より低重心で、都市を縦横無尽に駆け抜けれるように仕上げています。見た目だけでなく、走行とドレスアップを両立させたのが、Urban Sport Crossover StyleのTRD Street Monster(ストリート・モンスター)です。

TRD史上最大の車高ダウン量となる121mmのダウン量も魅力的なフォルムを醸し出すでしょう。ロー&ワイドスタイリングでありながら、日常乗車に不便のない、地上とのクリアランスをしっかりと確保することで、走りとドレスアップの両立を可能にしています。

パーツ設定の種類
・フロントスポイラー
・サイドスカート
・リヤバンパースポイラー
・バックドアロアガーニッシュ
・オーバーフェンダー(ボディ色)
・ハイレスポンスマフラー Ver.S
・20インチアルミホイール“TRD TF Ⅹ-Limited”
・IRカットフィルム
など。

このストリートモンスターは、都市に特化したスタイルに仕上げていますね。最低地上高が高いRAV4モデルだからこそ出来たローダウン量でもありますね。

 (58889)

TRDのその他のパーツ設定

 (58896)

他にもユーティリティグッズも設定されています。
・ルーフラック
・ルーフラック用クロスバー
・パフォーマンスダンパー
・プッシュスタートスイッチ
・セキュリティー付ナンバープレートボルト
・TRDスピーカーセット(標準スピーカー交換タイプ・JBL®)
・ラゲージマット
・ラゲージボックス
・サンシェード
・ドアハンドルプロテクター
など多数設定されています。

単品の価格設定やセット商品等の価格も有りますので、プライスリストは下記のページを参考にしてみてください。
参考URL
https://www.trdparts.jp/rav4/price.html
 (58897)

モデリスタからトヨタRAV4のパーツ設定

モデリスタエアロキット

モデリスタは、2019年4月10日にフルモデルチェンジし登場した、トヨタ新型「RAV4」の発表にあわせて、カスタマイズアイテムを設定し販売開始しました。

標準グレード用のエアロキットは、「URBAN SOLID STRIDER」をベースコンセプトに、RAV4のスタイリングを引き立てるダイナミックなディテールに、メッキパーツとLEDイルミネーションをミックスさせた、洗練されたアーバン SUVスタイルとなっています。
 (58890)

フロントスポイラー+サイドスカート+リヤスパッツのセット(単品でも購入可能です。)は、車をワイドで低フォルムにする必須アイテムですね。
 (58891)

フロントグリルガーニッシュ+ヘッドランプガーニッシュ+バックドアガーニッシュのセット(単品でも購入可能です。)は、アクセントにピッタリなアイテムを中心にアップデートできるパーツです。
 (58892)

19インチ アルミホイール&タイヤセットは、MODELLISTA WingDancerⅪ(ブラック×ポリッシュ)&トーヨータイヤ PROXES Sport SUVのセットです。モデリスタでは、RAV4に似合うデザインを開発・設計しています。

価格リスト参考URL
https://www.modellista.co.jp/product/rav4/spec_price/
 (58933)

JAOSブランドセレクションパーツ

新型RAV4「Adventure」グレード用には、ベース車の持つオフロードテイストをより強調できるように、「JAOS」ブランドを敢えてセレクトしています。

「Advanced Protection Style」をベースコンセプトに、アウトドアを連想させる力強さとスポーティネスを表現しています。LEDイルミネーションを搭載した「ノーズプロテクター」、「フロントバンパープロテクター」は、オフロードでのタフさを強調し、さらに20インチアルミホイール&タイヤセットも押し出し感を演出していますね。
 (58893)

 (58894)

バンパープロテクター+ノーズプロテクターのセット(単品でも購入可能です。)は、アドベンチャーグレードをよりアドベンチャーにするために開発されています。タフさと洗練さと、機能性が盛り込まれていますね。サイドプロテクターもマッド走行に適したディテールです。

 (58895)

まとめ

ついにトヨタRAV4が、4月10日に販売開始されました。これに併せて同日にTRD・モデリスタからRAV4用のカスタムパーツの設定が行われ、販売開始されました。

エクステリアからユーティリティパーツ等、最初の設定にしては数多くのカスタムパーツ類です。折角新型RAV4を購入するのであれば、こういったパーツをチョイスしてみても良いのではないでしょうか!
33 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me