アウディQ5に最新のクリーンディーゼルを搭載、250台の限定モデルも発売

アウディ ジャパンは、ミッドサイズSUV、アウディQ5に、最新のクリーンディーゼルを搭載した限定モデル「アウディ Q5 TDI 1st エディションブラックスタイリング」を追加し、2月19日より250台限定で発売を開始します。

アウディ Q5 TDI 1st エディション・ブラックスタイリング

新型 Audi Q5 40 TDI quattroを発売 | Audi Japan Press Center - アウディ (55286)

新型 Audi Q5 40 TDI quattroを発売 | Audi Japan Press Center - アウディ (55287)

TDIモデルの発売を記念し、迫力ある内外装と安全装備を充実させ「アウディ Q5 TDI 1st エディション・ブラックスタイリング」を250台にて限定発売します。「アウディQ5 40 TDI クワトロ」をベースに、マトリクスLEDヘッドライト(ダイナミックインジケーター含む)やアクティブセーフティを強化するアシスタンスパッケージ、外装のブラックスタイリング(モール/ルーフレール/ミラー)、専用20インチホイールなど大幅に装備を追加しつつ、価格を89万円増の746万円に抑えた、バリューに優れた限定モデルとなっています。

ブラックスタイリング装備内容

新型 Audi Q5 40 TDI quattroを発売 | Audi Japan Press Center - アウディ (55288)

・シングルフレームグリル
・フロントリップスポイラー
・エアインレット
・ウインドウモールディング ・サイドシル
・リヤディフューザー
・ルーフレール
・エクステリアミラーハイグロスブラック
・アルミホイール5セグメントスポークデザイン・コントラストグレーポリッシュト 8J × 20+255/45R20タイヤ
新型 Audi Q5 40 TDI quattroを発売 | Audi Japan Press Center - アウディ (55289)

TDI搭載モデルを追加設定

新型 Audi Q5 40 TDI quattroを発売 | Audi Japan Press Center - アウディ (55290)

これまでのパワートレインである2.0 TFSIエンジンは、最大出力185kW(252PS)を発揮し、7速Sトロニックを組み合わせ。そして、今回追加設定されたアウディQ5 40 TDI クワトロには、電子制御コモンレール式ターボディーゼルエンジンならではの走行性能を楽しめる、Q5の新しいエントリーモデルとなります。優れた環境性能と190ps/400Nmという運動性能を併せ持つことで、高い経済性とともに、余裕のあるドライビングフィールを実現し、さらにJC08モード燃費はガソリンモデルを上回る15.6km/Lとなり、70Lのタンク容量によって、単純乗算でも航続距離は約1100kmに迫ります。
新型 Audi Q5 40 TDI quattroを発売 | Audi Japan Press Center - アウディ (55291)

TDI モデル車両本体価格 アウディQ5 40 TDI クワトロ:636万円
アウディQ5 40 TDI クワトロスポーツ:657万円
アウディQ5 40 TDI クワトロ1st エディションブラックスタイリング:746万円 2.0 TFSIモデル車両本体価格 アウディQ5 45 TFSIクワトロ:691万円
アウディQ5 45 TFSI クワトロ:712万円
アウディ SQ5 クワトロ:893万円

2.0LクリーンディーゼルエンジンTDI

新型 Audi Q5 40 TDI quattroを発売 | Audi Japan Press Center - アウディ (55292)

1968cc直列4気筒TDIエンジンは、酸化触媒コンバーター、尿素SCRコーティングを施したDPF粒子状物質フィルター、アンモニア分解触媒コンバーターなどから構成されます。加えて高圧コモンレール式インジェクターや低高2系統のEGRなど、エンジン本体にも最新技術を投入し、欧州排ガス規制EURO 6や日本のポスト新長期排ガス規制に適合しています。そして、緻密に制御される可変ガイドベーン式ターボは、ディーゼルエンジンならではの大きなトルクを、ガソリンエンジンに迫るレスポンスで提供しています。 また「アウディQ5 40 TDI クワトロ」はエコカー減税の対象となり、2019年2月現在 、自動車取得税100%、自動車重量税100%、自動車税75%の減税が得られ、減税額は242,900円となります。
アウディQ5 40 TDI クワトロ エンジン種類:直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
最高出力:140kW(190PS)/3,800-4,200rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1,750-3,000rpm アウディQ5 2.0 TFSI 2.0クワトロ エンジン種類:直列4気筒DOHC インタークーラー付ターボチャージャー 
最高出力:185kW(252PS)/5,000-6,000rpm
最大トルク:370Nm/1,600-4,500rpm
新型 Audi Q5 40 TDI quattroを発売 | Audi Japan Press Center - アウディ (55293)

まとめ

ディーゼルエンジンの風当たりの強い中でも、日本においては輸入車のディーゼルエンジンモデルは減るどころか増えてきています。その太いトルク感による日常域による使いやすさや、特有のエンジン音が気にならないほどに進化した技術、そして値上がりが予想される燃料費を思ってのことも要因です。さらに、SUVの場合は特にその正確にハイブリッドなどの電動車より合うということも選ばれる理由となるようです。今回のQ5も、ディーゼルエンジン搭載モデルが加わることで、さらに販売が加速するのではないでしょうか。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。