2019年7月16日 更新

新発表のタイヤが続々登場!今回は、ミシュランにTOYOをご紹介!

今年も新しいタイヤが開発・提案され販売されそうです。今回は、ミシュランのSUV専用設計スポーツタイヤとトーヨー(北米・欧州では販売開始済み)の全天候型タイヤをご紹介します。

新発表のタイヤが続々登場!今回は、ミシュランにTOYOをご紹介!

ミシュラン PILOT SPORT 4 SUV

製品特徴等

日本ミシュランタイヤは、2019年6月4日にプレミアムSUV向けタイヤで、新製品となる「パイロットスポーツ4 SUV」を発表し、6月20日から販売開始しました。

新タイヤの特徴等
ハイパワーSUVの安全性を高めるウェット&ドライ性能を有して登場しています。
・PILOT SPORT 4由来の非対称トレッドパターンを採用しています。
・非対称断面ブロックデザインです。
・新配合コンパウンドを起用しています。
・ハイブリッド・アラミド/ナイロン ベルトを搭載しています。

快適性と強度のバランスに配慮した、SUV専用設計のタイヤです。
・高密度デュアルカーカスを採用して、タイヤの骨格を形成するコード層を補強しています。
・リジッドブロックを採用しています。
・リムプロテクターを装備し、アルミホイールを効果的に保護してくれます。

プレミアムSUVを引き立てるために、洗練されたデザインのタイヤです。
・プレミアムタッチは、タイヤサイドウォールに深みのある上質な黒さと、ベルベットのような高級感ある手触りに仕上げています。

ミシュラン・パイロットスポーツ4 SUVは、SUV専用設計のスポーツタイヤモデルです。非対称トレッドパターンを採用したことで、トレッド面外側のブロックが高いドライグリップ性能を有し、トレッド面内側の太い主溝が、優れた排水性をもたらしてくれます。

さらに非対称断面ブロック(リジットブロック)が、トレッド部の剛性を高めると同時に横方向のグリップを高めて、耐摩耗性にも優れています。

タイヤの内部構造では、高強度で耐熱安定性に優れたハイブリッドアラミド/ナイロンベルトの採用によってトレッド部の路面追従性を強化し、コーナリング時の優れた操縦安定性を高めています。

高密度のケーブルを配したカーカスを2枚重ねした、「高密度デュアルカーカス」を用いることで、乗り心地に配慮しながらも優れた耐久性に仕上がっています。
 (63445)

サイズラインアップ等

タイヤラインアップ表
17インチ
225/65R17 106V XL、235/65R17 108V XL

18インチ
225/60R18 100V、235/60R18 103V、235/60R18 107W XL、235/65R18 110H XL、255/55R18 109Y XL

19インチ
225/55R19 99V、235/50R19 99V、235/55R19 101V、235/55R19 105Y XL、255/45R19 100V

20インチ
235/45R20 100V XL、235/50R20 104Y XL JLR、245/50R20 102V、255/45R20 105Y XL、255/50R20 109Y XL

21インチ
245/45R21 104W XL、255/40R21 102Y XL、265/40R21 105Y XL、265/45R21 104W、275/45R21 110Y XL

22インチ
285/40R22 110Y XL

まさにSUVサイズといえるラインアップですね。そしてスポーツ走行性能重視のモデルに装着できるタイヤ幅に扁平率のラインアップも豊富に設定されています。

MICHELIN PILOT SPORT 4 SUV(ミシュラン パイロット スポーツ フォー エスユーブイ)

トーヨー 全天候型セルシアス

製品特徴等

トーヨータイヤは、SUV向け全天候型オールシーズンタイヤ「CELSIUS(セルシアス) 」を8月1日に発売開始します。タイヤサイズは、165/60R15 77H~225/65R17の計6サイズをラインアップし、価格はオープンプライスです。

今回日本に導入されるセルシアスモデルは、2015年から北米をはじめ欧州に投入されています。北米・欧州では、1年を通して安定した走行を可能にする性能で評価を得たオールシーズンタイヤが、日本にいよいよ上陸します。
 (63451)

セルシアスは、1年を通して安定した走行を可能にする性能を有したSUV用タイヤです。トレッドコンパウンドには、シリカの分散を向上させるアクティブポリマーを採用して、「スノーフレークマーク」の打刻が認められるスノー性能を有しながら、夏タイヤに必要なウエット性能向上と転がり抵抗の抑制も与えられています。

オールシーズンタイヤとして、降雪路面でもしっかり走れるスノー性能とドライ・ウエット性能を最大限に発揮する非対称パターンに仕上げています。オールラウンドカテゴリーにふさわしい高性能タイヤの登場ですね。スノーフレークマークとは、国連欧州経済委員会に規定されたシビアスノー要件を満たしたタイヤです。

SELSIUS(セルシアス)の商品特徴等
・独自の材料設計基盤技術「Nano Balance Technology」を用いて開発されたトレッドコンパウンドを採用しています。
・左右非対称パターンを採用しています。

(注意)
「CELSIUS」は、オールシーズンタイヤでスタッドレスタイヤではありません。過酷な積雪や凍結路がある環境下では、スタッドレスタイヤの使用をお願いします。
 (63452)

サイズラインアップ等

タイヤラインアップは、15インチから17インチまでです。
165/60R15 77H、215/60R16 99V(XL)、215/65R16 98H、215/60R17 96V、225/60/R17 99V、225/65R17 102H

イン側は、スノー性能を重視した3Dグリップサイプとジグザグブロックを採用し、アウト側は、ドライ・ウェット性能を重視した3Dグリップサイプ構造です。溝底補強ブロック、周方向連結ブロックでガッチリ路面に吸い付くように仕上げていますね。
 (63453)

まとめ

新モデルのタイヤ販売開始が、アナウンスされました。日本ミシュランでは、SUV専用設計で、かつスポーティなモデルが開発されていますね。一方トーヨーでは、北米や欧州で2015年から販売されている全天候型モデルが、日本に導入されることになりました。どちらも非常に興味をそそるタイヤですね。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me