2019年7月31日 更新

日産 リーフに特別仕様のXVセレクションを新設定!

日産リーフから安心・安全装備を充実させて、販売価格を購入しやすく設定した特別仕様モデルが、7/25から販売開始になりました。同モデルの概要や特徴等をご紹介します。

日産 リーフに特別仕様のXVセレクションを新設定!

日産 リーフ特別仕様XVセレクションの概要等

日産自動車株式会社(本社 神奈川県横浜市西区 社長 西川 廣人)は、7月25日に、日産リーフにて特別仕様車「日産リーフ XVセレクション」を設定し、全国で発売開始する事を発表しました。

日産リーフは、ゼロ・エミッションビークルであることと、電気自動車として、スムースでパワフルな加速と低重心を活かしたハンドリングを特長としています。また安心なドライブをサポートする様々な運転支援技術を搭載し、安心で安全なモデルに仕上げています。「ニッサン インテリジェント モビリティ」を象徴するクルマですね

今回発売開始になる「日産リーフ XVセレクション」は、「日産リーフ」の40kWhモデルの中の「X」グレードをベースモデルにして、ユーザーからご要望のある運転支援技術プロパイロットやインテリジェント アラウンドビューモニターなどの先進安全技術搭載し、17インチアルミホイールも装着しています。さらに購入しやすい価格設定となっています。

プロパイロットとは、高速道路における単一車線での運転支援技術で、渋滞走行と、長時間の巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をプロパイロットシステムがサポートしてくれ、ドライバーの疲労やストレスを軽減する装備です。

インテリジェント アラウンドビューモニターは、クルマを上空から見下ろしているかのような映像をディスプレイ画面に表示することによって、ひと目でクルマの周囲の状況を把握することが出来き、安全性と利便性を向上させた装備です。

 (64068)

日産 リーフ特別仕様XVセレクションのエクステリア等

日産リーフのエクステリアは、エアリーなディテールで風をすり抜けるようなシルエットを特徴としています。静かに疾走するモデルをイメージしています。たいせつな人たちの笑顔と会話が燃料パワートレインの音で邪魔されない、静かでゆとりの室内空間も特徴的ですね。ディテールや内装、パワートレインで静寂をなし得ています。

流れるようなボディラインは、洗練されたエアロダイナミクスを特徴とし、低重心プロポーションが、空気抵抗を抑えて、ゆとりの航続距離を可能にしています。高度な走行安定性と風切り音の少ない静かな走りを追求したモデルです。

エクステリアカラーは、ベースモデルのXグレード(40kWhバッテリー搭載車)と同様の14種類からチョイスできます。
①ラディアント レッド/スーパーブラック 2トーン
②ブリリアントホワイトパール/オーロラフレアブルーパールの2トーン
③スーパーブラック/ダークメタルグレーの2トーン
④チャイナブルー/スーパーブラックの2トーン
⑤サンライトイエロー/スーパーブラックの2トーン
⑥ブリリアントホワイトパール/スーパーブラックの2トーン
⑦スプリングライトグリーン
⑧スーパーブラック
⑨タンジェリンオレンジ
⑩ブリリアントホワイトパール
⑪ダークメタルグレー
⑫オーロラフレアブルーパール
⑬ラディアント レッド
⑭ブリリアントシルバー

最近の新車モデルは、カラー構成が豊富に選べるようになっていますね。カラーだけでもユーザーの個性が主張できます。
 (64076)

日産 リーフ特別仕様XVセレクションの内装等

日産リーフの室内は、後席の乗員にも余裕のスペースを提供できるように設計されています。電気自動車ならではの静かなパワートレインや、ボディの随所に遮音、吸音対策を施すことで防音対策も施されています。風切り音の発生を極力抑える空力設計は、別次元の静粛性となっている様です。

内装の組み合わせ
内装色ブラック/シート地 織物(バイオPET)
内装色エアリーグレー/シート地 織物(バイオPET)
内装色ブラック/シート地 本革
内装色エアリーグレー/シート地 本革
※本皮仕様に関して、シートメインに本革を、その他の部位は人工皮革を使用しています。
 (64069)

日産リーフのグレード表

リーフグレード一覧
40KWhモデル
・S 2WD 3,243,240円
・X 2WD 3,661,200円
・G 2WD 3,999,240円
・XVセレクション 2WD 3,868,560円
・NISMO 2WD 4,032,720円
・AUTECH 2WD 3,931,200円

62KWhモデル
・e+X 2WD 4,162,320円
・e+G 2WD 4,729,320円
・e+AUTECH 2WD 4,432,320円

ベースモデルから207,360円アップとなっています。安全装備が充実し、後から装備しづらいステアリングスイッチなどの装備も考えるとお買い得と言えますね。筆者としては、62KWhバージョンでもこの特別装備車の設定があったら選択の幅が広くなるのかなと思いました。
 (64070)

日産 リーフ特別仕様XVセレクションの特別装備内容等

①プロパイロット
②インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物検知機能付き)
③インテリジェント ルームミラー
④BSW(後側方車両検知警報)
⑤RCTA(後退時車両検知警報)
⑥インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)
⑦インテリジェントDA(ふらつき警報)
⑧17インチアルミホイール
⑨215/50R17 91Vタイヤ
⑩電動パーキングブレーキ
⑪ステアリングスイッチ(メーターディスプレイコントロール・オーディオ・ハンズフリーフォン・プロパイロット)
e+X(62kWh Xグレード)には、XVセレクションの設定はございません。

今回の特別仕様車は、主に安全や安心に関する装備が、豊富に搭載されていますね。これに17インチホイールや、快適装備となるステアリングスイッチが採用されてます。
 (64071)

まとめ

日本国内で日産リーフは、累計で12万5千台を超える販売台数を記録していますね(累計販売台数は、日産調べで、期間は2010年12月から2019年6月末です)。海外の販売台数も順調の同モデルです。この日産リーフに特別仕様モデルが販売開始されました。お気になった方は、お近くの日産に見に行ってはいかがでしょうか。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me