2019年12月2日 更新

シトロエンから新型ベルランゴが国内販売に、欧州譲りの広々快適モデル!

シトロエンは、100周年記念を迎えました。これに併せて欧州で人気モデルとなっているベルランゴが日本に導入されることになりました。同モデルのエクステリアや内装等の特徴をご紹介します。

シトロエンから新型ベルランゴが国内販売に、欧州譲りの広々快適モデル!

シトロエン 新型 ベルランゴの概要等

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社 東京都目黒区、社長 クリストフ・プレヴォ)は、2019年10月18日(金)に、今年創業100周年を迎えたシトロエンより新カテゴリーMPV(マルチ・パーパス・ヴィークル)モデルとなるBERLINGO(ベルランゴ)の特別仕様車DébutEditionを日本国内で発表し、翌19日(土)9時よりオンライン予約注文申込の受付を開始しました。

新型ベルランゴは、家族やレジャーを楽しむために作られたモデルです。欧州で人気のベルランゴが、ついに日本にデビューしますね。同モデルは、シンプルで機能的なボディデザインに、センス溢れる実用的なディテール、そしてスライドドア仕様で使い勝手の良いモデルです。

これまで歴代ベルランゴモデルは、欧州で拡販され、家族と人々のためのレジャーアクティビティヴィークルの位置づけとなっています。同時に、このきわめてプラクティカルな新型ベルランゴは、100年にわたり人々の「移動の自」と「自由な移動」を支えるために、コンフォート(快適)なものであることを追求してきたシトロエンの最新作モデルです。

MPV、ミニバンとよばれるセグメントであっても、シトロエンは、コンフォート性能という新たな価値を提案するモデルです。シトロエンコンフォートは、いろいろなものが快適で、収納も抜群によく、さらに経済的で有り続けるという物作りの理念からきています。

BERLINGO Début Editionの車両価格は、3,250,000(税込)でワングレード展開です。
BERLINGO Début Editionは、欧州仕様車をベースモデルに各種オプション装備を標準とした特別仕様モデルです。ワングレード展開での販売です。
 (69145)

シトロエン 新型 ベルランゴのエクスリア等

ベルランゴのエクステリアの特徴は、強烈な個性で新しさを表現するボディスタイリングと最新シトロエンのデザインコードであるたくましさ、力強さをくまなくエクステリアに落としこんでいる点です。さらにどこにでも行けて、なんでも楽しめるという、他にはないパーソナリティを盛り込んだのが新型ベルランゴです。

フロントスクリーンは前進され、短く高く設定されたフロントエンドデザイン、そして取り回しを向上させる短いフロントオーバーハングが魅力的ですね。これらの特徴は、グループPSAの定評ある新世代プラットフォームEMP2を採用することで可能になっています。

同モデルは、シトロエンデザインコンセプトのひとつとなっている2段がまえのポジショニングライトとヘッドライト、フォグランプをラウンドしたノーズ部分に設置し、Airbump®をドアの下部に搭載しています。全長4,403mm×全幅1,848mm×全高,844mmにホイールベース2,785mmで、日本国内でも取り回しがしやすいサイズとなっていますね。
 (69146)

シトロエン 新型 ベルランゴの内装やラゲッジスペース等

新型ベルランゴの内装は、楽しさ=みんな平等というコンセプトで仕上げています。毎日使って毎日皆が楽しくなるように、両サイドスライドドアとリア3座独立シートが採用されています。ベルランゴのリアドアは、スライドドアが採用されていますので、広大な開口部とドア開閉時の省スペースが魅力的ですね。

リアシートは幅の等しい3座独立式となっています。リアシートも平等に分割され、それぞれの移動を楽しむことが可能です。シート自体は、個別に折畳みが可能となっていて、この3シートにはそれぞれISOFIXフックが装備もされています。

広大なラゲッジスペースが、ベルランゴの魅力でもあります。最大2126Lに、最長2.7mの長尺ものを積載することが出来き、クラスをリードする余裕の収納力ですね。シートは、ファブリックを貼り込んだリラックス感あるリビングのようなインテリア仕上げとなっています。Magic Flat(マジック・フラット)と呼ばれる機能でワンタッチでフルフラット状態にすることも可能です。

長さ=奥行きは、5人乗り状態で1m、2人乗り状態で1.88m、助手席を倒せば最長2.7mの長尺に対応しています。容量は、5名乗車時でトノカバー下597L、2列目シートを倒した最大積載状態では2126Lとなっています(欧州仕様)。
 (69147)

新型 ベルランゴは、合計28もの収納スペースが用意されています。例えば、Modutop®と呼ばれるルーフ部分の収納スペースは、デッドスペースを作らない収納エリアです。ルーフの大半をガラスとするパノラミックルーフと収納スペースを融合させたModutop®は、フロントルーフ部分に収納トレイを設け、さらに中央部にはBag in Roof(バッグインルーフ)として最大14Lまでのバッグを収納できる仕組みです。

Modutop®は電動サンシェード付きで、夏場の室内温度上昇を緩やかにしてくれます。またルーフアーチ中央部には調整可能なムードライトも装備されています。
 (69148)

シトロエン 新型 ベルランゴのパワートレインや安全装備等

パワートレインは、先進の1500ccクリーンディーゼルが搭載されています。パワートレインは、シトロエンとしては初搭載となるグループPSAの最新世代クリーンディーゼルエンジンDV5型(アイドリングストップ付き)です。これにアイシ・エイ・ダブリュとの共同開発による電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8を組み合わせています。

ディーゼルとは思えない軽快な吹け上がりとドライバビリティが特徴的で、低回転からの高いトルク、最新の排気浄化システム(酸化触媒、SCR選択還元触媒、DPF微粒子フィルター)による極めて高い環境性能を有したユニットです。

新型ベルランゴの安全装備内容
・アクティブクルーズコントロール(ストップ機能付き)
・アクティブセーフティブレーキ
・レーンキープアシスト
・パークアシスト
・ブラインドスポットモニターシステム
・インテリジェントハイビーム
・トラフィックサインインフォメーション
・フロント、バックソナー/トップリアビジョン
・ドライバーアテンションアラート
安全装備、快適装備がベルランゴの魅力の一つとなっています。安全装備もかなり豊富に装備されていて、安心して家族全員が過ごせる車内空間となりそうです。ユーロNCAPなどの世界各国の安全基準もクリアしています。

 (69149)

まとめ

筆者は以前欧州でフルモデルチェンジしたベルランゴの記事を書きました(下記参照)。このとき日本に導入されたら非常に面白いモデルではないかと思いました。今回、シトロエン100周年を記念して、日本にワンプライスモデルが導入されることになりました。今後の売れ行きが楽しみですね。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me