2018年8月23日 更新

第一弾!!!Audi Q7 samurai editionを限定70台で8/20から発売開始!デザイン・仕様等をご紹介。

アウディの中でビッグラグジュアリーSUVとなるQ7から特別装備で限定数量70台となるsamurai editionが8/20から登場。この秋アウディでは、沢山の限定モデルも発売しそう!このモデルを調査!!!

第一弾!!!Audi Q7 samurai editionを限定70台で8/20から発売開始!デザイン・仕様等をご紹介。

アウディQ7ってどんなクルマ?

初代は、2006年から2015年までの販売となっております。アウディでお得意の4輪駆動クワトロシステムを搭載するQ7のポイントは、3列シート(多くの他メーカーではオプション)が標準である点。

プラットフォームは、フォルクスワーゲン・トゥアレグ / ポルシェ・カイエンと共通のフォルクスワーゲンL7型を使用していますね。

エンジンはハンガリー製。製造・組み立ては、スロバキア・ブラチスラヴァのフォルクスワーゲン ブラチスラヴァ工場。主要部品は、アウディのドイツ2工場(インゴルシュタット、およびネッカースウルム)から供給が行われて要る模様。パワートレインは、V6 3000ccTDI 232PS、V8 4200ccFSI 349PSをラインアップ。

2代目は、2016年から販売開始され現行型となっています。圧倒的な存在感にキビキビ感とパワーを併せ持つプレミアムSUVとして登場。

予想外のポテンシャルを発揮するパワートレインと、驚くべき軽量化を行っても、高い剛性を誇るボディで登場し、威風堂々のデザインへ。Audi Q7は、プレミアムSUVの存在感を充分に満たすように設計されているということでしょう!従来のSUVの概念を超えるダイナミズムが体感できるとの事。

この現行型にQ7 samurai editionが限定台数70台で8/20に登場しました。このモデルの詳細をお届けしていきます。
 (40057)

アウディQ7 samurai editionのコンセプト等!

キャッチコピーは
「精悍な表情に、研ぎ澄まされた堂々たるスタイルと装備」。

威風堂々で伸びやかなパワーを感じられる存在となるようにデザイン。プレミアムSUVに君臨するAudi Q7に、限定車Audi Q7 samurai editionを誕生させたという事では?!専用ボディカラーとなっている「サムライグレーメタリック」に、エクステリア、インテリアともにブラック基調のスタイリングが引き締まっても見えますね。

カーボンのパーツをポイントに使用し、刃を思わせる5スポークブレードデザイン21インチアルミホイールが、全体デザインをさらにスポーティに引き締める効果を。

マトリクス式LEDヘッドライトが、ユーザーにとって非常に視界のよい空間を作り上げているようです。さらには特別装備のBose 3Dサウンドシステム、アシスタンスや三列目シートを装備することで特別感もアップ!
 (40020)

アウディQ7 samurai editionの特別装備内容等

特別装備内容

・カーボンスタイルパッケージ
・ブラックスタイリングパッケージ
・ブラックルーフレール
・アルミホイール 5スポークブレードデザイン 9.5J×21+285 / 40R21タイヤ
・Bose 3D サウンドシステム

そもそも高級ラグジュアリーSUVとして登場のQ7です。標準モデルの状態でもかなりの装備となっておりますので、そこからさらに特別装備をした場合、かなりの高級モデルに変身?!
 (40021)

標準装備内容

・マトリクスLEDヘッドライト + ダイナミックターンインディケーター (フロント / リヤ)
・プライバシーガラス
・三列目シート
・ブラックヘッドライニング
・4ゾーンデラックスオートマチックエアコンディショナー
・オールホイールステアリング
・アウディサイドアシスト
・アウディプレセンスリヤ
 (40023)

まさに刃というか、ブーメランと言うべきか、かなり斬新なデザインのホイールとなっていますね!
 (40022)

アウディQ7 samurai editionの内装等

 (40024)

内装もブラックハイグロスにオークグレーのデコラティブパネルを使用し、ブラックレザーシートやブラックヘッドライニングなど、ブラック基調でシックな印象になっていますね。

またプライバシーガラスや4ゾーンデラックスオートマチックエアコンディショナー、7人乗り仕様となる3列目シートも標準装備。また、オーディオにはBOSE 3Dサウンドシステムを採用することにより高級感を更にアップ。

安全装備は
運転支援アシスタンスシステムは、アウディプレセンスベーシックやアダプティブクルーズコントロール、アウディアクティブレーンアシストなどだけでなく、後方から接近車両があることをお知らせするアウディサイドアシストの装備。

さらには、リヤバンパーに内蔵したレーダーセンサーで後方車両を検知し、追突の際の衝撃を低減するアウディプレセンスリヤを追加装備。

また、状況に応じて後輪を操舵し、低速走行時には最小回転半径の短縮、高速では安定した車線変更をアシストする四輪操舵システム、オールホイールステアリングも搭載されています。
 (40025)

アウディQ7 samurai editionの諸元等

・モデル型式 ABA-4MCRES
・全長×全幅×全高(mm)=5,070×1,970×1,735mm
・総排気量 2,994cc
・エンジン種類 V型6気筒ガソリンスーパーチャージャー
・最高出力(333PS) / 5,500-6,500rpm
・最大トルク440Nm / 2,900-5,300rpm
・駆動方式 quattro(4WD)
・トランスミッション 8速ティプトロニックトランスミッション
・ハンドル位置 右
・乗車定員 7名

販売価格¥10,930,000(車両本体価格)

まとめ

Audi Q7 samurai edition はQ7 3.0 TFSI クワトロを基本ベースとした限定モデルとなっております。ベースもモデルが、938万円ですので、限定モデルとして豊富な特別装備を行っている今回のQ7 samurai editionは、お買い得ともいえますね!
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me