Audi「Q3」次期型、400psの最速「RS」の最新情報

アウディが開発を進めるコンパクトSUVの「Q3」次期型に設定と言われている、最強ハードコアモデル「RS Q3」市販型プロトタイプの詳細が分かってきました! 最新情報をお届けしたいと思います。 アウディ「Q3」はサーキットでも通用するほどの高性能SUVであり、今回の新型の登場では、さらなる進化を見せてくれそうです。

「Q3」次期型、400psの最速「RS」を初スクープ!

写真でとらえた開発車両は、先日スクープに成功した「SQ3」とほぼ同じエクステリアでした。エクステリアで異なる所を挙げると、恐らくダミーの可能性がありますが、フロントのエアインテーク、クワッドエキゾーストパイプなどが挙げられます。 ここで今回注目したいのが、フロントのブレーキディスクです。これは通常の「S3」や「TT-S」などSモデルでは見られないものが装着されています。
また「RS3」と一緒にテスト走行をしていた状況から、今後頂点に立つであろう「RS Q3」の可能性が高いと言われています。 「Q3」シリーズ新型には、VWグループ最新アーキテクチャ、「MQB」を採用していて、約50kgの軽量化を図ると共に、ホイールベースは50mm、全長は60mm、全幅は50mm拡大されると思われます。 <パワートレインのラインアップ>
・1リットル直列3気筒TFSIターボエンジン
・1.4リットル直列4気筒TDIエンジン
・2リットル直列4気筒TFSIエンジン
・1.4リットル直列4気筒TFSIエンジン+電気モーターのPHEV「e-tron」 高性能「SQ3」については、2リットル直列4気筒DOHCインタークーラー付きターボエンジンを搭載し、最高出力は306psを発揮します。
そして高性能モデルの頂点に立つ「RS Q3」については、2.5リットル直列5気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、最高出力は400psの大台へ突入します。また0-100km/h加速は4秒という、ハイパフォーマンスとレポートが届いています。
 (31210)

今後情報

「Q3」新型のワールドプレミアの場と予想されているのが、10月のパリモーターショーと有力視されています。
また「SQ3」は2019年3月のジュネーブモーターショー、そして「RS Q3」は2019年のフランクフルトモーターショーになると予想されています。
今後のモーターショーでいつ発表されるのか、楽しみに待ちましょう。
サイド

サイド

リア

リア

Audi「Q3」

日本での発表は2012年5月に行われ、アウディQ7、アウディQ5に続く、Qシリーズとして発売されました。 街中でも走りやすさを考慮して、全長4400×全幅1830×全高1615mmのボディサイズで設計されています。 サスペンションは、優れたロードホールディングと快適な乗り心地とスポーティなハンドリング性能を装備。
滑らかな曲線で纏められた凝縮感のあるスタイリングによって、洗練された印象を強い存在感があります。 エンジンは直噴システムとターボを組み合わせた、TFSIエンジンでなので高出力でありながら低燃費を達成しています。 ・エンジン種類 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボチャージャー(1気筒=4バルブ)
・排気量 1,394 cc
・最高出力 110 (150) / 5,000-6,000 kW(PS) / rpm
・最大トルク 110 (150) / 5,000-6,000 kW(PS) / rpm
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。