2019年5月31日 更新

カワイイだけじゃないフォルクスワーゲンのコンパクトカー!ポロの魅力を紹介します!

ポロは、フォルクスワーゲンのコンパクトカーとしてちょうどいいサイズを堅持しながら、その内容を充実させてきました。デザインは女性にも好まれるようなカワイイデザインですが、それだけではないポロの魅力を紹介していきたいと思います。

カワイイだけじゃないフォルクスワーゲンのコンパクトカー!ポロの魅力を紹介します!

ポロの歴史

初代ポロ

初代ポロ

ポロは、フォルクスワーゲンが1975年から販売しているコンパクトカーです。同社のゴルフから遅れること1年後のデビューで、以来、40年を超え、使いやすい定番のハッチバックとして世界で1,400万台超を販売。ベストセラーカーとして愛されてきました。日本へは1996年に3代目Poloから本格導入開始し、瞬く間に人気の輸入車の一台となりました。現行モデルは6代目のモデルであり、2018年から販売されています。

ポロのエクステリア

Polo | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (61388)

エクステリアは、程よい丸みのあるデザインで女性ドライバーにも人気があるのがうなずけます。車体寸法は、全長4060mm・全幅1750mm・全高1450mmになっており、先代型の標準ボディに比べると全長が65mm長く、全幅が同じく65mmワイドで、全高が10mm低い仕様になっています。ポロは先代型まで5ナンバー車だったのに、現行モデルは全幅が1750mmに拡大されて3ナンバー車になったので、室内空間にゆとりは出ましたが、狭い道や駐車場では取り回しに少し影響は出るかもしれません。

ポロのインテリア

運転席周り

Polo | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (61488)

インテリアは、人を中心とした設計になっており、使いやすさと視界の良さが重視されています。
またオプション設定で、従来のアナログ型に代わるフルデジタルメータークラスターを採用しており、基本の速度計とタコメーターの表示に加え、ナビゲーションモードを選択した時は、画面中央にナビと連動したマップをより大きくワイドに映し出すことができます。(※TSI Comfortline、TSI Highline、TSI R-Lineにオプション設定)
Polo | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (61491)

室内空間

Polo | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (61493)

先代モデルよりもホイールベースが拡大されたことで広々とした室内空間を実現しており、リアシートへの乗降性も向上しました。
ポロのシートカラーは、どのグレードもスポーティなチタンブラックが基本ですが、「TSI Highline」と「TSI R-Line」のグレードには、チタンブラック×セラミックのスポーツコンフォートシートが標準装備されます。
また、「TSI Highline」でエナジェティックオレンジメタリックとリーフブルーメタリックのボディカラーを選択した場合は、同色を採用した専用のシートが装備されています。
Polo | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (61496)

ラゲッジスペース

Polo | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (61500)

ラゲッジスペースは、全幅がワイド化されたこともあって拡大しています。先代モデルは280Lだったが、現行モデルは351Lなので、数値上は125%になりました。さらに後席を倒せば1,125Lの大容量のスペースが生まれます。

ポロの走行性能と価格

Polo | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (61502)

軽量の1.0L 3気筒TSIエンジンは小排気量とは思えない力強さを、7速DSGトランスミッションは切れ目のない滑らかな加速を生み出します。TSIとDSGの熟成された組み合わせに加え、環境技術「BlueMotion Technology」が軽快な走りと優れた燃費性能を両立してくれます。「BlueMotion Technology」には、アイドリングストップシステムである「Start/Stopシステム」と「ブレーキエネルギー回生システム」が備わっています。燃費性能はJC08モードで19.1km/Lとなっています。

また「R-Line」グレードには、R新開発の気筒休止システム付1.5L 4気筒TSI Evoエンジンは、最高出力150PS、最大トルク250Nmの力強さを発揮しながら優れた燃費性能を実現しています。鋭いコーナリング性能を可能にする電子制御式ディファレンシャルロック“XDS”やスポーツサスペンション、お好みの走行モードを選べるドライビングプロファイル機能など、R-Lineにはスポーティな装備が数多く備わっています。燃費性能はJC08モードで17.8km/Lとなっています。

価格は、価格は、2,119,000円(POLO TSI Trendline)~3,480,000円(POLO GTI)になっています。

まとめ

今回はフォルクスワーゲンのコンパクトカーであるポロの魅力を紹介してきました。
見た目の可愛らしさに内装のユーティリティの高さがプラスされたことで、いまや女性ドライバーを中心に多くのファンに愛される人気モデルとなっています。気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi