2019年11月2日 更新

メルセデスAMG A45S 4マチック+ & Edition1が登場!

メルセデスからホットハッチモデルとなるAMG A45S 4マチック+とAMG A45S 4マチック+Edition 1が受注開始になりました。10/25から受注開始になり、納車は11月頃の予定です。同モデルの特徴等をご紹介します。

メルセデスAMG A45S 4マチック+ & Edition1が登場!

メルセデスAMG A45S 4マチック+ & Edition 1の概要等

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長 上野金太郎、本社 東京都品川区)は、「メルセデスAMG A 45 S 4MATIC+」(以下、A 45 S 4MATIC+)と「メルセデスAMG A 45 S 4MATIC+ Edition 1」(以下、A 45 S 4MATIC+ Edition 1)を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて、10/25より注文受付を開始しました。ユーザーへの納車は、本年11月以降になる予定です。

A 45 S 4MATIC+は、世界で最もパワフルな2000cc 4気筒ターボエンジンを搭載しています。最大過給圧2.1バールとなるターボエンジンは、最高出力421ps、最大トルク500N・mを発生します。シャシーやサスペンション、四輪駆動システムやESPの制御なども全て最新の技術が惜しみなく搭載され、メルセデスAMG社のブランドスローガンとなっている「ドライビングパフォーマンス」を表現した究極のホットハッチです。

発表記念特別仕様車A 45S 4MATIC+Edition 1は、A 45S 4MATIC+をベースに、ハイパフォーマンスなイメージをさらにアップさせ、ホットハッチの企画に沿ったエクステリアとインテリアに仕上げています。エクステリアでは、目を惹くサンイエローと、designoマウンテングレーマグノの2カラーから選択することができます。

サイドには、サンイエローモデルにはグレー、designoマウンテングレーマグノのモデルにはイエローの専用デカールが組み合わされています。19インチAMGマルチスポークアルミホイールは、マットブラックにペイントされていて、足元を一層引き締めますね。

モデルラインアップ
①メルセデスAMG A 45 S 4MATIC+ 右ハンドル 2000cc L4 直噴ターボ ¥7,900,000円
②メルセデスAMG A 45 S 4MATIC+ Edition1 右ハンドル 2000cc L4 直噴ターボ ¥9,190,000円
 (68712)

メルセデスAMG A45S 4マチック+ & Edition 1のエクステリア等

エクステリアデザインは、メルセデスAMGモデルならではの高いパフォーマンスを感じさせるように仕上げています。フロントには、コンパクトモデルで初めてとなる下部の幅が広く、縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリルが起用されています。

フロントエプロンは、ジェットウイングデザインを採用しています。左右の外側エアインテークを横方向に走るフィンと幅を広げた中央下側のエアインテークによってワイドな印象を強調していますね。フロントスプリッターは、前輪の前方でサイドエアカーテンに流れるように融合しています。

空気の流れを最適化することでエアロダイナミクス性能をアップさせ、Cd値を低減しています。通常のAクラスから54mmワイドなフロントフェンダーを採用したことで、ワイド感アップになるだけでなく、アスレチックなエクステリアを強調させていますね。

リアには、スポーティなルーフスポイラーが装着され、専用デザインの大型リアディフューザーとセットでクローム仕上げの円形デュアルエグゾーストエンドが装備されています。スポーティでハイパフォーマンスとなるデザインが各所に採用されています。
 (68713)

メルセデスAMG A45S 4マチック+ & Edition 1の内装等

インテリアは、エクステリア同様高いパフォーマンスを感じさせる要素が取り入れられています。コックピット ディスプレイは「スーパースポーツ」を含むAMG専用の表示スタイルから選択可能となっていて、 走りの期待感を高める仕様です。

フラットボトム型となるナッパレザー/DINAMICAの「AMG パフォーマンスステアリング」が搭載されています。グリップ部にDINAMICAを採用し、レッド コントラストステッチとブラックステアリングマークが施されたスポーティなデザインです。
 (68714)

ステアリングホイールには、手を離さずに走行モードを変更することができる「AMG ドライブコントロールスイッチ」が装備されています。右側のスポークの根元に位置するボタンは、多様な走行モードなどを選択することができ、サスペンション、マニュアルモード、ESP®などの設定も行うことが可能です。

標準のフロントシートは、ヘッドレストとバックレストが一体化したセミバケットタイプのスポーティなデザインとなっています。AMGパフォーマンスパッケージを選択すると、高いサイドサポート仕上げのメルセデスAMGトップモデルに採用される「AMGパフォーマンスシート」が搭載されます。
 (68715)

メルセデスAMG A45S 4マチック+& Edition 1のパワートレイン等

パワートレインは、瞬時に溢れ出すパワーと環境性能を新たなレベルで両立させた新開発の2000cc 直列4気筒直噴ターボエンジン(エンジン型式 M260)が搭載されています。

ツインスクロールターボチャージャーの搭載で、低回転からの素早いレスポンスと高回転までのスムーズな吹け上がりを可能にしています。全域で、意のままの力強い加速が愉しめるユニットですね。可変バルブコントロールシステムの採用で優れた環境性能にも仕上げています。

組み合わされるミッションは、圧倒的なパワーをAMGスピードシフトDCT 8Gでコントロールし、パフォーマンス志向のトルク可変配分四輪駆動AMG 4マチックにより路面に伝達される仕組みです。
 (68716)

まとめ

メルセデスが、メルセデスAMG A45S 4マチック+&AMG A45S 4マチック+Edition 1の受注を10/25から開始しました。最強のホットハッチと成るように設計されています。11月より納車がスタートするとのことで、今後日本の公道をホットハッチが走行しているのを見るのが楽しみですね。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me