2019年2月21日 更新

新型VW パサート(ヴァリアント)&GTE(ヴァリアント)発表!

フォルクスワーゲン パサートは、約45年間というロングセラーモデルです。今回パサートだけでなく、ワゴンタイプのヴァリアントやハイブリッドモデルのGTE(ヴァリアント)が、マイナーチェンジをすることになりました。このモデルをご紹介します。

新型VW パサート(ヴァリアント)&GTE(ヴァリアント)発表!

新型VW パサートの概要等

フォルクスワーゲンは2月6日、改良新型となるパサート(Volkswagen Passat)を欧州で発表しました。セダンとワゴンの「パサート・ヴァリアント」が、同時に発表されています(GTEモデル含む)。

パサートは、フォルクスワーゲンの上級ミドルセダン&ミドルワゴンという位置づけです。初代のデビューから45年という伝統のモデルでもあります。現行8世代目モデルまでの世界累計販売台数は、3000万台に達しようとしています。世界で最も成功を収めているミドルクラス車と言えますね。

現行パサートは2014年秋に、パリモーターショー2014で発表されました。この現行パサートがデビューして4年と言う販売期間を経て、初の本格改良を施して販売されそうです。このモデルを紹介していきます。

新型パサート・ヴァリアント画像

https://www.netcarshow.com/ (55674)

via https://www.netcarshow.com/

新型VW パサートのエクステリア等

パサートのフロントビュー

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (55449)

via https://www.netcarshow.com/
フロントビューでは、バンパーデザイン等を中心に刷新されています。よりスッキリしたグリルに、グリルラインと非対称的にデザインされたバンパーラインが特徴的です。

ヘッドライトデザインは、現行型とディテールをシンクロさせながらも内部モジュールを変更し装備されています。LEDフォグランプが、バンパーサイドのギリギリに装備され、ワイド感と広範囲の照射をイメージさせますね。

現行画像

 (55453)

パサートのサイドビュー

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (55450)

via https://www.netcarshow.com/
サイドビューでは、大きな変更は行われていない印象です。このモデルがフルモデルチェンジでなく、マイナーチェンジでとなっている事を伺える部分でしょう。

17・18・19インチの新スタイルアロイホイールが新採用され、足元での新スタイルを表現しています。エクステリア新カラーは、ラピッツブルー、ボトルグリーン、サンドゴールドが新設定されています。

現行画像

 (55454)

パサートのリアビュー

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (55451)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューでは、新設計のテールライトが全体フォルムの中心的な存在です。新開発のLEDモジュールに更新され、スクエアなデザインに仕上げています。このスクエア感をバンパーデザインにもシンクロさせていますね。

リアデザインの印象は、スクエア感をディテールして、現行型デザインを継承しながらも、各所を鋭角にし、凹凸感を表現しています。

現行画像

 (55455)

新型VW パサートの内装デザイン等

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (55452)

via https://www.netcarshow.com/
内装でのポイントは、ドアトリム、ファブリック仕上げ部分、トリムカラーなど多くを新設計させて採用している点です。

新しい内装にふさわしくなるように、ステアリングも新設計されています。新世代にふさわしくなるように、センターコンソール上のアナログ時計は、デジタルに進化しています。

コックピット内のメータークラスターは、デジタルコックピットとなっていてインフォメントスクリーンカラーは、30色を選択できます。

最高品質のサラウンドを提供するために、デンマークDynaudio製700ワットのサウンドシステムを装備しています。歴代パサートの中でも最上級サウンドシステムです。

ナビ等のインフォメントシステムは、再設計されてより直感的に使えるようになっています。より操作を簡単にし、ナビ画面を簡素化して、わかりやすく表示させる工夫が施されています。これは、フォルクスワーゲン トゥアレグからの技術を移転したシステムです。

現行画像

 (55456)

新型VW パサートのパワートレイン等

2000cc/1400cc TSIエンジン画像

 (55689)

現行型で採用されているパワートレインは、4つのラインアップとなっています。
・2000㏄直列4気筒TDIエンジン(ディーゼル)は、190psの最高出力です。
・1400cc直列4気筒TSIエンジン(ガソリン)は、150psの最高出力です。
・2000㏄直列4気筒TSIエンジン(ガソリン)は、220psの最高出力です。
・1400cc直列4気筒TSIエンジン+モーターハイブリッド(パサートGTE)

インタークーラーターボで、7速オートマを基本とし、2000㏄直列4気筒TSIエンジンモデルとGTEモデルは、6速オートマとなっています(日本国内モデル)。

今回このパワートレインは、大幅な変更等は行われていない模様です。細部のパーツ変更や再セッティングを行い、ユーザー等が更に安心して乗れるパワートレインにチューニングされているでしょう。

安全装備として
①緊急ステアリングアシスタントが、新装備されます。これは、急な回避操作中に、ブレーキ操作による安全性を高めます。
②IQ.DRIVEは、フォルクスワーゲンの新技術を表したブランド名です。この技術は、例えば0から210㎞/hという全速度域で、高速道路など部分的な自動運転を可能としています。

その他、安全装備として
・Lane Assist
・LEDマトリックスヘッドライト
・Travel Assist
などが装備されます。

2000㏄ TDIエンジン画像

 (55688)

まとめ

初代フォルクスワーゲンパサートは、1973年に登場しました。45年間というロングランモデルとなっています。現行モデルで8代目となっています。現行型は、2014年に販売開始されました。このモデルが、マイナーチェンジを受けて、進化して登場すると言うことですね。
37 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me