2018年10月2日 更新

Mercedes-Benz AMG GT53 4-Doorが発表されました!最新パワートレインやデザイン等を検証

メルセデスのレース・高級部門であるAMGから、GT53-4Doorが発表され、更にラインアップの幅を広げたと言ってよいのではないでしょうか???このモデルを調査してみます!!!

Mercedes-Benz AMG GT53 4-Doorが発表されました!最新パワートレインやデザイン等を検証

メルセデスベンツAMG GT53 4-Doorのエクステリア等

フロントビュー

長めのボンネットとパワードームを備えたフロントでは、AMG GTファミリーの中で最も若いモデルであることを証明しているかのようなデザインですね。 4ドアクーペは、AMG GTモデルの成功部分の伝統を継承して形作られているようです。

押し出しの強いボディは、ダイナミズムとモチベーションを髣髴させるように作られ、凸面を持つ3次元デザインは、4ドアGTの超越した優雅さを付加。 AMG GT Rラジエーターシャッターのように、中央の冷却ダクト前のエアパネルが、車の空力効率をさらに向上させるとの事。

スリムなMULTIBEAM LEDヘッドランプ、AMG特有のラジエーターグリル、Shark Nose、そしてその強化されたJet Wing(6気筒モデルで流れるA-Wing)を装備したフロントエプロンは、Affalterbachからのモデルからインスパイアされているようです。
Mercedes-Benz AMG GT53 4-Door (44955)

via Mercedes-Benz AMG GT53 4-Door
AMG GT 4ドアクーペはデザインの点で異なるハイライトを提供できるように、使用できる外部機器パッケージの幅広いオプションもあるとの事。ナイトパッケージは、高光沢の黒いトリムで構成されており、それがクロームパッケージになると、高光沢のクロムにトリムとインサートを入れた車に豪華な印象をプラス。

2種類のカーボンファイバーパッケージでは、異なるバージョンのカーボンファイバートリムを用意。オプションのエアロダイナミクスパッケージは、よりスポーティなエクステリアになっており新アイテムとの事。
Mercedes-Benz AMG GT53 4-Door (44956)

via Mercedes-Benz AMG GT53 4-Door

リアビュー

リアビューからは、4ドアクーペのような気レーならインが描かれているのが伺えます。敢えてリアウィング等を設置しないでスマートに見えるところもポイント。
Mercedes-Benz AMG GT53 4-Door (44957)

via Mercedes-Benz AMG GT53 4-Door
特別なAMGサスペンションが装備されている模様。 6気筒モデルでは、スチールスプリングと調整可能なダンピングを備えたサスペンションが標準装備。 8気筒エンジン(GT63 4-Door)のサスペンションは、完全耐荷重マルチチャンバエアサスペンションAMG RIDE CONTROL+を装備。

4ドアAMG GTでの標準仕様10スポークディスクホイールは、AMG GT53とGT63にて共通のバナジウム銀をフロント9.5 J x 19と255/45R19タイヤ、リアは11.0 J x 19ホイールにタイヤサイズは285/40R19。

Mercedes-Benz AMG GT53 4-Door (44958)

via Mercedes-Benz AMG GT53 4-Door
エキゾーストは、バンパー下部のディフェーザーにて囲われており、左右サイドから2本づつでており、すっきりシャープに収まっておりますね。
Mercedes-Benz AMG GT53 4-Door (44959)

via Mercedes-Benz AMG GT53 4-Door

メルセデスベンツAMG GT53 4-Doorの内装等

12.3インチサイズの2つの高解像度ディスプレイがワイドスクリーンコックピットを占領しているのがポイントですね。これはV8タイプの標準であり、オプションでインライン6気筒バージョンも選択できるとの事。

これらの全デジタルディスプレイでは、「クラシック」、「スポーツ」、最新機能の「スーパースポーツ」の3種類のスタイルが選択でき、ユーザーのお好みに!

直接的かつ即座に反応できるAMGスピードセンシティブスポーツステアリング!
電気機械式速度感応パワーステアリングは、可変比を有し、可変比ではAMG特有のラックアンドピニオンステアリングのおかげで、正確なステアフィードバックを体感。

また、パワーアシスタンスは「Comfort」、「Spor」」、「Sport +」の3つのステージが選択可能のようです。特性は、選択されたAMG DYNAMIC SELECT送信モードに応じて自動的にアクティブに、または個別モードで必要に応じて設定できるようです。
Mercedes-Benz AMG GT53 4-Door (44960)

via Mercedes-Benz AMG GT53 4-Door
エレガントなクールさと最新技術の搭載がポイント。革新的なコントロールパネルは、直感的に操作し、必要に応じて構成変更が楽に出来るように!高度な個性化とスポーツカー技術の融合は、ニーズを充分に満たせるように豊富な機器パッケージと選択から構成されている模様。
Mercedes-Benz AMG GT53 4-Door (44961)

via Mercedes-Benz AMG GT53 4-Door

メルセデスベンツAMG GT53 4-Doorのパワートレイン等

革新的なAMG 6気筒インラインエンジンを搭載したメルセデス-AMG GT53 4MATIC+(燃料消費量は9.1L /100km、CO2排出量は209g/ km)。435hpの3000Cのユニットは、22hpまでの出力と250ニュートンのトルクを追加するブースト効果により、さらに高性能な仕様となっている様です。

AMG SPEEDSHIFT TCT 9Gトランスミッションが採用されており、トルクコンバータに関連して、トランスミッションはこのエンジン要件に合わせて最適に調整されて搭載しているとの事。
Mercedes-Benz AMG GT53 4-Door (44962)

via Mercedes-Benz AMG GT53 4-Door

まとめ

AMG GT53 4-Doorと同時発表にてAMG GT63 4-Doorも発表されておりますね。今回筆者は、敢えてGT53を調査してみました。筆者的には、パワートレインにて3000ccを新開発・採用していると言う点がポイントではないでしょうか???

このモデルも随時日本に導入されてくると思います。現在発表されていますので早ければ年明けくらいと予想します!!!
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me