メルセデス・ベンツ「Cクラス」セダンのスペックや走行性能、燃費は??

メルセデス・ベンツは世界の高級自動車メーカーとして知られています。 今では先進技術が進んでおり、どの自動車メーカーもハイブリッド機能を搭載したり、電子制御式4WDや自動ブレーキなどの優れた安全性能を採用していることが分かります。 それでは、メルセデス・ベンツの基本性能や特徴とは一体どのようなものなのでしょうか?国産高級車との違いは何だろう?などと言った疑問に少しでも応えるべく、「Cクラス」の特徴を見ていきながらご紹介していきたいと思います。

ベンツ「Cクラス」の特徴や走行性能は??

 (48997)

「Cクラス」のセダンの新車価格は449万円〜となっており、倒れる程驚く価格では無いですが他の「E」クラスや「A」クラスになると話は変わってきます。 それではこの「Cクラス」はどんな性能があるのか?まずは洗練されたラグジュアリー性を一目ですぐに感じさせるエクステリア、スタイリッシュなスポーティーさと、落ち着いた雰囲気をCクラスのセダンは他の自動車メーカーと比べてスタンダードな作りであることが分かります。 派手すぎるのも無く地味すぎるのも当然ない、偏りの少なさがまたベンツのラグジュアリー性を引き出しているとも言えます。
 (48999)

そして、その大きなボディからは安定した走りを魅せる逞しいスタイリングに、多彩な状況で活躍を魅せる最新のインテリジェントドライブ機能を搭載していることによる走りの自信もデザインから伺えます。

走行性能やエンジン

 (49003)

かつてない滑らかさと力強さという新感覚のドライビングが新しい走る歓びを創造する、2つのパワートレインを搭載しています。 1.5ℓ直列4気筒直噴エンジン+48V BSG スムーズさと効率を極めた軽量コンパクトなエンジン、パワフルな加速と髙効率を実現するモーター兼発電機のBSGをメルセデスで初採用しています。 また、48VテクノロジーとともにエンジンをアシストするBSGにより、アクセルを踏んだ瞬間から滑らかに立ち上がるパワーによりどこまでも気持ちいい新しい走りが体感できます。 そしてBSGはシフト時の回転合わせもアシストするのでほとんど振動を感じることのなく、シフトアップ/ダウンを実現できるそうです。 2.0ℓ直噴ターボBlue TECエンジン メルセデスの最先端のディーゼルテクノロジーを余すことなく投入しているそうです。アルミニウム製にすることで軽量化をすることに成功し、優れた燃焼効率も実現させているそうです。 また、このエンジンは最高水準のクリーン性能であると言われ、どんなときも意のままに引き出せる力強さや静かさ、長距離ドライブでもゆとりと走る歓びに満ちた上質な時間を創造させるそうです。 他にもハイパワーと環境性能を新たなレベルで両立させた3.0ℓV型6気筒直噴ツインターボエンジンなども存在し、最高出力287kW(390PS)、最大トルク520N・m(53.0kg f・m)を発生させ、高回転まで滑らかに溢れ出す強大なパワー&トルク、ドライバーの意志とひとつになったかのような素早いレスポンス、優れた環境性能を実現させることができるそうです。
 (49004)

また、9G-TRONICによって滑らかで素早い変速を実現させています。
 (49006)

そして、C 180 アバンギャルドのAMGライン仕様にはアダプティブダンピングシステム(電子制御ダンパー)付コイルサスペンションを搭載。さら にスポーツダイレクトステアリングシステムも採用しています。 快適性を極めた「Comfort」に、ドライバーの心と直結したかのような一体感を極めたダイナミックなドライビングが愉しめる「Sport+」など個性豊かなモードが選べるそうです。
 (49008)

グレードによる燃費

C180:14.3km/L
C200 AVANTGARDE:13.6km/L
C220 d AVANTGARDE:18.9km/L
C200 Exclusive Beige Limited:14.2km/L

まとめ

「Cクラス」のなかでもグレードによって燃費が大きく異なることも分かっていただけたかと思います。そして評価の面からも走行性能や基本性能、安全性においては良いです。 座り心地は少し硬いようですがすぐに慣れるそうで、上級感溢れる室内空間で愉しく落ち着いた時間を過ごすこともすぐにできるそうです。 また、最新テクノロジー搭載のCOMANDシステムによってテザリング機能やスピーディーなインターネット検索機能、詳細な情報表示によるわかりやすいルート案内のナビゲーションなどパワフルな進化を遂げた操作性を実感できるそうです。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。