2019年2月23日 更新

Pick upが世界では人気、海外/国産メーカーの新型が続々と!

日本と違い、世界ではピックアップの人気や需要が非常に高い状況です。さらに米国・欧州・アフリカでは、ピックアップの販売も伸びていますね。一方日本でも、トヨタハイラックスなどピックアップを再販売してます。新型ピックアップをズラッとご紹介していきます。

Pick upが世界では人気、海外/国産メーカーの新型が続々と!

新型Toyota Tacomaについて

トヨタタコマは、中型ピックアップをリードする存在として販売され続けています。同車は、約14年米国で販売されています。今回2019年シカゴモーターショーで、2020年モデルが発表され、歴代タコマの中で、史上最高の装備内容となり登場する予定です。

タコマには、6つのグレードがあります。基本グレードから色々なバリエーションを選択し、30以上の構成が可能になっています。

エクステリアでは、新しいフロントグリルを採用しているのがポイントです。ホイールデザインもグレードによって、再デザインされ装備されています。
https://www.netcarshow.com/ (55693)

via https://www.netcarshow.com/
内装では、SR5以上のグレードで10ウェイパワーシートが標準装備されて、ユーザーの好む快適さを追加しています。マルチメディアシステムは、Android Auto、Apple CarPlay、およびAmazon Alexaに互換性のあるシステムにアップデートされています。SRグレードでは、7インチスクリーンでSR5以上では、8インチスクリーン仕様です。

グレード展開
・SR
・SR5
・TRD Off-Road
・Limited
・TRD Pro
グレードによって、16インチホイールから18インチホイールが採用され、LEDヘッドランプやTRDパーツの装備が行われています。

タコマのパワートレインは、2700㏄直列4気筒エンジン(159ps)と3500ccV6型エンジン(278ps)の2種類が採用されています。組み合わされるミッションは、6速オートマと6速マニュアルです。

https://www.netcarshow.com/ (55694)

via https://www.netcarshow.com/

新型Ford Ranger Wildtrakについて

フォードレンジャーは、ヨーロッパで人気のピックアップです。ヨーロッパユーザーの声から、モアパワー、燃費向上に、運転支援技術を提供できるようにアップデートして登場します。

フォードでは、新開発した2000ccディーゼルエンジン(213ps)をレンジャーで初搭載します。現行型の3200ccディーゼルエンジンと比較して、13psの出力増加を達成したパワートレインです。このほか、130ps・170psのエンジンもラインアップします。

さらに組み合わされるミッションは、新開発10速オートマを採用し、燃費向上にも繋がっています。レギュラーキャブ、スーパーキャブ、ダブルキャブのボディスタイルがあり、標準で4WDが基本モデルです。

安全装備では、歩行者検知とインテリジェントスピードリミッターを標準装備したプリコリジョンアシスト機能を新採用しています。

https://www.netcarshow.com/ (55696)

via https://www.netcarshow.com/
エクステリアデザインでは、衣装変更されたフロントバンパーデザインと新グリルが、新型をアピールする存在です。グレードにより、プレミアムキセノンヘッドランプとLEDデイタイムランニングライトが標準装備されています。

フォードレンジャーワイルドトラックは、エクステリアカラーに特別色のセイバーオレンジを採用し、ダークチタンをあしらうことで、特別感を演出しています。このダーク化は、サイドミラー、ドアハンドル、サイドエアベント、そしてロードベッドレールまでグルッと一周施され、スポーティに魅せるパーツです。

同モデルの内装は、よりスポーティに見せるために、ダークサテンクロム要素をふんだんに取り入れた仕様です。さらに高級レザーシートを採用し高級感も与えられています。
https://www.netcarshow.com/ (55697)

via https://www.netcarshow.com/

新型Chevrolet Silverado HDについて

2020年シボレーシルバラードは、圧倒的なパワーとトルクが魅力なモデルです。ある意味ザ・アメリカンという車であると言えますね。Silverado HDは、作業用トラック、カスタム、LT、LTZ、ハイカントリーの5つの異なるグレード展開が行われます。

大きなキャンピングカーを軽々牽引できるほどのパワートレインは?
・6600ccのV8型ガソリンエンジン 401psの最高出力です。
・6600ccのV8型ディーゼルエンジン 450psの最高出力です。
新設計のAllisonR10スピードオートマチックトランスミッションが、組み合わされています。

https://www.netcarshow.com/ (55702)

via https://www.netcarshow.com/
エクステリアデザインは、各グレードでブラックグリルやクロムグリルが採用されています。また、17インチホイールから20インチホイールまで、グレードごとに標準採用されているのもポイントです。

内装では、クラス最高峰のレッグ空間を特徴とし、全体的に快適で広い空間を確保しています。仕事や遊びに特化した車内空間ですね。

https://www.netcarshow.com/ (55699)

via https://www.netcarshow.com/

新型Ford F-Series Super Dutyについて

フォードFシリーズは、シボレー同様にザ・アメリカンと言えるモデルです。フォードFシリーズスーパーデューティの2020モデルでは、パワートレインの変更が行われています。

・新開発7300ccV8型ガソリンエンジン
・6700ccV8型ディーゼルエンジン
・6200ccV8型ガソリンエンジン(通常モデル)

新開発の7300ccガソリンエンジンと第三世代6700ccエンジン(低騒音&適正燃焼)は、新開発された10速オートマを搭載しています。
https://www.netcarshow.com/ (55700)

via https://www.netcarshow.com/
エクステリアでは、高負荷の中でも問題なく走行できるように、フロント周りを再設計しています。特にフロントバンパーとエアダムは、冷却性能をアップした仕様です。LEDヘッドランプは、内部モジュールを改良しパフォーマンスアップしています。

このFシリーズスーパーデューティは、社内で最も厳しいテストを繰り返し行い、製品化しているモデルです。過酷な環境をクリアして登場するということでしょう!

https://www.netcarshow.com/ (55701)

via https://www.netcarshow.com/

Ram 1500Classic Warlockについて

ラム1500クラシックウォーロックは、1970年代に販売されていたウォーロックピックアップをモチーフに企画されモデルです。

同モデルは、大胆なRAM文字のブラックグリル、20インチのセミグロスブラックアルミホイール、前後にパウダーコートのバンパーを特別装備しています。

さらにLEDフォグランプ、ダークベゼル付きプロジェクターヘッドランプ、LEDリアテールランプ、ブラックバッジ、牽引フック、ユニークなフードデカール、ヘビーデューティーリアショックを装備しています。

3600㏄V6型エンジン(305ps)と5700ccV8型エンジン(395ps)の2種類がラインアップされています。組み合わされるミッションは、8速オートマです。ラムのピックアップは、パワートレイン的には、中型と大型ピックアップの中間に位置する存在ですね。
https://www.netcarshow.com/ (55906)

via https://www.netcarshow.com/
内装では、ディーゼルグレーカラーのシートに、革巻きステアリング、動調光式バックミラー、オーバーヘッドコンソール、7インチクラスターディスプレイ、LED照明が装備されています。オプションで、8.4インチタッチスクリーン、ブラックサイドステップなども装備可能です。

ラム1500クラシックウォーロックのエクステリアカラーは
ブルーストリーク、ブライトシルバーメタリック、ブライトホワイト、ダイアモンドブラック、デルモニコレッド、フレームレッド、グラニットクリスタルメタリック、マキシマムスチール、パールホワイト、トゥーブルーからチョイスできます。
https://www.netcarshow.com/ (55907)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

世界的にピックアップトラックの需要は、どんどん高まっていますね。ミドルクラスからビッククラス(ヘビーデューティ)まで、新型や2020年モデルが続々登場しそうです。

日本でもピックアップの再登場等が行われ、国内ピックアップの需要を伸ばしていく動きが見られますね。今回は、新型発表された各モデルを、一挙にご紹介してます。今後のピックアップ動向が楽しみです。
27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me