2018年6月28日 更新

ドイツで、コネクテッドカーをトラックに応用する「プラトーニング」プロジェクト

世界の様々な業界に押し寄せるインターネットの波ですが、トラック業界も例外では無いようです。一般車の世界で唱えられているコネクテッドカーを、トラックにも導入してはどうかという動きがドイツにあるのです。コネクテッドカーは自動運転や安全性の向上、車両管理や走行管理等に効果があるとされていますが、トラックの場合、集団で走行させる事で、環境への負荷が低下すると期待されています。

ドイツで、コネクテッドカーをトラックに応用する「プラトーニング」プロジェクト

「プラトーニング」プロジェクト

オートモービル・ワールドというサイトが報じています(2018年6月25日付け)。

まずは、YouTubeのデモ映像を見てみましょう。

MAN Platooning

「プラトーニング」では、運転支援テクノロジーと制御システムによってサポートされたトラックを、高速道路上で最低でも2台走行させます。 相互の車両は「ドローバー」と呼ばれる通信システムでリンクされ、前方のトラックが速度や方向を設定し、後続トラックがそれに従いながら走行します。

プロジェクトに参加しているのは、MAN(エム・アー・エヌ)というフォルクスワーゲン系の企業と、DBシェンカーというドイツ鉄道(ドイチェバーン)傘下の物流会社。目下、ミュンヘン近郊のノイファールンのDBシェンカーの支社から、A9デジタル運転試験場を経由して、トラックを集団でニュルンベルグに向かわせるという運転が行われています。

ドイチェバーンで貨物担当役員を務めるアレクサンデル・ドール氏は「集団トラックの初の運用は、ロジスティクス市場の新たな基準となるだろう。そこでは弊社のお客様が、最初の、そして最大の恩恵を受けるのだ」と、意義を強調しています。

同社は、鉄道貨物だけでなく、陸運や海運業も手がけています。「集団走行プロジェクトでは、自律的かつネットワーク化された運転の分野で先駆的な役割を拡大しつつある」と、デジタル・テクノロジー担当役員のサビーナ・エスケ氏。

一方、MANでは「テクノロジーを使うというだけではなく、ロジスティクスのチェーンに効果的に組み込もうとしているのだ。共同プロジェクトによって、商業自動車の自動運転化やデジタル化で弊社は主導的な役割を演じるだろう」(ヨアヒム・ドリース・MANトラック&バスAG社CEO)との思いがあるそうです。

ドライバーの健康への影響も追跡調査

25日から定期的なテストを開始。走行距離は145キロです。荷物を積載しない状態で、8月初頭まで続ける予定で、それ以降は毎日3つのルートで定期的な積載走行を行っていきます。なお、荷物は機械の部品や飲料水や紙だとのことです。

テストでは、システムの安全性や燃料消費、高速道路でのスペース確保など、集団走行によるロジスティクスのテクノロジーを最適化を目指しています。

そうなると気になるのが、運転手の存在。新しいテクノロジーの導入により、心理的・神経生理学的な影響があるだろうとされており、地元のフレゼニウス大学で関連研究が行われる予定です。

「交通・輸送システムのデジタル化によって、トラック業界に従事する人達に全く新しい要求が提示されている。 我々の研究が、他のデジタル化されたヒューマンマシン・インターフェイスの理解や設計に役立つことを願う」と、同大学のコンプレックス・ヘルス・リサーチ担当ディレクターを務めるクリスチャン・ハース博士は語っています。

まとめ:地球に優しい自動交通という未来へ

Traffic City Street Urban · Free photo on Pixabay (34477)

なお、このプロジェクトは、ドイツの運輸省の肝いり。200万ユーロを投入しています。

アンドレアス・シェーア運輸相は、

「先見的な研究プロジェクトであり、交通を自動化させる、ネットワーク化された未来の開始を告げるものだ。 明日の技術を現在の道路に持ち込み、人とマシン、と運搬物のインテリジェントな相互作用を検証していく。 トラックから顧客に配達するロジスティクスのプロセスは、より安全かつ効率的で、環境に優しいものになる。 そして、トラックの運転手は、デジタル・トラックの物流スペシャリストになれるだろう」

と、意気込みを語っています。

実際、YouTubeのデモ映像を見ると、集団で走行させた場合、二台目以降のトラックの空気抵抗が低下します。その分燃料を消費しないで走らずに済みますし、排気ガスや二酸化炭素の排出も抑えられる。

つまり、環境に優しくなるという訳です。気合が入るのも分かりますね。先行きが注目されます。

出典:https://www.automotiveworld.com/news-releases/man-platooning-logistics-industry-worlds-first-practical-use-networked-truck-convoys-germany/
9 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takosaburou373 takosaburou373