2019年10月31日 更新

SUBARUが新型「レヴォーグ」プロトタイプを世界初公開!

「レヴォーグ」は、SUBARUのステーションワゴンとして2014年から販売されているモデルです。今回公開される新型「レヴォーグ」プロトタイプは、どのような進化を遂げたのか、その詳細を紹介していきます。

SUBARUが新型「レヴォーグ」プロトタイプを世界初公開!

現行「レヴォーグ」の概要

レヴォーグ | SUBARU (68622)

SUBARUの「レヴォーグ」は、いまや貴重なステーションワゴンのスポーツモデルです。
エクステリアは、ルーフ後端を低く抑えたシルエットと、スバルのモチーフである「ヘキサゴングリル」や「ホークアイヘッドランプ」を採用しています。
インテリアは、ピアノブラック調パネルを中心に、金属調アクセントやメッキパーツを要所に採用し、ステアリングには、Dシェイプステアリングを採用しています。

エンジンは直噴ターボを搭載し、新開発の1.6Lエンジン「FB16」型の最高出力/最大トルクはそれぞれ、125kW (170PS)と250N・m (25.5kgf・m)になっており、レギュラーガソリン仕様としています。また、2.0Lエンジンの「FA20」型は221kW (300PS)の最高出力と、400N・m (40.8kgf・m)の最大トルクをもっています。
トランスミッションは無段変速機「リニアトロニック(マニュアルモード付)」を採用しています。特に2.0L車用は高出力に対応した「スポーツリニアトロニック(マニュアルモード付)」を搭載し、「SI-DRIVE」の「S#」モードを選択時は、通常時の6段変速から8段クロスレシオ変速に切り替わる制御を採用しています。
駆動方式は、AWDのみになっています。1.6L車には、前60:後40のトルク配分を基本に、路面や走行状況に応じて前後輪のトルク配分をコントロールする「アクティブトルクスプリットAWD」(電子制御AWD)を、また、2.0L車には前45:後55と後輪へのトルク配分を増やした「VTD-AWD」(不等&可変トルク配分電子制御AWD)をそれぞれ採用しています。

新型「レヴォーグ」プロトタイプの詳細

株式会社SUBARU ニュースリリース (68587)

デザイン

新型「レヴォーグ」プロトタイプのデザインには、SUBARUのデザインフィロソフィーである「Dynamic × Solid」を深化させ、それぞれのクルマが持つ価値をより大胆に際立たせる新デザインコンセプト「BOLDER」が採用されています。「意のままにクルマをコントロールする愉しさ」そして「今まで経験したことのない新たなアクティビティに向かって大胆にチャレンジしてほしい」という気持ちがデザインに強く込められています。

走行性能

新型「レヴォーグ」プロトタイプには、第4世代となる新開発のBOXERターボエンジンにリーン(希薄)燃焼技術を採用し、加速性能と環境性能を高次元で両立しています。豊かなトルクによるストレスのない質感高い走りを実現しました。
また、2016年発表の第5世代「インプレッサ」から採用している「SUBARU GLOBAL PLATFORM(SGP)」に、高剛性化に寄与する「フルインナーフレーム構造」を採用することで、「SGP」の大幅な進化を実現しました。意のままに操れる自在性と質感高い走りを実現し、乗る人すべてが心から気持ち良いと思える運転の愉しさを提供します。

先進安全機能

新型「レヴォーグ」プロトタイプには、新開発の「新世代アイサイト」が採用されています。広角化した新開発ステレオカメラと前後あわせて4つのレーダーによる360 ゚センシングによって、見通しの悪い交差点での出合い頭や右左折時まで、プリクラッシュブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)の作動範囲を拡大しました。
また、新開発の「高精度マップ&ロケーター」を採用しており、GPSと準天頂衛星「みちびき」を介してロケーターが自車位置を正確に特定し、高精度マップで高速道路形状をクルマが把握することで、カーブ前減速や渋滞時のハンズオフ走行支援を実現しました。
さらに、SUBARU国内初採用の「コネクティッドサービス」を搭載しており、“つながる安全”として、万が一の衝突事故時にクルマから自動で緊急通報を発信します。オペレーターにより消防や警察に救援を要請するとともに協力病院とも連携することで、迅速な救命活動につなげる先進の救急自動通報システムを採用しています。また、ドライバーが体調不良に陥るなどの緊急時には、ボタンひとつでオペレーターにつながるSOSコール機能も搭載しまています。

まとめ

今回は、第46回東京モーターショー2019において世界初公開されている、新型「レヴォーグ」プロトタイプの詳細を紹介してきました。新世代アイサイトや新開発水平対向エンジンを搭載し、さらにクルマとしての性能が向上した新型「レヴォーグ」はとても魅力的なモデルになるに違いありません。ちなみに、新型「レヴォーグ」プロトタイプの市販モデルは、2020年後半に日本市場で発売を予定しているとのことです。
東京モーターショーの一般公開日は、10月25日(金)~11月4日(月・祝)になっているので、気になられた方は是非一度足を運んで、実車を拝見してみてはいかがでしょうか?
13 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi