マツダのロードスター30周年記念車が4月5日より商談受付開始!このモデルの詳細を紹介します!

ロードスターが誕生30周年を迎えて今年台数限定の記念モデルを販売します。その商談受付が開始するということで、購入する方に向けて詳細を紹介していきます。

2つのロードスター30周年記念車

マツダ|ROADSTER 30th ANNIVERSARY|マツダのクルマづくり (57972)

今回発売するロードスター30周年記念モデルには2つのルーフタイプの特別仕様車が設定されています。
写真左側のモデルがソフトトップモデルの「ロードスター」になっており、文字通りルーフトップは手軽にパッと開け閉め出来る仕様で、従来のオープンカーらしい仕様になっています。
写真右側のモデルがリトラクタブルハードトップモデルの「ロードスターRF」になっており、電動で気軽に開閉でき、これまでにない美しいシルエットをもつルーフを備えています。
世界3,000台限定の特別仕様車であり、国内での販売は2つのモデルを合わせて150台限定で販売する予定になっているみたいです。

ロードスター30周年記念モデルの特別仕様

ボディカラーはレーシングオレンジの一色のみとなっており、特別仕様車カラーになっています。
ホイールはRAYS社製鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)が装備されており、30TH ANNIVERSARY 刻印入りとなっています。
“30TH ANNIVERSARY”オーナメント(シリアルナンバー付)が装着されており、特別感を感じさせてくれます。
シートは RECARO社製シートを採用し、スポーティーさを際立たせてくれます。
ダンパーは BILSTEIN社製ダンパーを採用し、こちらはMT車のみの設定となります。
フロントブレーキキャリパーにはBrembo社製を、リアブレーキキャリパーにはNISSIN社製を採用し、ともにオレンジ塗装が施されています。
音響にはBose®サウンドシステム(AUDIOPILOT™2)+9スピーカーを採用し、よりドライブの楽しさを高めてくれます。
アルカンターラ®をドアトリムやインパネ、シート表皮に採用し、特別仕様車としての高級感もしっかりと演出してくれます。

ロードスター30周年記念モデルの価格

ロードスター30周年記念モデルの価格は、
ソフトトップ「ロードスター」が3,682,800円~となっており、MT車のみの販売となっています。
リトラクタブルハードトップ「ロードスターRF」がAT車が4,260,600円~、MT車が4,303,800円~となっています。 搭載されているエンジンもモデルによって異なっており、ソフトトップモデルではSKYACTIV-G 1.5、リトラクタブルハードトップモデルではSKYACTIV-G 2.0になっています。そのため価格もリトラクタブルハードトップモデルの方が価格は高くなりますが、記念すべき30周年記念モデルのロードスターをこの価格で購入できるのは嬉しいですね。

商談予約の受付期間

ロードスター30周年記念モデルの商談予約はウェブページのみでの受付になります。応募多数の場合は抽選を予定しており、 ウェブ商談予約受付の当選後、店頭でのご契約が必要となります。 ソフトトップ「ロードスター」は、4月5日(金)~4月15日(月)
リトラクタブルハードトップ「ロードスターRF」は、5月27日(月)~6月10日(月)
になっています。
モデルによって受付期間が異なるので注意して下さい。 下記のリンクが受付ウェブページとなっています。

まとめ

今回はマツダのロードスター30周年記念モデルである特別仕様車の詳細を紹介してきました。
2つのタイプから選択することができ、どちらも魅力的なモデルになっているロードスター30周年記念モデルは、所有する歓びと走る歓びを与えてくれるモデルになっています。
気になられた方は受付ウェブページで商談予約をして、さらに詳しい内容を聞かれることをオススメします。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。