2019年10月14日 更新

トヨタが新型「グランエース」を初披露、広々空間が魅力的!

トヨタが、新型フルサイズワゴンとして、グランエースを初公開しました。上質な乗り心地に、広々した空間に仕上がっていそうです。同モデルのエクステリアや内装、パワートレイン等をご紹介します。

トヨタが新型「グランエース」を初披露、広々空間が魅力的!

トヨタ 新型「グランエース」の概要等

トヨタは、新型車グランエースを、全国のトヨタ車両販売店を通じて、2019年内に発売予定としていることを公開しました。

販売開始に先立って、2019年10月24日(木)から11月4日(月・休)までの12日間開催される第46回東京モーターショー2019にて、「OPEN FUTURE」をテーマワードとして参加するトヨタ車体株式会社(愛知県刈谷市 社長 増井敬二以下、トヨタ車体)ブースにて、同モデルを初披露することを発表しました。

グランエースというモデル名は、スペイン語で「大きな/偉大な」を意味する「GRAN」と、英語で「第1人者・優れた者」を意味する「ACE」を組み合わせた造語から名づけられています。

新型車グランエースは、上質かつ快適な移動空間として、全長5.3m、全幅1.97mのワイドなサイズを活かした圧倒的な存在感となるフルサイズワゴンです。セミボンネットのパッケージを採用し安全面も向上させて、3列シート6人乗りと4列シート8人乗りの2タイプが用意されます。上質な乗り心地や優れた操縦安定性を兼ね備えた高い基本性能と、ゆとりの室内空間が最大の特長ですね。

 (67465)

トヨタ 新型「グランエース」のエクステリア等

メタル調装飾の大型ラジエーターグリルをヘッドランプと融合させることで、上下、左右の両方向にディテールを張り出させ、華やかで、押し出し感の強いフロントフェイスに仕上げています。グリルと連動しヘッドランプに突き刺さる特徴的なLEDデイタイムランニングランプとクロム装飾フレームで、プロジェクター式2眼LEDヘッドランプが高級車に相応しい先進性と高級感を演出しています。

サイドは、延びのあるフルサイズワゴンというディテールに仕上げています。スクエアな雰囲気ですが、ボンネットが存在することで高級感を強調するサイドビューですね。

リアは、完全にスクエアな印象です。外から見ても中の居住空間がかなり広いのではないかと想像できますね。テールランプは、L時に大きく特徴的なデザインに仕上げ、センターガーニッシュのメタル調が高級感をかもし出しています。
 (67466)

トヨタ 新型「グランエース」のサイズ感等

全長×全幅×全高(mm)=5,300×1,970×1,990㎜(社内測定値)
ホイールベース(mm)=3,210(社内測定値)
トレッド フロント/リヤ(mm)=1,670/1,670(社内測定値)
室内長×室内幅×室内高(mm)=3,290×1,735×1,290(社内測定値)
エンジン型式=1GD(クリーンディーゼル)
排気量(cc)=2,754

ボディサイズを見てみてもかなり大きいサイジングになっていることが想像できますね。室内の広さもボンネットがあるモデルになっても、かなり広々な仕様になっているのではないでしょうか。
 (67467)

トヨタ 新型「グランエース」の内装等

ブラック基調としたインストルメントパネルは、エアコン吹き出し部にメタル調装飾を施し、助手席正面に木目調装飾を配したことで華やかさを表現しています。メーターフードには、表皮巻きと本ステッチを施した上質な仕様です。

先進のディスプレイオーディオ(DA)を採用したことで、SDLなどのスマートフォン連携機能などができ、スマートフォンで普段利用している地図アプリや音楽アプリなどをディスプレイ上で表示・操作することが可能になっています。

安全装備では、歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を搭載しています。駐車場など低速走行時における衝突緩和、被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー「パーキングサポートブレーキ(静止物)」などの安全・安心をサポートする装備も充実させています。


 (67468)

3列6人乗りと、4列8人乗りのタイプが設定される予定です。ユーザーの多様なニーズに応じて、選択可能なセカンドシートならびにサードシートの4席には、ゆったりとくつろげる専用の本革キャプテンシートが採用されています。

おもてなしの空間として、上質な移動を提供できるモデルになっていますね。座り心地の良さだけでなく、ロングスライド機構やオットマン機構などを装備したことで、快適性や利便性の良さも追求しています。

後席の乗員を包み込むように、フロントシート背面からサイドトリムに向かって配した木目調装飾は、落ち着きの空間を表現しています。この装飾に沿って優しく灯されるLEDサイドカラーイルミネーションは、華やかさと落ち着きのある上質感をさらにアップさせた仕様ですね。

 (67469)

トヨタ 新型「グランエース」のパワートレイン等

グランエースは、FRレイアウトを採用しています。1GD 2800㏄クリーンディーゼルエンジンと6速オートマチックトランスミッションを搭載し、滑らかさに、低回転からトルクフルな走行を可能にしています。

このディーゼルユニットは、世界初のTSWINを取り入れた次世代高断熱ディーゼル燃焼や小型高効率可変ジオメトリーターボチャージャーを採用したことで、世界トップレベルの熱効率44%を達成し、燃費に、発進トルクや加速レスポンスなどの大幅な向上が図られたエンジンです。


リヤの足回りには新開発トレーリングリンク車軸式リヤサスペンションを搭載しています。環状骨格構造採用などボディ剛性の高さと融合して、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現しています。徹底した振動、遮音対策などを施すことで、様々な道路環境でも高級ワゴンにふさわしい心地よい静粛性を追求した作りです。
 (67475)

まとめ

トヨタから「グランエース」の初公開が行われることが発表されました。先進クリーンディーゼルを搭載し、最大8人がゆとりのあるシートで移動できるモデルに仕上がっていそうです。同モデルは、東京モーターショー2019でも展示されるとのことなので、今後は販売開始に向けて車両価格等などが気になるところですね。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me