ダイハツが東京モーターショー2019の出展概要等を発表!

ダイハツは、10/24から開催される東京モーターショー2019の開催概要を発表しました。ユーザーの暮らしがあたたかく、楽しくなるようなコンセプトカーが多数用意されていそうです。開催概要や展示モデル等をご紹介します。

ダイハツ 東京モーターショー2019の出展概要等

ダイハツ工業(株)「以下、ダイハツ」は、10月24日(木)から11月4日(月)に、東京お台場エリアで開催される第46回東京モーターショーにて、ワールドプレミアとなる4台のコンセプトカーを出展することを発表しました。 ダイハツブースでは、「つどい ~みんなの暮らしをあたたかく~」をコンセプトテーマに、人々や日本の各地域がダイハツのクルマをきっかけに、元気になっていく「あたたかな未来の暮らし」を、ブース全体で表現していく予定です。 すべての来場者が楽しめるモーターショー展示となるように、ブース内外での子供向けコンテンツも予定しています。ブース内には、キッズコーナーを設け、塗り絵体験などが実施されます。ブース外では、モーターショーで初めてとなる子供向け職業体験施設「キッザニア」とのコラボレーションエリアを企画し、クルマを組み立てる仕事を体験できるコンテンツエリアも用意されています。 ワールドプレミアとなる4台のコンセプトカーは、それぞれが暮らしの中で使われているシーンや、ユーザーの気持ちをイメージして「IcoIco」・「TsumuTsumu」・「WaiWai」・「WakuWaku」とネーミングしています。 「IcoIco」は、自動運転によりファーストワンマイルやラストワンマイルでの活躍を目指した「パブリックトランスポーター」です。「TsumuTsumu」は、コンパクトながら、ビッグキャビンと使い勝手の良い大きな荷台を両立させた「次世代軽トラック」のコンセプトカーになるように、将来日本の暮らしを支えるモビリティをイメージしています。 「WaiWai」は、心地よい広さのジャストサイズミニバンとして企画されています。「WakuWaku」は、軽SUVのコンセプトカーとして、クルマ本来の楽しさを大切にしたダイハツらしいスモールカーに仕上げています。
 (67488)

「IcoIco(イコイコ)&Nipote(ニポテ)」

「IcoIco(イコイコ)&Nipote(ニポテ)」の企画コンセプトは、“パブリックトランスポーター”です。自らの意思で移動することをサポートし、ファースト/ラストワンマイルでの活用を目指した自動運転タイプのパブリックトランスポーターに仕上げています。 特徴
・クルマ椅子や大きな荷物を持った旅行者など、みんなの乗り降りを考慮して、格納式のスロープを搭載しています。
・自宅や目的地の前などで、細い道でも移動可能な車両サイズで、ファースト/ラストワンマイルでの活用を目指しています。
・付属のお世話ロボット「ニポテ」に話しかけることで、移動に関わる生活をアシストしてくれる仕組みです。
 (67484)

「TsumuTsumu(ツムツム)」

「TsumuTsumu(ツムツム)」は、“多用途に対応する次世代軽トラック”として企画されています。抜群の乗降性を持つビッグキャビン仕様と、広い荷台を両立させ、用途に合わせて荷台を換装することで、多くの「コト」に対応したモデルです。 特徴
・荷台の長さを従来同等としながらも、キャビン内を広く使える様に、新しいレイアウトを提案しています。
・新発想のドア開口によって、抜群の乗降性を実現させています。
・従来の軽トラックの使い方だけでなく、農業用ドローン基地や、個室空間など軽トラックの使い方の幅が一層広がる換装可能な荷台を設定しています。
 (67485)

「WaiWai(ワイワイ)」

「WaiWai(ワイワイ)」は、“心地よい広さのジャストサイズミニバン”として登場しています。みんなで楽しく出かけたくなる開放感あふれる室内空間をコンセプトに仕上げています。 特徴
・3列6人乗りの小型ミニバン仕様です。
・運転しやすいコンパクトな車両サイズに仕上げ、室内は開放感のあるサンルーフ仕様です。
・従来のミニバンとは一味違う、モダンフレンドリーなデザインに仕上げています。
 (67486)

「WakuWaku(ワクワク)」

「WakuWaku(ワクワク)」は、その名の通り“遊びの世界を広げる軽クロスオーバー”として企画されています。好きな荷物を積んで、どこまでも行きたくなる、一番身近なサイズのK-SUVとして提案されています。 特徴
・使い倒せる荷室空間とルーフラゲージを装備しています。
・頼 れる骨太な印象の内外装デザインで、タフに使用できる雰囲気に仕上げています。
 (67487)

ダイハツは、「第6回 国際 次世代農業EXPO」の共同開発も発表

株式会社ナイルワークス(以下、ナイルワークス)と、ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、2019年10月9日(水)~11 日(金)、幕張メッセ(千葉県千葉市)にて開催される「第6回 国際 次世代農業 EXPO」のナイルワークスブースにて、共同開発を進めている農業用ドローン発着ポート搭載車両を参考出展しています。 農業用ドローン発着ポート搭載車両は、ドローンを搭載して農地に向かい、軽トラックから地面に降ろさずに、ドローンを発着させ、農薬散布や生育診断を行うことを想定して企画されています。軽トラックからのドローンの積み降ろしが不要となるなど、作業負担の軽減に加え、一人での作業が可能になることで、人員面での負担軽減を担うことを目標にしていますね。 今回の共同開発では、発着ポートの設計をダイハツが担当し、ドローンが確実に発着できるシステム制御開発や農地での飛行評価をナイルワークスが担当することで、実用化に向けて開発が進行しているとの事です。この他にも、両社は、それぞれの得意分野を生かして、農家のお役に立てることを目指していき、様々な商品化への検討を開始しているとの事です。 ダイハツは、東京モーターショー2019以外でも、「ユーザーがコレがあったら良いな」を幅広く推進しているのではないでしょうか。現在の多様性にあわせた商品作りは、筆者も非常に感銘を受けますね。
 (67498)

まとめ

ダイハツが、東京モーターショー2019の出展概要等を公開しました。4つのコンセプトを持ったモデルをラインアップさせることで、未来のダイハツを表現していきそうですね。東京モーターショー開催が楽しみです。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。