2019年4月30日 更新

トヨタが、ハイラックス 2019スペシャルエディションを欧州で発表!

トヨタが、ハイラックス 2019スペシャルエディションをヨーロッパで発表しました。ピックアップは、海外で大人気の車種です。これからもトヨタでは、ピックアップをさらに進化させていくでしょう。同モデルのエクステリアや内装等をご紹介していきます。

トヨタが、ハイラックス 2019スペシャルエディションを欧州で発表!

トヨタ ハイラックス 2019スペシャルエディションのエクステリア等

トヨタは、英国のバーミンガムで開催の2019年4月30日の商用車ショーにて、新しいハイラックス 2019スペシャルエディションを発表しました。

エクステリアでは、ブラックとダークグレーで仕上げられたオーダーメイドの外装部品が特徴的ですね。この装飾カラーは、フロントアッパーグリルサラウンド、フォグランプベゼルとアンダーラン、ドアとテールゲートハンドル、ドアミラーカバーとリアバンパーコーナーを含み、グルッと一周しています。

西ヨーロッパモデルは、ツートーン加工された18インチの合金ホイールを採用して、東ヨーロッパモデルは、オールブラックの18インチ合金を装備しています。東西でユーザーの嗜好が、若干違っているということでしょう。
https://www.netcarshow.com/ (59432)

via https://www.netcarshow.com/
ハイラックス 2019 Special Editionは、ブラックとグレーの装飾を前身に散りばめることで、強靭さとシャープな印象を与えています。ヨーロッパ市場でさらにハイラックスを印象つけるために、こういった仕様に仕上げているのでしょう。リア部分もバンパーにブラックとグレーをあしらったシックな印象です。
https://www.netcarshow.com/ (59434)

via https://www.netcarshow.com/

トヨタ ハイラックス 2019スペシャルエディションの内装等

ハイラックス スペシャルエディションの内装は、エクステリアに併せて、すべて黒のインテリアに仕上げています。ブラックの中にクロムインストルメントパネルを使用して高級感をアップさせています。ダッシュボードとドアトリム、さらにはハンドルとシフトにピアノブラックカラーが施されています。

メーターパネルは、ホワイトパネル仕様で、イグニッションオンになった時に、同モデル専用のハイラックス 2019 Special Editionシグネイチャーアニメーションが表示されます。

ハイラックス2019 Special Editionの内装は、完全にブラック化されていますね。シートカラーもブラック、Aピラー・Bピラー・Cピラー部までブラック基調となっています。ここまでブラック化されると、シックさよりもスパルタンな印象へアップグレードさせているのではないでしょうか。
https://www.netcarshow.com/ (59435)

via https://www.netcarshow.com/
リアでは、簡単な操作でチップアップできる6:4分割のシートクッションが装備されています。別々に座面を跳ね上げられるので、乗車人数や荷物に合わせたシートアレンジが可能になっています。ピックアップトラックでも、リアの居住性を犠牲にしないことと、シートアレンジが豊富にすることで、利便性をアップさせています。
https://www.netcarshow.com/ (59436)

via https://www.netcarshow.com/

トヨタ ハイラックス 2019スペシャルエディションのパワートレイン等

トヨタ ハイラックス 2019スペシャルエディションの予想パワートレイン。

2400㏄直列4気筒ディーゼルエンジンをヨーロッパでは採用されていますので、同じユニットを同モデルでも採用しているでしょう。最高出力は、150psです。可変ノズル式ターボチャージャー、空冷式インタークーラー、コモンレール式燃料噴射システムなどを採用し、強大なトルクを実感できるパワートレインと言えますね。

このパワートレイン最大のポイントは、低速域から力強さを発揮し、高速まで伸びやかなパワートなっている点です。DPR(排出ガス浄化装置)や尿素SCRシステムなどを装備していることで、環境保全に必要不可欠な排出ガスをクリーン化しています。さらにフリクションの低減などにより燃費を向上させたディーゼルエンジンです。

組み合わされるミッションは、パワーを余すところなく駆動輪に伝えることが出来る6速オートマチックトランスミッションです。駆動力統合制御システムDRAMSや、ブリッピングダウンシフト制御の搭載で、滑らかでスムーズな変速フィーリングを実現しています。

マニュアル感覚のシフトチェンジが楽しめるシーケンシャルシフトマチックを装備しています。ダイナミックな走りをもたらすパワーモードや、環境に優しい走りのエコモードなど、状況や気分に合わせて走行モードをセレクトできます。
https://www.netcarshow.com/ (59437)

via https://www.netcarshow.com/
安全装備面では、
トヨタSafety Senseアクティブセーフティテクノロジーを装備しています。この安全装備は、全グレードで利用可能です。
・プリコリジョンシステム(PCS)は、日中および夜間の歩行者検出および昼間のサイクリスト検出です。
・高速レンジアダプティブクルーズコントロール(ACC)は、ブレーキ誘導ステアリング機能です。
・道路標識アシスト(RSA)
・車線逸脱警報(LDA)
が含まれています。ハイラックスは、油圧パワーステアリングを装備しており、車線ライン補正は、前後左右に別々にブレーキをかけることによって操作されるシステムです。
 (59804)

まとめ

トヨタは、ハイラックス 2019スペシャルエディションを4/30にヨーロッパで発表しました。同ハイラックスは、2019年8月からヨーロッパ全域で販売スタートする予定です。海外では、ピックアップの需要が非常に高いです。この需要に併せてハイラックスも、これからドンドン進化していくことでしょう。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me