2018年12月4日 更新

レクサスUX販売開始と同時にTRDやモデリスタなどの専用エアロパーツが登場

11/27からレクサスUXの販売が開始されました。この販売開始にあわせるように、TRDやモデリスタからエアロパーツや機能パーツの設定が開始されました。新型レクサスUXの特徴と、追加設定のパーツに関して調査してみます。

レクサスUX販売開始と同時にTRDやモデリスタなどの専用エアロパーツが登場

新型車レクサスUXってどんなクルマ?

UX DrivingMovie

コンセプトは、都会派コンパクトクロスオーバー。

大胆且つエレガントなエクステリアデザインに仕上げて、無駄のないスムーズな加速フィーリングと、気持ちよく都会を走り抜けるドライビングフィールを目的に開発されたモデル。

エクステリアデザインのキーワードは、Creative Urban Explorer。レクサスの基本哲学である「二律双生」を理念からエクステリアを造形しています。頑強でありながら俊敏なパフォーマンスを予感できるようにバランスよくディテールされています。

エクステリアでは、空力性能を備えた機能美としてディテールされているのが特徴的。例えば、ホイールアーチモールは、タイヤが巻き込んだ砂利などでフェンダーが傷つかないようにする保護装備。UXでは、「風を味方にする」という思考でデザインと空力性能のベストバランスを追求し、形状をミリ単位で調整しています。

 (51526)

フロント部分の最大の特徴は、レクサスのシグネイチャーデザインとなるスピンドルグリル。このグリルが、クロスオーバー感を連想できるようにデザインされています。

リア部分では、空力性能を高めたエアロスタビライジングブレードライトが採用されています。継ぎ目なく発光するシャープかつワイドな光が、レクサスのシグネイチャーを強調し、縦フィン形状にすることで整流効果を生み出し、走行安定性に貢献もしています。

パワートレインは、2000ccエンジンモデル及び2000cc+ハイブリッドモデルの2種類があります。ミッションは、グレードによりダイレクトシフトまたは、無段階CVTを採用。ハイブリッドモデルには、AWDの設定も有ります。

基本グレードのUX200が3,900,000円〜。最高グレードのUX250hのLパッケージ(AWD)で5,350,000円となっています。
 (51527)

レクサスUXのTRDエクステリアパーツ等

Aero Dynamics Controlを主眼において開発しているTRDのエアロパーツ。
エアロパーツは、一般的には視覚的効果の大きいドレスアップアイテムにみえますが、TRDでは、本来エアロパーツの目的である空気力学的な抵抗・揚力の低減、操縦安定性の向上、冷却効果増大、車体の汚れ防止などを目的としたものとして開発しています。

UX用のエアロパーツは、ユーザーのライフスタイルに新鮮な彩りを飾るために、フォトジェニックな外観が織りなすエアロパーツに仕上げています。それは風を操ることができるTRDならではの機能美として完成させてもいます。

TRDって?
トヨタ自動車直系のワークス部門となる組織が、TRD(トヨタテクノクラフト株式会社)です。2018年四月からは、TRD・モデリスタ・Jタックスは統合され、株式会社トヨタカスタマイジング&ディベロップメントになってます。

直系だから生まれるパーツ開発への信念は、品質の高さ・性能と信頼性をユーザーにもたらしています。トヨタの各モデルの正確なデータを元に開発されたパーツ類は、フィット感も抜群で、他のアフターパーツメーカーとは、別格な存在ともいえますね。
 (51520)

TRDでは、機能美を表現するエアロパーツ以外にもさまざまなチューニングパーツが、UXで設定されています。

例えば
①パフォーマンスダンパー
走行時における変形やノイズ・振動を効果的に減衰させる事により上質な走りだけでなく、操縦安定性や快適性の向上などの優れた効果をもたらすパーツ。100,000円

②18インチ鍛造アルミホイール
車種専用開発を行った軽量・高剛性の鍛造アルミホイール。高い運動性能と優雅な乗り心地に。382,000円

など、走行安定性や走行性能アップに寄与するパーツも豊富に設定されています。エアロパーツに関しては、単品の価格設定だけでなく、セット商品もお買い得価格となって販売されていますので、ユーザーのお財布にも優しいのがポイント。
 (51521)

レクサスUX モデリスタのエクステリアパーツ等

 (51522)

Primitive Cool Lightningをコンセプトワードに開発されたモデリスタエアロパーツ。

塊感のある力強いディテールと鋭く輝くメッキ装飾が、都会的でアクティブに走るUXの個性を華やかに演出されるようにデザイン。華やかなデザインは、質感やテイストをファッションとして愉しめるようにも仕上げられています。

エアロの一部分にブラックアウトされた部分があることで、力強さと3D感の陰影を強く表現していますね。モデリスタでは、フロントスポイラー・サイドスカート・リアスカート・フードモール・バックドアエアロプレートがラインアップされています。

モデリスタってどんな会社?
イタリア語で「デザイナー」という意味。Something Extraという会社理念で、あなたの「もっと」に応えることをモットーに、クルマに関するデザインとエンジニアリングのプロ集団として、お客様のライフスタイルを魅力的にするために、常に一歩先行くカスタマイズを提案し続けている企業です。

モデリスタでは、この理念に基づき、エアロパーツ、ホイール、インテリアパーツ、エクステリアアクセサリー、そしてコンプリートカーを提案しています。現在、UXでは、エアロパーツをラインアップしていますが、これ以外のパーツもこれから豊富に開発していくことが予想できますね。
 (51523)

まとめ

2018年11月27日からレクサスUX250h/200の販売がスタートしました。このモデルに同時開発していたと思われるTRDやモデリスタのパーツも登場しました。メーカー直系だからできる同時販売といえますね。

折角新モデルを購入するのであれば、ピッタリジャストフィットし、性能アップにもなる2メーカーのパーツをチョイスしてみても良いのではないでしょうか!
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me