2018年10月17日 更新

オーストラリアやアメリカで模索されるトラック専用レーン。成果やいかに?

オーストラリアやアメリカで、「高速道路のトラック専用レーン」が模索されています。渋滞を緩和したいというのが、運輸当局の狙いなのですが、インターネット上では疑問視する人が少なくありません。あるニュースサイトでは「ギャンブルだ」と言い切っているぐらい。果たして、成果や如何に?

オーストラリアやアメリカで模索されるトラック専用レーン。成果やいかに?

11月1日から実験を開始するオーストラリア

トラック専用レーンの実験が行われるオーストラリアのM1...

トラック専用レーンの実験が行われるオーストラリアのM1高速道(RMSのHPより)

オーストラリアのNBNニュースというサイトの記事を紹介します(2018年10月11日付け)。

それによると、専用レーンを設けるのは、地元でM1と呼ばれている高速道路。オーストラリアの中央海岸に位置するウォールーンガーからカリオンまでの区間の左側車線を、4.5トン以上の重量の車両にだけ開放するという実験を行うと、同国の国交省に当たるRoads and Maritime Services(RMS)が発表しています。つまり、正確にはトラックだけでなく、大型バスも対象になります。

「中央海岸からシドニーまでのM1は、1日あたり7万5000台の車両が行き交う。この専用化により、右側レーンへ出入りする大型車の安全を大きく改善することとなろう」と、RMSの広報担当者は趣旨説明しています。

確かに、高速道でのトラックの車線変更は、後続車にとってビクビクものですよね。こっちの車が小さい分、威圧感も覚えがちですし。

なお、大型車以外のドライバーがレーンを利用した場合、厳しいペナルティを科すと、RMSでは釘を差しています。

「違反ドライバーから罰金取りたいだけさ」

実験としては興味深いものがありますが、記事を読んだ地元のユーザーからは懐疑的な声が上がっています。

例えば、こんな声が。

「隠れてねずみ取りする代わりに、前みたいにパトカーを巡回させなよ。そうすれば安全が高まるだろうし。ま、この新しい法律とやらは、罰金収入を増やすだけだろうな」

ねずみ取りって、どこの国でも憎まれているのですね。ともあれ、違反車両をどう取り締まるかが難しそうな気がしますね。あるいは、こんな声も。

「何度も書いてるけどさ、トラックのドライバーを怒れって! むしろ、スピード別のレーンにしなよ。向こうが時速100キロで走っていて、こっちが110キロ出してるんだから、そりゃあギクシャクもするだろうよ。第一、トラックのドライバーって、法律で労働可能時間が制限されているんだからさ、連中に無駄な制限とかして時間の浪費させたら駄目だよ」

トラック運転手が嫌いなのか、気遣っているのかが分かりづらいですけど…。

「坂が多いし、実験の場として意義がある」

旗色がよろしくない感じですけど、RMS側では「7万5000台の車の内、大型車は7000台だ。もともと大型車の往来が激しく、坂が多い場所だ」と、実験の場として選んだ理由を説明しています。また、消防車や救急車などは制限の対象外だとしています。

ちなみに、実験期間は1年。専用の標識を設ける一方、高速道路を走行するドライバーに対し、電光掲示板で実験を行うという告知を続けてきました。

驚かされるのは、違反車両への罰金。最大で2200オーストラリアドルを徴収されるそうです。日本円に換算して、約17万6000円。なるほど「罰金収入を増やすだけ」という感想は、あながち間違っていない感じですね。

まとめ:アメリカでは「ギャンブル」との声

アトランタ、米国ジョージア州

アトランタ、米国ジョージア州

RMSでは「海外でも実験されているから」と、実験理由を説明しています。実際、専用レーン構想を打ち出している例があります。アメリカのジョージア州です。

myAJCというニュースサイトが、今年の3月30日付けで報じています。対象となるのは、 I-75という高速道路。隣接する州と連絡しています。

この高速道路のメイコンからマクダーナフまでの区間に、トラック専用レーンを設定しようというのがアトランタ州の構想。一般車両が入れないよう、仕切りまで設けるそうです。かける費用が20億ドルなので、サイトでは「ギャンブルだ」と見出しで疑問視しています。

設定によって、交通渋滞が緩和され、他の州への運転の安全性が高まると、ジョージア州の運輸省の担当者は説明しています。「うまくいかないと思ったら、やらない。確信が現実となったら、州の全域でやろうと思っている」と運輸担当ディレクターのジェイ・ロバーツ氏は自信満々です。

もともと、貨物運送が激しいという州独自の事情があっての実験ですが、専門家の間からは「過去にジョージア州で実施された道路プロジェクトで、もっとも高額だったのものより更に倍近い。他に選択肢などがないのか。もっと精査してから実施すべきではないか」(ミシガン大学運輸調査研究所の元リサーチ・サイエンティストのジョン・ウッドルーフ氏)との声が上がっています。

州では、向こう10年間に様々な道路プロジェクトを実施予定で、その一環がレーン設定。2015年7月1日付けで、新税によって建設の財源の確保が行われており、幾つかの高速道では道幅を拡張中。それやこれやで何やら気が大きくなっている感じがしますね。

「貨物輸送のパターンは複数ある」との指摘も出ています。つまり、渋滞のパターンも複数あるわけで、専用レーン設定で事足れりとはならないとなります。

オーストラリアの担当者は、こうした懸念を知っているのでしょうか?せめて成功してから踏み切っても良い気がします。
12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takosaburou373 takosaburou373