2018年10月19日 更新

【トヨタ・カローラスポーツの走行性能や安全性能、格好良いインテリアなど】

今の時代、先進技術が進んでいることによりどの車種も基本性能や走行性能、安全性が強化されていることにより、安心して車を選ぶことができるようになっています。 しかし、その反面ではどの車種を選ぶか迷ってしまい、車選びに時間をかけてしまう結果になってしまうかもしれないです。 それでもある程度車の系統が絞れていて、お気に入りのデザインが既にイメージとしているのであれば車はとても選びやすいと思います。 今回はトヨタの代表的な車とも言えるカローラのスポーツモデルの「カローラスポーツ」の特徴や走行性能、安全性能について紹介していきたいと思います。

【トヨタ・カローラスポーツの走行性能や安全性能、格好良いインテリアなど】

「カローラスポーツ」の歴史とは?カローラとは何が違うのか!

カローラスポーツ (2018年モデル)

カローラスポーツ (2018年モデル)

カローラ スポーツは、トヨタ自動車が生産、販売するハッチバック型の乗用車です。
カローラ  (11代目モデル)

カローラ (11代目モデル)

2006年発売のカローラ10代目以降は“地域最適化”を謳い、世界各地で仕様が大きく分けられていたとのことです。
昨今のモジュール化の波に加えて世界的にスポーティデザインへ流行の兆しが見られることから、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー (TNGA) の採用に伴い、カローラの統合を見据えて開発されたグローバルCセグメントクラスのハッチバックが、カローラスポーツとなっているそうです。

欧州では2代目オーリスの後継として投入されていたそうです。

カローラスポーツの特徴や走行性能は??

トヨタ カローラ スポーツ | デザイン・スタイル | トヨタ自動車WEBサイト (47895)

名前からも分かるように、カローラスポーツはスポーティーでスタイリッシュなデザインで、幅広い年齢層の方に乗りやすい車を販売するトヨタのイメージとは少し離れたような、嗜好性の高さや格好良さの印象を感じます。

そして、TNGAのプラットホームがもたらす重量バランスにより車両安定性も向上させているそうです。

重心高を下げることで、同乗者にもやさしい横揺れの少ない乗り心地と、安定した高速走行を実現させるとともにスポーティな走りを予感させるスタイリングを表現しています。
ダウンサイジングターボエンジン

ダウンサイジングターボエンジン

また、ハイブリッド車でも、ダウンサイジングターボエンジンの搭載により優れた走りと環境性能を高い次元で両立させています。

システム全体の高効率化により低燃費を達成するとともに、モーターのトルクをしっかり活用し、発進した瞬間から、アクセル操作に対してクルマが素直に反応する走行フィーリングを徹底して追求しているそうです。

更に、1.2L直噴ターボエンジン用のSuper CVT-iは、駆動力オンデマンドと呼ばれる制御ロジックを採用していて力強い加速を実感できます。

そして、マニュアル感覚を楽しめる10速スポーツシーケンシャルシフトマチックはCVT車に標準装備されているので、殆どのグレードが運転を楽しむことができるということになると思います。

グレードによる燃費性能

トヨタ カローラ スポーツ | デザイン・スタイル | トヨタ自動車WEBサイト (47904)

「HYBRID G“Z”」:30.0km/L
「HYBRID G」「HYBRID G“X”」:34.2km/L
「G“Z”(2WD・CVT)」:18.0km/L
「G(2WD・CVT)」「G“X”(2WD・CVT)」:19.6km/L
「G“Z”(4WD)」「G(4WD)」「G“X”(4WD)」:17.2km/L
「G“Z”(MT)」:15.4km/L
「G(MT)」「G“X”(MT)」:16.4km/L

となっています。
更に言えば、EVドライブモードによりモーターの走行もできるので燃費にも貢献します。

安全性能「Toyota Safety Sence」

トヨタ カローラ スポーツ | トヨタ自動車WEBサイト (47903)

カローラスポーツにも、パッキングブレーキの機能が搭載されているのです。

この機能により、車庫入れの際、ブレーキを踏まなければいけない瞬時の行動をサポートし、被害を未然に防ぐ機能です。

15km/h以内で走行中にこの機能が働きますが、静止物にのみ発動するようなので、動いている物や歩行者にはこの機能が反応しなく、完全に安心であるということでは無いです。
トヨタ カローラ スポーツ | 安全性能 | トヨタ自動車WEBサイト (47906)

しかし、完璧な安全に過信してしまい、油断をして事故を起こしてしまうというケースもあるかと思います。

そうならないようにするためには、自動車の運転には気配りや配慮を心掛ける走行をしなければなりません。

しかし、気をつけて運転をすれば、安全性能の基本でもある自動ブレーキとパーキングサポートブレーキの2つのブレーキにより、駐車時や徐行時、通常走行時に高速走行時の危険を回避し、未然に被害を防ぐ素晴らしい安全性能が付いたと言えるでしょう。
トヨタ カローラ スポーツ | ユーティリティ | トヨタ自動車WEBサイト (47908)

カローラスポーツには全グレードにコネクティッドサービスを装備していて、これはスマートフォンからナビの目的地設定予約や、運転中に代わってオペレーターが好みのお店をお調べするなど、さまざまなサービスをしてくれる便利な機能なのです。
トヨタ カローラ スポーツ | ユーティリティ | トヨタ自動車WEBサイト (47910)

最後に

カローラスポーツはsuper- CVT-iや10速のトランスミッションの搭載など、運転を楽しむことにとてもこだわっていると思います。

そして、発進時やシフトチェンジ時もストレスなくマニュアル運転を楽しめるiMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)という国内トヨタ初のトランスミッションも採用しています。

これは、ドライブモードセレクトでSPORTモードを選択すると、iMTがスタンバイ状態になります。そして、このスタンバイ状態で変速動作をすると、変速後のエンジン回転数を合わせるよう制御され、スムーズな変速フィーリングをアシストすることができるのです。

また、内装の口コミでは高級感を味わうことができたとのことで、上級感を得ながらもスポーティーな走行を楽しむことができそうです。
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan