2019年6月21日 更新

日産のスポーツセダン車として人気の「スカイライン」の魅力を紹介します!

「スカイライン」は、日産のセダン車の中でもスポーツ車として人気があり、高級車としての上質感も兼ね備えたモデルです。今回はそんな「スカイライン」の魅力をご紹介します。

日産のスポーツセダン車として人気の「スカイライン」の魅力を紹介します!

スカイラインってどんなクルマ?

日産:スカイライン [ SKYLINE ] セダン | 外観・内装 (62375)

スカイラインは、日産が1957年から製造・販売しているスポーツセダン車です。現行モデルは13代目のモデルであり、2014年から販売されています。
スカイラインの特徴は、スポーツセダン車としての走りが追求されている設計がなされている点にあります。日産の同系統の人気スポーツセダン車である「フーガ」と比較し、車体が軽量化されているために、走行時の取り回しが楽でストレスを感じさせない車体になっているといえます。加えて軽量化されたことにより、燃費性能も「フーガ」と比較すると良い方になります。
今回はそんなスカイラインの魅力を以下に紹介していきたいと思います。

スカイラインのエクステリア

日産:スカイライン [ SKYLINE ] セダン | 外観・内装 (62372)

エクステリアは、ワイド&ローをさらに強調したフロントマスクが、よりアグレッシブに、よりラグジュアリーに磨き上げられ、プレミアムスポーツセダンの資質を際立たせています。そして、引き締まったサイドスタイルと、跳ね上がるリヤフェンダーラインなど、そのすべてが目を奪い、ダイナミックな走りへと駆り立ててくれます。
ボディーカラーは全9色から選択することができ、すりキズや引っかきキズを時間とともに修復する、「スクラッチシールド」を全色に採用してます。「スクラッチシールド」は、ボディに軟質樹脂を配合したクリヤー塗装であり、洗車によるすりキズや 日常での引っかきキズ程度であれば、時間の経過とともにほぼ元の状態に復元します。
日産:スカイライン [ SKYLINE ] セダン | 外観・内装 (62386)

スカイラインのインテリア

運転席周り

日産:スカイライン [ SKYLINE ] セダン | 外観・内装 (62379)

運転席周りは、スポーティなドライビングへの高揚感と、巧みな造り込みによる洗練された心地よさを融合した、コックピットデザインになっています。ステアリングに施した精巧なステッチパターンは、スポーツマインドを刺激し、目にするたびに、熟練のクラフトマンシップも感じさせてくれます。

室内空間

日産:スカイライン [ SKYLINE ] セダン | 外観・内装 (62382)

シートは程よい張りと厚みで座り心地抜群です。フロント・リアともにゆとりがあり、どのシートに座っても楽に過ごせます。ブラックのインテリアカラーはシックで大人の魅力が感じられ、ベージュのインテリアカラーは自宅のリビングで寛いでいるかのようなリラックスできる空間が広がります。
日産:スカイライン [ SKYLINE ] セダン | 外観・内装 (62385)

スカイラインの走行性能

日産:スカイライン [ SKYLINE ] セダン | 外観・内装 (62388)

スカイラインには、ハイブリッドモデルも用意されています。日産独自のハイブリッドシステムを搭載しており、シンプルで高効率な1モーター2クラッチ方式「インテリジェント デュアル クラッチ コントロール」をはじめ、高出力なリチウムイオンバッテリーなどを採用し、優れた環境性能を実現して環境への貢献度を高めています。
また、モーターのみの静かでなめらかな走りに磨きをかけたことにより、EV走行領域を拡大し、市街地だけでなく高速走行時でも燃費を向上しています。さらにエンジンとモーターがもたらす圧倒的な加速性能など、進化を続けるセダンに相応しいパフォーマンスを発揮します。
ガソリンモデルでは、ターボチャージャー付2.0Lガソリンエンジンを採用しており、直噴ターボにより低回転域から力強いトルクと加速性能を実現するエンジンになっています。出力と燃費性能のバランスに優れ、低回転域から高速巡航まで、プレミアムカーにふさわしいパワーみなぎる走りと優れた燃費性能を両立する高いポテンシャルを秘め、俊敏なレスポンスをもたらす次世代のターボエンジンです。
燃費性能は、JC08モードで、ハイブリッドモデルが17.8km/L、ガソリンモデルが13.0km/Lとなっています。

スカイラインの価格

スカイラインの価格は、
ガソリンモデルで、4,164,480円(200GT-t)~4,713,120円(200GT-t Type SP)
ハイブリッドモデルで、4,955,040円(350GT HYBRID)~5,559,840円(350GT HYBRID Type SP)
4WDハイブリッドモデルで、5,235,840円(350GT FOUR HYBRID)~5,840,640円(350GT FOUR HYBRID Type SP)
となっています。

まとめ

今回は日産のスポーツセダン車であるスカイラインの魅力を紹介してきました。
スポーツセダン車としての走行性能はもちろん申し分なく、高級感もしっかりと感じることができるスカイラインは、運転する歓びを与えてくれるクルマになっています。気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi