アストンマーチン・新フラッグシップ「DBS」伝説復活、6月デビューへ!

アストンマーチン「DBS」の最新情報をお届けします。

最新情報!

アストンマーチンの新フラッグシップ・クーペ「DBSスーパーレジェーラ」の派生モデル、「ヴォランテ」開発車両を再びカメラが捉えました。イタリア語で「超軽量」を意味する、「スーパーレジェーラ」の名を冠した新型モデルの性能とは、一体どのようなものでしょうか。
 (34246)

「ヴァンキッシュ」の後継モデルとして、2007年に登場した前モデル『DBS V12』は、映画「007カジノ・ロワイヤル」のボンドカーとしても活躍した後、2012年に生産が終了しました。 それを引き継ぐ形で再び「ヴァンキッシュ」第2世代が登場しています。そして今回、その「ヴァンキッシュ」と入れ替わる形で、「DBS」新型が6年ぶりに復活します。 カメラでキャッチした開発車両は、フロントスプリッターやサイドスカート、大型ブレーキキャリパーなど高性能モデルらしいエクステリアが見て取れます。 また、メッシュのラジエーターグリルには、ナンバープレート・ブラケットとして機能する水平バーを備え、ローダウンしたボディにリアディフューザーや大小の口径を組み合わせたクワッドエキゾーストパイプなど、かなりスポーティなルックスです。 キャビンには、カーボンファイバーのエアコン吹き出し口、インフォテインメントシステム用のメルセデス製ソース・ロータリー・コントローラーを装備します。
 (34248)

パワートレインは、5.2リットルV12型ツインターボエンジンを搭載しています。最高出力700ps以上が予想されていますが、最新レポートでは、630psから700psと幅を持たせて予想しています。 いずれにしても、これは先日発表された「DB11 AMR」の630psよりも同等以上の強力エンジンで、世界最速の量産型オープンモデルの誕生となるかも知れません。
 (34250)

今後情報

ワールドプレミアは、クーペが6月、ヴォランテは2019年と予想されているので、今後が待ち遠しいですね。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。