2018年5月1日 更新

最近デビューしたSUVの通信簿 エクリプスクロス・クロスビー・CX-8

2018年もいよいよ中盤に差し掛かりますが、今年の新車市場もSUVが中心であることは間違いないようです。そこで、昨年の12月と今年デビューした新型SUVの3台、「エクリプスクロス」「CX-8」そして「クロスビー」の販売実績から成績を見ることにしました。

最近デビューしたSUVの通信簿 エクリプスクロス・クロスビー・CX-8

三菱「エクリプスクロス」 

三菱エクリプスクロス

三菱エクリプスクロス


評価:◎大変よくできました 
コメント:三菱としてはこれ以上ない上出来の成績です
3月1日発売 
販売目標台数1,000台/月
3月度登録台数4,996台
3月に国内デビューを果たした三菱の新型SUV「エクリプスクロス」から。約一年もの長いティザー期間のすえに登場した三菱起死回生の意欲作である「エクリプスクロス」は、販売目標台数の1,000台/月に対して、3月度にいきなり4,996台を登録しています。発売前、2月末時点で約5,000台の予約注文は、三菱車としては異例のことで、久々の三菱製新型SUVを心待ちしていたファンが飛びついたようです。

 (29562)

そしてこの「エクリプスクロス」は、三菱ファン以外からも熱い視線を浴びています。現在、スタイリッシュなSUVが人気となっていますが、トヨタのC-HRの登場で頂点に達した感があり、大ヒットとなったそのC-HRも今年に入って販売は大幅に減少しています。あまりに多くの同車が街に溢れ、飽きられたとも思われますが、SUVを求める層から「ちょっと違う」と、改めて思われ始めているのです。

そんな中で登場した「エクリプスクロス」は、クーペスタイルのスタイリッシュさを持ちながらも、あくまでSUVとしての走行性能にこだわる姿勢がデザインにも表れ、十分な地上高を保ち、4WDが標準で「剛」のイメージを前面に出しており、C-HRと対極ともいえるモデルとなったのです。

マツダCX-8

マツダCX-8

マツダCX-8


評価:〇良くできました
コメント:新しいジャンルに挑戦した勇気は評価に値します。
12月14日発売 
3月度登録台数:4,342台 
販売目標台数:1,200台/月
3列シートSUV、しかも300万円台という高額車種でありながら、累計受注台数が1月15日時点で月間販売計画1,200台に対し、10倍を超える12,042台となるなど、好調なスタートとなった「CX-8」。マツダでは「CX-5」も大ヒット中であり、「CX-8」の生産が受注に追いつかず、1-2月は2千台程度しか登録できませんでしたが、生産が整った3月度には4,342台を登録し、他メーカーからも注目を集めています。

【MAZDA】新型「マツダCX-8」の販売が好調|ニュースリリース (29567)

3列シートSUVはミニバンに取って代われるのかという疑問はありましたが、本来はミニバンを必要としないユーザーに、新しいジャンルを提示したとみるのが適切でしょう。
そして、パワーアップしたクリーンディーゼルによる動力性能とスタイリングが、3列シートさえ必要としない層からも支持を得ていることが注目されます。

スズキクロスビー 

スズキクロスビー

スズキクロスビー


評価:△もう少し頑張りましょう 
コメント:やればできる子です!
12月25日発売
3月度登録台数:3,751台 
販売目標台数:2,000台/月
スズキはこれまでも、「イグニス」や「SX4 S-CROSS」などで、相次いで登録車市場にSUVを投入していますが、この「クロスビー」はそれら海外市場専用車種とは異なる、日本の市場にピッタリのコンパクトSUVとなっています。軽自動車で一大ブームメントを引き起こした「ハスラー」を思い起こす愛らしいデザインが特徴ですが、割高感が強く、販売目標台数はクリアしても、思ったより伸び悩んでるのが現状です。

クロスビー スタイリング | スズキ (29572)

170万円台から200万円前後という価格帯は、「ソリオハイブリッド」並みで納得のいくものですが、軽自動車の「ハスラー」似であることが、「高い」と思わせているようです。低燃費で使い勝手のいい広さと大きさ、そして人気のSUVルックを持つ「クロスビー」ですから、もっと売れてもいいはずです。 

まとめ

2018年には、トヨタの「RAV4」、ホンダの「CR-V」、そしてスバルからは「フォレスター」といったビッグネームの新型も、すでにスタンバイしているなど、さらに多くのSUVが登場予定となっています。先行して市場に投入された今回の3台は、それらライバルに優位でいられるのか、注目される2018年です。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン