2018年10月3日 更新

モンスタートラックって何!?名前の由来やその歴史を御紹介します!

モンスタートラックとは、クラッシュカーレースで使用される荒地や砂地などを進むことができる自動車のことを言います。あるいは、その車両を使用した自動車競技のことを言います。一般にはバギーと称されています。最近のアプリゲーム「アスファルト8」や「アスファルト エクストリーム」などにもモンスタートラックが登場してきますが、その見た目のタイヤの大きさは大きな迫力を生み、そのインパクトと破壊力はゲームでも伺えます。今回はそのモンスタートラックについて御紹介していきたいと思います。

モンスタートラックって何!?名前の由来やその歴史を御紹介します!

モンスタートラックの歴史や構造

Maximum Destruction - Wikipedia (45163)

モンスタートラックという車は、一般的には乗ることのできなく、日本ではまずこの車を見ないというのが現状だと思います。また、ラジコンカーなどはよく見かけるとは思いますが、実際にモンスタートラック自体を買うことは難しいかもしれないです。

そもそも日本では道路運送車両法の関係から公道走行ができないことが現状です。しかし、映画やゲームなどでその大きなタイヤから繰り広げられる走りを見れば、殆ど人は満足すると思います。

また、YouTubeの動画サイトでもモンスタートラックを使った自動車競技などを見ることができ、とても迫力満点です。

モンスタートラック Monster Truck BigFoot

モンスタートラックのボディをよく見てみると、一般的な車のボディだったり、ピックアップトラックのボディを模した作りとなっていることが分かるかと思います。

タイヤが大きいだけでこんなにもボディの形状やら仕組みに目がいかなくなるインパクトは、やはり迫力感があると感じ、ユニーク性も備わっていると筆者は感じています。

また、モンスタートラックのボディを模しているボディの殆どがピックアップトラックやスポーツカーモデルとなっていますが、公共のバスに使われているモデルのボディや、一般的なコンパクトカーなどのボディを模したモンスタートラックも作られているとのことです。
トヨタ ハイラックス

トヨタ ハイラックス

そして、気になる大きいタイヤについてですが、乗用車やピックアップトラックなどのボディを模したボディをハイリフト化(嵩上げ)し、直径66インチ(役1.7メートル)もの大人の人間の高さほどのタイヤを装着していることが特徴です。

一般的な車のタイヤが16〜17インチが多いことから、モンスタートラックのタイヤは一般的な車のタイヤに比べて約5倍大きいということになります。
Maximum Destruction - Wikipedia (45172)

エンジンには、船舶用の9リットル前後のものにスーパーチャージャーで過給し、1500馬力以上を発揮する物が使われているのです。

フレームは鋼管パイプフレームで、樹脂製の薄いボディがかぶさっているだけであるとのことです。また、サスペンションは4リンクリジッドが多く使われているそうです。

トランスミッションはハイ・ローの2速のみで、ステアリングシステムは前輪のみであるとのことです。
4WS(四輪操舵)

4WS(四輪操舵)

また、モンスタートラックは4WS(4輪操舵)であることから、四輪自動車の全車輪に対して能動的に蛇角を与えることになるで、力強い走行を実現するだけでなく、旋回時の安定性を確保することができるため、小回り性も安定させることができます。

さらに逆位相4WS、同位相4WSを瞬時に切り替えることができるので、大パワーとあいまって5メートル超の巨大な車体を連続的にドーナツターンという小さい範囲での円回転ができるとのことです。

また、ディスクブレーキは前後アクスルに取り付けられており、フルブレーキング時に激しい火花を散らせます。

モンスタートラックによる競技

Maximum Destruction - Wikipedia (45180)

モンスタートラックイベントでは近年では、ライブモータースポーツイベントツアーとテレビ番組であるMonsterJAMの人気が高く、毎週末全米のどこかしらでそのイベントが開催されているとのことです。

また、モンスタートラックの競技では、いかに観客に迫力のある遂行した走りを魅せるかがポイントとなってきて、普通乗用車をマウンドからジャンプしていかに迫力のある破壊ができるかや、大きなタイヤを利用して、坂道でアクセル踏み込んで車体が浮かんだ後に綺麗にバウンドしながら着地できるかなど、奥が深いイベントでもあるのです。

特に、後輪を使ってバウンドしてからターゲットとなる車にのしかかるシーンはとても迫力があります。
Transport Traffic Auto · Free photo on Pixabay (45183)

まとめ

モンスタートラックの競技は、アメリカでのテレビ番組で多く見られると思いますが、もしかしたら日本でも見られるかもしれないです。

自動車だけでなく、先進的な機能が備わってきている家電製品やテレビにラジオなどでは、そのように迫力を求める顧客のニーズの欲求を満たすための番組が当たり前のように見ることのできる日が来ると思います。

また、モンスタートラックの映画もあるので、少しでも興味がありましたら参考に見てみることも良いかもしれないです。

力強いパフォーマンスをする車に乗ってみたいと感じたら、モンスタートラックでは無いけれどピックアップトラックや小さいバギーなどに乗ってみるなど、少しでも迫力のある気分を味わうことも良いのではないかと筆者は思っています。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan