ホンダ「シビックタイプR」にさらなるハードコアモデル!? 3万ドル以下の廉価モデルも一挙公開!

ホンダシ「ビックタイプR」の最新情報をお届けします。

最新情報!

ホンダが誇る高性能ハッチバック、「シビックタイプR」謎のプロトタイプを2台キャッチしました。 軽偽装のため改良新型と思われましたが、「タイプR」は2017年9月に発売されたばかりでタイミングが早すぎます。そのため、カメラマンから届いた最新情報をお届けします。
 (38558)

 (38559)

まずレッドボディの試作車ですが、現行「タイプR」と同じフロントバンパー、ブレンボ製ブレーキ、リアには、センター出しトリプル・エキゾーストパイプが見て取れます。 注目はコンパクトなリアウィングが装着されていることです。恐らく3万ドル以下で発売されると噂されており、廉価モデルの可能性が高いと見ています。
フロント

フロント

サイド

サイド

リア

リア

続いてホワイトボディのプロトタイプです。こちらは、偽装されているフロントのコーナーエアインテークとリアバンパーに変化が見られます。 フェイスリフトには早いほか、ベースの「シビック」より先に改良新型が出ることも考えづらいです。また現行「タイプR」は、ライバルのフォード「フォーカスRS」より44ps劣っているため、より強力なホットモデルを投入する可能性があるとレポートされています。

今後情報

ハードコアモデルの公開に関する情報は入っていませんが、廉価モデルのワールドプレミアは10月が予想されています。 今後の情報を待ちましょう!
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。