2019年3月23日 更新

MSOチューニングのMcLaren 720S Spider新モデルが登場

マクラーレンから、MSOチューニングを施した720Sスパイダーが発表されました。このモデルの特徴は、専用エクステアカラーを中心に、MSOの職人技術をふんだんに盛り込んだカラーリングとパーツ類です。720Sスパイダー by MSOモデルをご紹介していきます。

MSOチューニングのMcLaren 720S Spider新モデルが登場

McLaren 720S Spider by MSOのエクステリア・内装等

MSOによって企画された720S最大の特徴は、カラーリングによるエアロデザインです。エアロディテールを強調するように、セルリアンブルー、バートンブルー、アビスブラックでトライトーンペイントで仕上げています。

内装では、特別開発されたバートンブルーアルカンターラとジェットブラックのレザーで、内装を構成しています。基本パーツ構成は、カーボン仕様となっていて、軽量で高耐久に仕上げています。

シートバックも光沢のあるカーボン仕上げにし、アクセルペダル、フロアマット、ヘッドレストもMSOオーダーメイドです。
https://www.netcarshow.com/ (57002)

via https://www.netcarshow.com/
トライトーン仕上げのパーツは、MSOの職人が260時間をかけて完成させています。フロントスプリッター、フードエアインテーク、フロントエアインテーク、サイドパネル、ロアドア、ロアサイドエアインテークパネル、ドアミラー、リアバンパー、アクティブリアスポイラーと、多岐にわたりトライトーン仕上げとなっていますね。
https://www.netcarshow.com/ (57003)

via https://www.netcarshow.com/
光沢のあるカーボン製トノカバーは、MSOの定義が適用され製作されています。リアデッキへのカーボンファイバー処理、アッパートリム、サイドシルへのカーボンファイバーエクステンションと組み合わされて、キャビンからリアをシームレスな流れにしています。

その他のカーボン素材は、Bピラーとリアディフェーザーとなっています。オプションのステルスパックでは、スポーツエキゾーストが付属です。
https://www.netcarshow.com/ (57004)

via https://www.netcarshow.com/
ホイールは、MSO Bespoke Abyss Blackグロス仕上げの10本スポーク超軽量鍛造ホイールです。中から見えるキャリパーは、MSO Bespoke Burton Blueブレーキキャリパーです。

ホイールは、デザイン性だけでなく、腰下重量を低減するのに非常に重要なパーツです。デザイン性だけでなく、耐久性と超軽量を両立させていますね。
https://www.netcarshow.com/ (57006)

via https://www.netcarshow.com/

McLaren 720S Spider by MSOの内装等

内装では、MSO特注のパーツが採用されています。バートンブルーアルカンターラとジェットブラックレザーで構成された内装に、基本パーツをカーボンにした素材で設計されています。

MSO特注仕上げのカーボンシートバック、アクセルペダル、フロアマット、ヘッドレストが装備に含まれています。
https://www.netcarshow.com/ (57005)

via https://www.netcarshow.com/

McLaren 720S Spider by MSOのパワートレイン等

パワートレインは、4000ccV8型ツインターボエンジンを搭載しています。最高出力は、720psです。トップスピードは、341KPHとなっていて、マクラーレンでも、もっとも完成度の高いコンバーチブルスーパーカーですね。

720Sモデルの動画

The new McLaren 720s Spider – Some see more

MSOってどんな会社?

マクラーレンスペシャルオペレーションズ(MSO)は、マクラーレン車のユーザーが、永く車を楽しむことが出来るように、カスタマイズに特化した部門として設立されています。

ユーザーの細かい希望に合わせて車両を作成して行き、特注のカスタマイズオプション、超限定エディションを仕上げることで、一台だけのモデルにまで、ユーザーの要望に応えるセクションでも有ります。

MSOの使命は、特別な存在にあるマクラーレンモデルを、さらに唯一無二のものにし、ユーザーにとって完璧な車に仕上げていくことです。

MSOでは、 5 つの部門に別けてサービスをそれぞれ提供しています。ユーザー固有の要件を満たすたった一台の車を実現する事を目的にしています。

①MSO Defined
ユーザーは、自身の一台をさらに自分色にし、好みにシンクロしたいと思うものですね。 MSOディファインドでは、購入時のオプションパッケージ以外に、650Sおよびアジア限定625Cの新/現行モデルを対象としたカスタマイズオプションを豊富扱っている部門です。

②MSO Bespoke
MSOは、ユーザーの夢を実現するために設立されました。 その為MSOビスポークは、このミッションの中核を担う部門となっています。ほぼ無限のカスタマイズをご提供できる支援体制が魅力です。ユーザーの希望に実現の可能性があれば、それを具現化する部署となっています。

オプションでは、独自の塗装やトリム、カラーのセレクション(好みに合うようあらゆるカラーをご用意)から、より大がかりな変更、さらにはユーザーだけの特別仕様で、世界でたった一台の車の製造まで、多岐にわたり引き受けています。

③MSO Programmes
McLaren P1™ GTRは、最高出力1000ps(986bhp)を発揮する、マクラーレン史上最もパワフルな車です。 McLaren P1™ GTR のユーザーは、プログラムズが提供するカスタムメイドのパッケージでは、オーナーは、厳選された Formula 1™サーキットでGTR を体感することも可能となっています。

④MSO Limited
MSOリミテッドは、少量のスペシャルエディションの企画・設計、エンジニアリング、生産を担当する部門です。

⑤MSO Heritage
MSOヘリテージでは、サービスと修理だけでなく、塗装のやり直しやトリムの張り替えから、高ダウンフォース仕様のボディキット製作など、オプションに至る多彩なアップグレードやカスタマイズも行っている部門です。
https://www.netcarshow.com/ (57001)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

マクラーレンをより高性能に、そしてユーザーの思いのままに仕上げる部署であるMSOが、特別なエクステリアカラーや内装、そして特別製作のパーツを盛り込んだ720Sスパイダーを発表しました。このMSOモデルは、よりユーザーが欲しくなるような数多くの一手間を加えていますね。
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me