「ジープ・グランドチェロキー」に上質な限定モデルが登場

FCAジャパンは、ジープ「グランドチェロキー」に、限定車「Sモデル」を設定し、2019年1月12日(土)から、120台限定で販売することを発表した。希望小売価格(税込み)はリミテッドに対して100,000円高の620万円となっています。

「SRT8」と「サミット」のいいとこ取り

 (53001)

限定車「Jeep® Grand Cherokee S Model」を発売 | FCAジャパン株式会社 (53002)

この限定車のモデル名である「Sモデル」の「S」は、グランドチェロキー・シリーズの上級モデル「サミット)」、ならびに高性能モデル「SRT8」の頭文字に由来しています。これらのモデルの特徴的なデザイン要素を採り入れると共に、充実した装備を兼ね備えた質感の高いモデルが限定車「Sモデル」です。
限定車「Jeep® Grand Cherokee S Model」を発売 | FCAジャパン株式会社 (53008)

そして、フロントフェイシアには、「サミット」の特徴である3分割タイプのロアグリルやアクセント付きのフォグライトベゼルを備えたボディ同色フロントバンパーを採用。さらに、ブランドバッジなど随所に施されたグラナイトクリスタルカラーのエクステリアパーツや、「SRT8」と共有デザインとなるブラックルーフレールを装備し、より洗練されたスタイリングを実現しています。

日本未導入の「オーバーランド」がベース

限定車「Jeep® Grand Cherokee S Model」を発売 | FCAジャパン株式会社 (53013)

また、本国で「リミテッド」と「サミット」の中間に位置する日本未導入モデル「オーバーランド」をベースとなります。そして、20インチアルミホイールやナッパレザーとスエードを組み合わせた上質なシート、レザー仕立てのインストルメントパネルおよびレザードアパネル、レザーセンターアームレスト、ブラックウッドを用いたインテリアアクセントなど、数々の装備によりプレミアムな雰囲気を演出しました。

パノラミックサンルーフ装備 カラーは2色

限定車「Jeep® Grand Cherokee S Model」を発売 | FCAジャパン株式会社 (53011)

限定車「Jeep® Grand Cherokee S Model」を発売 | FCAジャパン株式会社 (53015)

そして、前席及び後席の開放感を高めるデュアルペインパノラミックサンルーフが特別装備されており、すべての乗員がくつろげる室内空間となっています。さらに、ボディカラーは「ダイアモンドブラッククリスタルP/C」(限定70台)、「ブライトホワイトC/C」(同40台)、また、通常はSRT8専用色となる「ヴェルヴェットレッドP/C」(同10台)の計3色から選択可能となっています。

これはお買い得だ

 (53018)

限定車「Jeep® Grand Cherokee S Model」を発売 | FCAジャパン株式会社 (53021)

リミテッドが610万円、サミットが675万円、SRT8が810万円ですから、620万円はリミテッドにプラスした装備を考えるとかなりお得感があります。ボディカラーは「ダイアモンドブラッククリスタルP/C」と「ブライトホワイトC/C」の2色があるが、やはりおススメは「ダイアモンドブラッククリスタルP/C」でしょう。

「ジープ・グランドチェロキー Sモデル」専用装備

限定車「Jeep® Grand Cherokee S Model」を発売 | FCAジャパン株式会社 (53024)

エクステリア ・クロームドアミラーカバー
・ボディ同色フロントバンパー(サミット仕様)
・ボディ同色ドアハンドル
・ボディ同色サイドシルエクステンション
・グラナイトクリスタルアクセント付フロントフォグランプベゼル
・グラナイトクリスタルアクセント付ブラックグリル
・グラナイトクリスタルテールランプモールディング
・グラナイトクリスタルエクステリアバッジ
・ピアノブラックベルトモール
・ブラックルーフモールディング
・20インチアルミホイールグラナイトクリスタルカラー
・265/50R20オールシーズンタイヤ
・デュアルダークマフラーカッター
・プレミアムセキュリティアラーム インテリア ・レザーインストルメントパネル/ドアパネルセンターアームレスト/ブライトペダル
・ブラックウッドインテリアアクセント
・ナッパレザー/スエードシート
・コマンドビューデュアルペインパノラマミックサンルーフ

まとめ

SRT8のような高性能は望めないけれども、リミテッドに多くの専用装備を加えた「Sモデル」はコストパフォーマンスを考えたら、ラインナップの中では最良の一台と言えるでしょう。ジープはグランドチェロキーにかかわらず、多くの限定車を投入しています。アメ車が売れないという中、ジープだけが元気なのはこれら日本向け限定車のおかげ。これからもどんな限定車が出てくるか目が離せません。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。