2018年10月19日 更新

日産 【電気自動車】NOTEやLEAFの特徴について

今や電気自動車が増え続けている時代と言えるようになっています。先進技術が進み、車の性能は全体的に向上していることは明らかです。その中でも環境に優しい電気自動車はとても地球に優しいエコ活動として貢献していると思います。また、電気自動車を燃費として例えると30km/Lくらいは平均的にあるとのことです。そして、モーターとエンジンの活動により環境に優しい走行を実現する「NOTE」も使い勝手が良く燃費にも良く、カスタムすると格好良いなどのメリットもあります。 今回はそのような日産の「電気自動車」や「環境に優しい車」を紹介していきたいと思います。

日産 【電気自動車】NOTEやLEAFの特徴について

日産「LEAF」と「NOTE」

LEAF 現行型

LEAF 現行型

NOTE

NOTE

「LEAF」について

日産の環境に優しい代表的な車のような存在である「LEAF」と「NOTE」の特徴とは具体的にどういうものかを見ていきたいと思います。

日産「LEAF」は、2010年から販売されている5ドアハッチバック型の電気自動車で、初代から2代目まで存在しています。40kWh駆動用バッテリーを搭載し、JC08モードで400kmのという航続距離実現し、アクセルペダルのみの操作で、発進、加速、減速、停止保持が可能な「e-Pedal」や国産車初の本格的自動駐車システムでアクセル、ブレーキ、ハンドル・シフト、パーキングブレーキまでを自動制御する「プロパイロット パーキング」を搭載しています。
日産:リーフ [ LEAF ] | 外観・内装 (47698)

また、2代目の「LEAF」は低重心で走行性能を向上させる作りになっていて、リチウムイオンバッテリーの配置などを最適化し、さらなる低重心化を達成しています。
日産:リーフ [ LEAF ] | 走行性能 (47700)

さらに、新搭載のインテリジェント ライドコントロール(車体振動抑制システム)は、車体の上下の動きを予測し、モーター(駆動力)を制御することでデコボコ道などでの車体振動を低減するのです。
よって、乗り心地と安心感の向上し、静粛性を高めることにも繋げています。

「NOTE」について

 (47704)

この自動車も環境に適した車と言える、モーターを利用して電気エネルギーを使う走りを実現させています。
 (47706)

そして、「NOTE」にはガソリンエンジン車の感覚で電気自動車を楽しめる「e-POWER」が搭載されています。燃費も37.2km/Lという高数値を出しています。

発電用エンジンを休止して、モーターのみで走行する驚きの静かさもまたNOTE e-POWERを運転する大きな喜びのひとつです。
発進時から一気に最大トルクを発生するモーター特有の優れた瞬発力により、電気自動車と同様の加速を体感できるそうです。さらに市街地や高速道路での走行中でも、アクセルの踏み増しにレスポンスよく反応し、俊敏な走りを意のままに楽しむことができます。

2.0Lターボエンジンに匹敵するビックトルクを発揮しています。
Ford Auto Vehicle · Free photo on Pixabay (47711)

更に、モータードライブならではの静かな走行音に加え、エンジンの最適制御と遮音対策で2ランク上の快適性を実現しているそうです。

日産の先進技術「日産インテリジェントモビリティ」

日産・インテリジェントモビリティ - Wikipedia (47714)

環境を汚染したり、気候を混乱させる廃棄物を排出しないエンジン、モーター、仕組みに取り組むゼロ・エミッション(zero emission)と事故と不幸を減らす目的のゼロフェイタリティを進める内容のことを言います。そして、電気自動車の採用もその取り組みに含まれています。

そして、この[インテリジェントモビリティ]には7種類の特徴が存在しています。「EV(電気自動車)」「高速道路 同一車線自動運転技術プロパイロット」「プロパイロットパーキング」「インテリジェント クルーズ コントロール」「インテリジェント アラウンドビューモニター」「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」「インテリジェントパーキングアシスト」が存在します。

「EV(電気自動車)」

Electric Car Charging Station E · Free vector graphic on Pixabay (47720)

最近ではよく耳にする言葉「電気自動車」は、日本だけでなく世界でもその技術が備わってきています。これから原油価格が高騰していくと考えるともはや電気自動車を使わない車の方を探すことが難しい未来が待っているかもしれないです。

静粛性の高さは快適な走行に影響しやすい!

 (47722)

静粛性を維持しながら走行をすることは、周りの音や人を認知しやすくなり、未然に事故を防ぐことができるからです。

落ち着いた運転を可能にすることこそが、安全な運転を実現し、楽しい運転を実現し、車が好きになることへ繋がる大切なことである、とても必要な機能であると言っても過言ではないと思います。

よって、静粛性の高さは安全性への高さとも言えます。

まとめ

電気自動車の静粛性は実際に凄いと言えるのは、車が近くに来ていることさえ気付かない時があります。

しかし、それは車が近づいていることに気づかない危険な状態であるとすぐに分かったためか、電気自動車ならではの走行音や減速時の音などが聞こえます。

分かりやすい例で言いますとトヨタのプリウスやクラウンのハイブリッドカーでよく聞くような音です。

それでも先進技術により高度な感知カメラによって自動ブレーキを作動したり、危険を回避する機能も備わってきているので安心と言えると思います。

この記事を参考に、電気自動車に興味を持っていただけたら幸いです。
28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan