日産新型「フーガ」のグレードや安全性能

日産のセダンと言えば「スカイライン」やこの「フーガ」を思い浮かべるのではないかと思います。 今では先進技術が進み、かつてのセダンとは思えない程の技術が採用されていたり性能を発揮したりします。そしてグレードによって価格や価値観も変わってくると思いますので、今回は新型フーガのグレードや安全性能を紹介していきたいと思います。 今回はその新型(現行型)となるフーガのグレードや安全性能について紹介していきたいと思います。

日産「フーガ」の歴史とグレード

フーガ 初代モデル(2004年〜2009年)

フーガ 初代モデル(2004年〜2009年)

フーガは日産自動車が栃木工場で製造し、2004年から販売しているEセグメントクラスの乗用車です。 2004年というそれほど遡らない時期に販売され、初代から2代目までしか存在していないのです。2代目からフーガを特徴とするフロントグリルに変わったと言えます。 また2010年11月には、3.5Lエンジンを搭載するフーガハイブリッドが追加されています。 北米仕様車にはV8 5.6LのVK56VD型エンジンが、欧州仕様車や韓国仕様車にはV6 3.0LのV9X型ディーゼルエンジン、もしくはメルセデス・ベンツ製の2.2LOM651型ディーゼルエンジンが搭載されているようですが、いずれも日本仕様車への搭載は予定されていないようです。 トランスミッションには、ハイブリッドを含めた全車に7速ATが採用されています。

現行型フーガのグレード

価格.com - フーガ 2009年モデル の製品画像 (49210)

フーガ
HYBRID:2WD
6,295,320円 18.0km/L HYBRID VIP:2WD
6,964,509円 17.8km/L 250GT:2WD
4,800,600円 11.2km/L 250VIP :2WD
5,221,389円 11.2km/L 370GT:2WD
5,113,800円 9.4km/L 370VIP:2WD
6,143,709円 9.3km/L 370GT Type S:2WD
5,712,120円 8.9km/L また4WD仕様のモデル(370GT FOUR)の価格は5,329,800円です。

日産「フーガ」の特徴や評価は??

価格.com - フーガ 2009年モデル の製品画像 (49213)

フーガは、世界で覇を競いあうプレミアムセダンの一台です。 そして洗練された逞しいデザインと、スタイリッシュでスポーティーさを感じさせるまさに男のロマンと言える車であります。 2004年から販売され、10月に40年以上の歴史を持つ「セドリック」および「グロリア」の後継車として、初代Y50型フーガが発売されたそうです。 そして、現行型フーガの評価は、最高で5段階ある中、エクステリアが3.92、インテリアが4.43、走行性能が4.31、乗り心地が4.32、燃費が2.76、価格が4.08となっています。 よって、走行性能や乗り心地は洗練されたデザインからも伺えるように優れた性能を発揮します。
価格.com - フーガ 2009年モデル の製品画像 (49215)

価格も多くの方が満足のいく金額となっていることが分かります。また、インパネはV35スカイラインのGT-8から変わっていなく、使い勝手は良いそうです。

フーガの安全性能

価格.com - フーガ 2009年モデル の製品画像 (49218)

環境を汚染したり、気候を混乱させる廃棄物を排出しないエンジン、モーター、仕組みに取り組むゼロ・エミッション(zero emission)と事故と不幸を減らす目的のゼロフェイタリティを進める「インテリジェントモビリティ」の技術も採用されています。 新型フーガには、「インテリジェント アラウンドビューモニター」が搭載されていて、上から車を見下ろしたような視点を表示され、ドライバーの安全運転をサポートしています。 大きい車体のフーガにとってはこのような機能はかなり便利に感じると思います。 ミニバンや軽自動車に比べてもフーガの車体の高さは低いことから、駐車の際には後方の死角が増えると思うのでこのような機能は必須機能と言えると思います。
価格.com - フーガ 2009年モデル の製品画像 (49220)

まとめ

筆者がオススメするグレードはHYBRID 2WDの18.0km/Lのグレードです。 フーガには日産の独自のハイブリッドシステムとV6 3.5L DOHCエンジンとの組み合わせによって、パワフルな走りと低燃費を実現させています。 そして、マニュアルモード付フルレンジ電子制御7速オートマチックトランスミッションの搭載により、よりドライブをすることに楽しさを感じると思います。7速化により高いギヤ比の設定が可能となり、高速走行時の低燃費化と静粛性の向上に貢献しているそうです。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。