2018年9月8日 更新

<動画あり>世界に1台の車が、あなたのもとへ❗デビルマン オロチ(実はusedモデル)、でも世界に1台!!!

光岡自動車からコラボレーション企画が登場しそうです。そして、世界に(日本においても)一台のモデルとなるようです。このモデルのコンセプトや詳細を調査してみます!

<動画あり>世界に1台の車が、あなたのもとへ❗デビルマン オロチ(実はusedモデル)、でも世界に1台!!!

デビルマン×オロチの動画から!

DEVILMAN crybabyの本編中に、あの飛鳥了が乗っている光岡自動車のスポーツカーオロチをベースに、DEVILMAN crybabyのアートディレクションを担当している阿閉高尚とオロチのデザイナー青木孝憲が、共同作業でデザインを担当した世界にたった一台のプレミアカーであります。

よって現在製造・販売されている新車のオロチが無いことから、光岡自動車がこれっ!と認めたオロチ(中古)を選定して作り上げていることが伺えます。

永井豪画業50周年記念作品とのコラボレーションでもあるよう!

永井豪画業50周年を記念して、代表作であるデビルマンがアニメーション作品DEVILMAN crybabyとして蘇るようです。かつて幾度となく映像化されるも、原作の結末までを表現できた作品はありませんでした。

漫画史に残る不朽の名作であり完全映像化は不可能と呼ばれたデビルマンにおいて、監督・湯浅政明氏と日本を代表するクリエイターが一同に関わり、世界的な原作漫画のアニメ化を実現。

DEVILMAN crybabyの作品の中では、飛鳥了が駆るスーパーカーこそ、光岡自動車のオロチをモチーフとしたクルマであるようです。このアニメ―ション作品には、他にも光岡自動車のクルマが登場。デーモン・カイムが乗りこむリューギをモチーフとしたクルマは、有名なシーンにも登場との事。

「DEVILMAN crybaby」ダイジェスト映像

デビルマン×オロチの詳細等!

光岡自動車では、新車モデルが用意できない、と言うよりは新車モデルで製造するよりも現存のモデルをモチーフにしたいと言う思いがあったようです。今回のコラボレーション企画に際して、最高のコンディションを持ったオロチのベースを用意したとの事です。
 (42006)

商品名 Devilman Orochi(デビルマン オロチ)
型式  ABA-MSP1
寸法  全長4,560mm×全幅2,035mm×全高1,180mm
ホイールベース 2,600mm
車両重量 1,580kg
エンジン 水冷V型6気筒DOHC
総排気量 3,310cc
最高出力 172kW(233ps)/5,600rpm
最大トルク 328N・m(33.4kg・m)/4,400rpm
駆動方式 MR
トランスミッション 電子制御5速AT
HDDナビゲーション
ETC
バックカメラ
リヤウイング
本革シート
本巻ステアリング
初年度登録年月 平成19年4月
走行距離 約3,500km
車検 新規2年付き
リサイクル料金 預託済み
車体番号下3桁 002
車両本体価格(税込) ¥19,680,000

モデル詳細を見ていてもこのモデルが、一度登録済みのモデルであることが伺えます。但し、光岡自動車の手できちんと整備・オーバーホールされ固体としての状態は、非常に新車に近い状態まで仕上げていることでしょう!

諸注意事項
・日本国内在住の方に限り申し込み可能。
・18歳以上の方に限らせていただきます。(但し20歳未満の場合は、保護者の同意が必須)
・表記価格は車輌本体価格(消費税8%込み)。税金(消費税の除く)、保険料、登録諸費用等は別途。
・別途リサイクル料金が必要。
・お支払いは現金一括払いのみ→意外と重要ではないかと。
・画像はイメージ。車種の仕様、デザイン等は予告なく変更となる場合があります。事前了承ください。
・車輌の販売・納車及び事務手続きは、㈱光岡自動車が主導。
・ご購入の際には、車輌の受け取り、諸手続き等、付帯費用のご負担について所定の書式でご承認が必要。
・車輌の所有名義がご当選者本人以外をご希望される場合は同居の家族までとなります。
・当選のご連絡の後、車輌受け渡し、各種手続き、納車後のアフターケア等は、㈱光岡自動車にて。
 (42007)

お申し込みから納車までには、三段階のステップがあるようです!

①STEP01:お申込み
こちらの申込みフォーム からお申し込みください。
申込み期間:2018年 9月8日〜11月15日
②STEP02:抽選・結果連絡
お申込み多数の場合は抽選で1名様を選出いたします。
抽選:2018年 11月下旬予定
デビルマンオロチ事務局(フリーダイヤル 0120-445-882)
③STEP03:ご納車
お客様の元へお届けいたします。

お申し込みには、ホームページからの応募が出来る状況に成っております。
参考URL
https://www.mitsuoka-motor.com/devilman-orochi/form/
 (42008)

まとめ

画業50年“突破”記念 永井GO展にて、実車デビルマン オロチを展示する模様です。展示期間2018. 9.15 〜 9.17となっております。そして、世界に一台でもあり日本に一台しかないモデルといえます。

まずは、実写展示を見てからでの申し込みが可能ですので一度お車を見てみては如何でしょうか???
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me