三菱のオールラウンドSUVの「パジェロ」が最後の特別仕様車を発売!

三菱がSUVのパジェロの国内向けを今年の8月に生産を終了させるということで、最後の特別仕様車を発売しました。今回はそんな最後のパジェロの詳細を紹介します。

パジェロの歴史

初代パジェロ

初代パジェロ

パジェロは1982年に発売を開始し、オフロードにおける高い悪路走破性と、都会的雰囲気を兼ね備えた乗用車感覚の本格オフロード4WD車として人気を獲得しました。
1991年には2代目にモデルチェンジし、フルタイムとパートタイムの両方式の長所をあわせ持つ世界初のスーパーセレクト4WDの採用、悪路走破性を一層高めるとともに、ラグジュアリー性を高め、日本のRVブームを牽引しました。
1999年には3代目にモデルチェンジ、ラダーフレーム構造からビルトインフレーム構造のモノコックボディとなり、軽量化と高剛性化を実現。高い悪路走破性に加えて、優れた操縦安定性と乗り心地を両立しました。
2006年には現行モデルとなり、従来から定評のあったスーパーセレクト4WD-IIに加え、新たにアクティブスタビリティ&トラクションコントロールなどを採用し、さらにその走りに磨きをかけてきました。
今年2019年8月に、37年の長い歴史に幕を閉じ、国内向けのパジェロは生産終了となります。そして最後の特別仕様車として、「FINAL EDITION」が設定されました。その詳細を以下に紹介していきます。
現行パジェロ

現行パジェロ

特別仕様車「FINAL EDITION」

パジェロ FINAL EDITION | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (60787)

特別仕様車である「FINAL EDITION」は、4月24日から販売されています。元になったベース車は、人気グレードである「EXCEED[クリーンディーゼル車]」です。
エクステリアは、人気オプションのルーフレールと電動ロングサンルーフを標準装備しました。またボディカラーは、モノトーンのウォームホワイトパール(有料色:32,400円)、ブラックマイカ、スターリングシルバーメタリックに加え、3way2toneのスターリングシルバーメタリック/アイガーグレーメタリック(有料色:43,200円)の全4色展開となっています。
インテリアは、本革シートとパワーシート(運転席/助手席)を標準装備し、質感を向上させました。
走行性能としては、寒冷地仕様を標準装備し、寒い環境での利便性を向上させました。また悪路での脱出性能を高めるリヤデフロックを標準装備しました。
安全性能としては、SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグを標準装備し、安全性を向上させました。
パジェロ FINAL EDITION | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (60789)

「FINAL EDITION アクセサリーパッケージ」

人気ディーラーオプションを組み合わた「FINAL EDITIONアクセサリーパッケージ」が設定されています。メーカー希望小売価格は122,752円(消費税8%込:本体107,784円、参考取付工賃14,968円)。
パッケージ内容は、
リヤデフレクター・スペアタイヤカバー(メッキ)・ マッドフラップ(アルミプレート仕様)
になります。
リヤデフレクター

リヤデフレクター

スペアタイヤカバー(
メッキ)

スペアタイヤカバー(メッキ)

マッドフラップ(アルミプレート仕様)

マッドフラップ(アルミプレート仕様)

「FINAL EDITION」の価格

「FINAL EDITION」の価格は、4,530,600円~になっています。ベース車の「EXCEED[クリーンディーゼル車]」が4,282,200円~なので、約25万円価格アップのモデルになっています。また販売台数に限りがあり、700台限定での販売になっているので、パジェロファンの方には特にオススメしたいクルマです。

まとめ

今回は三菱のパジェロの最後の特別仕様車である「FINAL EDITION」の詳細を紹介してきました。
最後の特別仕様車として、内外装・走行性能・安全性能と申し分ない仕様になっており、価格以上のクオリティーに仕上がっています。またクリーンディーゼル車のため、軽油が使用できて維持費も節約できます。気になられた方は、700台限定のため、早めにディーラーに問い合わせをすることをオススメします。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。