2019年4月30日 更新

ミニ 60周年記念車が登場、初代をオマージュした特別仕様に!

今年6月にミニでは、60周年を記念して特別仕様モデルが販売開始になります。3ドアと5ドアモデルでラインアップしそうです。このモデルのエクステリアや内装等をご紹介していきます。

ミニ 60周年記念車が登場、初代をオマージュした特別仕様に!

ミニ 60周年記念車の概要等

今から60年前、サー・アレック・イシゴニス氏は、時代を超越して人々を魅了するスタイル、アイコンを生み出しました。その車が、Miniです。今年でミニ誕生60年です。同周年を記念して、特別仕様車MINI 60 Years Editionが、6月に販売開始になります。

ミニ独自に考え抜かれた空間の使い方、個性的なスタイリング、さらに俊敏なハンドリングは、いつの時代も変わらないMINIの魅力ですね。MINI 60 Years Editionとして、3ドアと5ドアの特別仕様車が企画されました。ミニの伝統と大胆なモダンさが見事にシンクロしたこのモデルをご紹介していきます。
 (59438)

ミニ 60周年記念車のエクステリア等

 (59439)

ミニ 60 Years Editionのエクステリアでは、ルックスからフィーリングまで、内装との完璧な融合が図られている点が特徴です。60年代という時代に採用されたカラーにブリティッシュ・レーシング・グリーンカラーがあります。ミニデザイナーは、初代当時の力強いデザインに刺激を受けた事で、このカラー同モデルのボディ・カラーに採用しています。

モダンな味わいの中にも、オリジナルスピリットを再現したアニバーサリー・アクセントとトリムは、このモデルが持つアイデンティティが表現されていますね。ボディーカラーは、ムーンウォーク・グレーメタリック、ミッドナイト・ブラックメタリックも用意されています。
 (59440)

 (59441)

特別仕様内容
①ボンネット・ストライプは、マットブラックをベースに、アスペンホワイトとブリティッシュオークのピンストライプでアクセントをつけています。
②サイド・スカットルには、MINI 60 Years Edition ロゴが刻印され、このモデルの特別感を気づかせてくれるアイテムです。
③17インチ アロイホイールは、ダーク・スペクター・グレーとバーニッシュド・スポークの2トーン仕上げとなっています。
 (59442)

ミニ 60周年記念車の内装等

クラシック ミニから受け継がれる伝統に、さらに新しい息吹を与えられたのがミニ 60 Years Editionの内装です。純正の素材と革新的なデザインが一体化し、ダッシュボード、コックピット、そしてドア・ベゼルまでにも繊細な彩りが装飾されています。
 (59443)

 (59444)

特別仕様内容(内装偏)
①ロゴ・プロジェクションは、ドアミラーから照射されることで、60周年の特別なMINIを表現しています。
②MINI Yours スポーツ・レザー・ステアリングは、手縫いの技術で作成され、手に馴染みやすくすべりにくいナッパ・レザー仕様です。
③ドア・シル・プレートにはミニ 60 Years Editionロゴが刻印され、昇降時に目を引く特別なアイテムです。
④MINI YOURSレザー・シートは、大胆なステッチとパイピングが特徴的で、視線を集めるミニ 60 Years Edition専用のダーク・マロンカラー仕上げです。
⑤インテリア・サーフェスには、ブリティッシュ・レーシング・グリーンとダーク・シルバーの洗練されたピン・ストライプをデザインした特別カラーです。
 (59445)

 (59446)

ミニの歴史紹介

ミニは、1959年にモーリス・ミニ・マイナーという名称で製造・販売されました。コンパクトなボディは、設計者のイシゴニス自らのスケッチデザインによって完成しました。コンセプトと内部構造を熟知した設計者自身の手によって描かれたスタイリングは、機能にも直結した合理性で完成度が高く、そのまま製造されることになりました。

その後、MK-Ⅱ、クラブマンなど代を重ねるごとに、内燃機関の変更や内装の拡充などが行われましたが、エクステリアデザインは、初代のディテールを継承し、大きな変更は行われず販売されていました。

この基本理念が、ユーザーに末永く受け入れられたということと、逆にユーザーがこの基本理念やコンセプトに合致していたことで、40年もの間、ディテールを変えずに販売されてました。

2001年に、ミニは、ニューミニとしてオールドミニをオマージュしたデザインで登場しました。ボディサイズは、軽自動車規格より小さかった先代モデルに比べて大幅に拡大されています。ボディカラー、インテリアカラー、オプション装備を自在に組み合わせることにより、バリエーションは約10万通りにもなるようです。

ニューミニは、初代が2001-2006年、2代目が、2006年-2013年、現行型は2013年から販売されています。同モデルも世代が代わっても、抜本的なエクステリアデザインの変更は行なわず、内燃機関の変更やグレード増加によるボディサイズの変更等が行われています。

ミニは進化を続けても、エクステリアデザインはできるだけ1959年当時のディテールを継承して60年を迎えていることが伺えますね。今回、60周年を記念して、特別モデルが登場しますが、60年前のモデルを思い起こせるように調和が取られたモデルに仕上がっていますね。
 (59782)

まとめ

現時点でのミニ60 Years Editionの販売開始は、6月を予定しています。現在3ドアと5ドアモデルの販売という情報が入っていますが、価格の公開は行われていません。随時発表になってくるのではないかと思います。現在、ミニでは、ミニモデルを実際に試乗して、購入検討してもらう企画が有りますので、この機会に試乗してみては如何でしょうか。
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me