2018年8月7日 更新

今人気のコンパクトカーのトヨタのアクア!その魅力に迫ってみた!

アクアはトヨタが販売しているコンパクトカーでありハイブリッド車でもあります。今街中でもプリウス同様よく見かけるようになりましたが、その魅力はどんな点なのか紹介します。

今人気のコンパクトカーのトヨタのアクア!その魅力に迫ってみた!

アクアってどんな車?

トヨタ アクア | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (38637)

アクアはトヨタが2011年12月から販売している小型ハイブリッド乗用車です。

コンパクトカーでありハイブリッド車でもあるので、同社プリウスより小型なので、運転しやすいハイブリッド車として様々なドライバーに受け入れられています。

プリウスと同様のハイブリッドシステムを採用しているので、ハイブリッド車としての性能も申し分ありません。その上プリウスより低価格で販売されているので、より手の届きやすい価格でハイブリッド車に乗ることが出来るのも大きな魅力です。

アクアの外観

トヨタ アクア | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (38643)

アクアの外観の特徴は、親しみやすいデザインと軽快さを印象付けるデザインです。

存在感のあるフロントフェイスとシャープな印象があるリアデザインで綺麗にまとまっており、アクアはコンパクトカーとしてマツダのデミオやホンダのフィットと並んでコンパクトカーの代表的な車種になっています。

アクアの内装

トヨタ アクア | 室内 | スペース | トヨタ自動車WEBサイト (38646)

アクアは全高が低い為、頭上に余裕はあまりありませんが室内長は2015mmと広いスペースがあります。

もちろん成人男性が乗っても、天井部分に頭が当たることのないように室内高は全高が低いながらもしっかり確保されています。

運転席周りもデジタルメーターが先進的で魅力であり、同社のプリウスと似たスタイルを採用しています。焦点を合わせやすい遠視点メーターを採用しているので、視線を前方に向けながらも必要な情報を得ることが出来、安全運転に貢献しています。
トヨタ アクア | 室内 | トヨタ自動車WEBサイト (38648)

アクアの走行性能

トヨタ アクア | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (38650)

まず燃費性能はJC08モードで38.0km/Lと高い数値を叩き出しています。プリウスと同じハイブリッドシステムの為、コンパクトカーになってもその燃費性能は優れています。

ハイブリッドカーなので静粛性は優れており、発進時・減速時などのEVモードでの走行時はとても静かで排出ガスも出しません。EVモードへの選択はスイッチを押すことでも選択可能です。

加速時や登坂などではエンジンとモーターが両方使用でのパワーある加速を楽しむことが出来ます。高速道路への合流もスムーズに行える加速力もあり、パワー不足は感じることはありません。

また運転アシスト機能のクルーズコントロール機能は、アクセルを踏むことなく一定速度で高速道路を走行することが出来、ドライバーの長時間の運転をサポートします。

アクアの価格

トヨタ アクア | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (38653)

アクアの価格は1,785,240円(L)~2,527,200円(G"GR SPORT・17インチパッケージ")になります。
燃費性能が一番良いのは価格が一番安いグレードのLになるので、燃費性能優先の方にはオススメのグレードです。

GR SPORTのモデルはスポーティーな走りを追求したモデルとなるので、加速力などの走行性能優先の方にはオススメのグレードになります。

GR SPORTのモデルを除くと2,052,000円(Crossover)のモデルが通常のアクアの最上位グレードになるので、高くても200万円台でハイブリッド車に乗ることが出来るのは正直とてもお買い得ですね。

まとめ

今回はトヨタの小型ハイブリッド乗用車のアクアの魅力を紹介してきました。ハイブリッド車は高いから中々手が出せないと思っている人でも、このアクアは価格がとても良心的です。

同社のプリウスに比べると価格が安い分、室内の広さや運転席周りの装備はシンプルになっていますが、シンプルさを実現することで無駄な機能を失くし、この価格でのハイブリッド車を生み出すことが出来ました。

ハイブリッド車に前から興味があった人は是非アクア試乗してみて、ハイブリッド車の走行性能・静粛性を体感してみてはいかがでしょうか?
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kannburi kannburi