2018年6月4日 更新

ヴィッツに歩行者も検知する「Toyota Safety Sense」を採用、特別仕様車も設定

トヨタは、ヴィッツを一部改良し、「Toyota Safety Sense」を採用するとともに、特別仕様車「F“Safety・エディションⅡ”」と「F“アミー” 」を設定し、全国のネッツ店を通じて、5月31日に発売しました。

ヴィッツに歩行者も検知する「Toyota Safety Sense」を採用、特別仕様車も設定

一部改良の概要

特別仕様車HYBRID F“Safety Editio...

特別仕様車HYBRID F“Safety Edition Ⅱ”

今回の一部改良では、衝突回避支援パッケージを従来の「Toyota Safety SenseC」から、機能を強化した「Toyota Safety Sense」に置き換えられ、昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)」を採用。また、駐車場などでのアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する先進の安全機能「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を新たにオプション設定して、安全性能を高めています。

2種の特別仕様車を新設定

特別仕様車F“Safety Edition Ⅱ”

特別仕様車HYBRID F“Safety Editio...

特別仕様車HYBRID F“Safety Edition Ⅱ”

リーズナブルな「HYBRID F」と「F」をベースに、「Toyota Safety Sense」や「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」などを特別装備することで、安全面での魅力を高めた特別仕様車です。

特別仕様車F“Amie”

特別仕様車F“Amie”

特別仕様車F“Amie”

「HYBRID F」、「F」をベースに、内装を落ち着いたブラックを基調に、インストルメントパネル周辺にはカッパー加飾を施し、シックでおしゃれなデザインとなっています。また、スエード調ファブリックと合成皮革を組み合わせた専用シートを特別装備し、上質感を演出しているのも魅力です。

さらに、「Toyota Safety Sense」や「スマートエントリーセット」を特別装備し、魅力ある仕様としています。ボディカラーには特別設定色のダークレッドマイカメタリック、ボルドーマイカメタリック、ダークブルーマイカを含む全6色を設定しており、今後の販売における中心モデルとなりそうです。

なお、「Toyota Safety Sense」と「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」装着車は、「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」の「ワイド」に相当しています。

また、今回の一部改良は、福祉車両のウェルキャブにおいても、ベース車と同様の改良を施しています。

ヴィッツメーカー希望小売価格

ヴィッツ標準車1,181,520円~
特別仕様車F“Safety Edition Ⅱ”:1,373,760円~
特別仕様車HYBRID F“Safety Edition Ⅱ”:1,896,480円
特別仕様車F“Amie”:1,513,080円~
特別仕様車HYBRID F“Amie”:2,007,720円

限定車としてのお得感は?

トヨタ ヴィッツ | 安全性能 | トヨタ自動車WEBサイト (32047)

例えば、標準車の1.3Fが1,481,760円なのに対して、特別仕様車F“Safety Edition Ⅱ”1.3L車は1,558,440円ですから、76,680円の差。Toyota Safety Senseが43,200円、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)が28,080円となり、ともに装着すると、車両価格は1,524,960円となります。これに、専用加飾されたインテリアが加わるので、その分がお得になるというわけです。

まとめ

例えば、標準車の1.3Fが1,481,760円なのに対して、特別仕様車F“Safety Edition Ⅱ”1.3L車は1,558,440円ですから、76,680円の差。Toyota Safety Senseが43,200円、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)が28,080円となり、ともに装着すると、車両価格は1,524,960円となります。これに、専用加飾されたインテリアが加わるので、その分がお得になるというわけです。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン